「先生、この子は英語が大好きで……」

 先日、小学校3、4年生とリードアラウドしたときのことが忘れられない。30人で『How About a Hug?』をリーダズ・シアターっぽくリードアラウドしたクラスだ。
 この学校のリードアラウドでは、親御さんの参観を歓迎している。そして、参観にこられた親御さんたちに、いつもボランティアでお手伝いをしていただいている。この日も、10人程のお母さんがいらっしゃった。

 帰り際、熱心にリードアラウドしてくれた(見事に読んでいた)ひとりの生徒と一緒になった。
「すっごく上手だったねえ」と、生徒たちの読みの素晴らしさの感動をひきずったままのわたしが声をかけた。すると恥ずかしそうに目を伏せた。
 すると、そばにいたお母さんが、とても気持ちのよい嬉しそうな笑顔でこう言った。
「先生、この子は英語が大好きで……。いつも本を何度も読むんですよ」

「英語が大好き」「本を何度も読む」!!
 この言葉を拡声器で連呼しながら日本中をまわりたいと思った。

 学校の出口付近で、また別の生徒とお母さんと会った。始まってからずっとポーカーフェースだったのに、自分の読む番がくると表現豊かにスラスラ読んでいた生徒だ。
 これまた賞賛できるチャンスと、声をかけた。すると、誇らしそうに背筋をぴんと伸ばして、「ふふふ」といった微笑みを浮かべた。お母さんは、これまた嬉しそうに黙礼。

「30%しか読めなかった!」と、嘆いてきた生徒もいた。「ええ〜、もっと読めてたよ!」とわたし。本当にこれは、たいそうご謙遜の数字なのだ。明るい表情でそういう発言をするのは、これから伸びる証拠。とても嬉しく聞けた。

 ここでは、学校と家庭と子どもがリードアラウドと幸運な出会いをしている。

How About a Hug?
『How About a Hug?』

3、4年生30人の混成クラスで

この春から月に1回程、この3、4年生の混成クラスでリードアラウドをしている。30人の生徒の中には、1、2年生のときにリードアラウドを経験した子も数名入っているようだ。

今年チャレンジしているのは、リードアラウドのヴァリエーションで、Readers Theater。1冊の本を、パートに分けて朗読劇風に読み合う。30人でやるというのも、わたしにはチャレンジだ。

先日はHow About A Hug? で実践。先月に1度、同じ本で同じ生徒たちと練習セッションを持ったので、今日がこの本でする2度目だ。

下手をすると、グループ分けに時間がかかってしまう。そこで、ない知恵を絞り準備をそれなりに周到にした。本文には、3種類のパターンがあって、それを3役に分けるめやすにする。子どもをとりまく日常の出来事を述べるパート。それぞれ気持ちが沈む出来事で、それを元気にするものは何だろうと問いかけるパート。そして、問いかけに答えるパート、この3種ある。そして、場面が7つ。だから、生徒たちをダブルキャストの2グループにわけ、ダブルキャストどおしの場面別で練習をさせた。

全体で読み合わせ後、すぐに「舞台稽古」。このときは、ダブルではなくシングルでそれぞれのせりふを読んだのだが、手伝いなしでスラスラ読んでしまう子もぽちぽち出現。そして全員が、ちょっと手伝うだけで、棒読みでない読みが出来た!

特に嬉しいのは、そのせりふのどこかに、必ずわたしと学んだ読みのツボのようなところを反映させてくれているところ。一生懸命、感じを込めて言おうとしている、その純な姿を見るのは感動的なものである。

How About a Hug?
『How About a Hug?』

指導者向けWS参加者のみなさんへ

11月21日に第6回目が開かれます。
そして発表会は12月19日。そこで、21日までに、自分がどの本を発表会で読みたいか、決めて来て下さい。

21日にお休みをするひと(yさん!)は、メールで
英語はどれ、日本語はどれ
と、お知らせ下さい。
日英同じものを、とも考えたのですが、レパートリーを増やす意味もあって、2タイトルにしてみました。どうしても両方とも同じタイトルで極めたいひとは、それはそれでOKです。

21日のわたしの時間には、もしかしたらその決めた演目を、試しに読んで頂くかも知れませんので、こちらも読み込んでおいて下さい。

Grandfather’s Journeyは、表現以前に次の点は、
なるべくクリアして来て下さい。

1.英語の読み間違えをなくす
2.句切りをまよわない
3.引っかからない

みなさんにお会いするのを、心待ちにしています!!

10月27日、高齢者施設でボランティア

二子玉川にある高齢者施設で、リードアラウドをしている。小学校でも同様だが、ここでも英語や言語への興味やバックグランドが違う。それから、高齢者の場合は健康状態がまちまちだ。

健康であり、英語もきっちり学んだ3人の女性が、advanceクラスを望み、今は2クラスになった。彼女たちとは、27日からMiss Rumphius をやろうとしている。音読とともに、長文なので内容解釈を一緒にしていくことになるだろう。

ボランティア、わたし以外に最低あとひとり、この日も来て下さるといいのだが。

Miss Rumphiusは、言ってみれば「おばあさんの旅」みたいな絵本。Grandfather’s Journeyの女性バージョンとして、みなさんに好評を博すかな。
おじいさんの旅『おじいさんの旅』Grandfather's Journey『Grandfather’s Journey』

Miss Rumphius
『Miss Rumphius』

『おじいさんの旅』の読み方

2009年指導者向けワークショップの締めくくりは、難題『おじいさんの旅』、Grandfather’s Journey の2冊。

ここ1年、壁にあたるとしばらく休み、また練習、また壁……という日々だった。本書のせりふを借りれば、やっと「今、ぼくはおじいさんのことが、わかってきたようだ」。

ナレーターがどういう人なのか、キャラクターを考えた。
○自分も「いい年」になってきた
○溺愛する娘と母がいる
○カリフォルニアと日本が好き
○行き来しているが、それぞれの国に「もんく」と「自慢」がある
○今はアメリカ人
○資産家であり、ロマンチストだった祖父を誇りにしている
○風景に感動するタチ
○美しいものが好き
○「幼友だち」に思い入れがある
○自分は祖父に似ていると思っている
○若い時代の自分が大好き
○「ぼく様」「オレ様」感が少々ある
などなど。

これらをインプットして、リードアラウドする声を考えた。
ナレーターにとっては自分の話なので、よくあるテレビのドキュメンタリーのように「他人事」として、空々しくセンチメンタルに読まない様にも努める。「演歌」はだめ。どちらかと言えば、漢詩的に。
好きなもののことを言う時に、思い入れを深く読む。

こう頭で考えても、なかなか声がついてきてくれないものだ。また、本書ほどの英語になると、よほど読み込まないと、英語のネイティブでない頭には、情景が浮かばない。随分練習したつもりでも、ただ、正確に読んでいる自分に気が付く箇所がある。自分でそう思うのだから、聞いている人には本当に何も見えないだろう。Readers-aloudは、英語を聞いてもらうのではなく、話として聞いてもらいたい。情景を「見て」もらいたいのである。

英文そのものに気が行っている間は、間も不自然だ。英文がごく自然に口から出て場面が頭に浮かべば、その脳裏に浮かんだ場面を見ることで自然な間があくようになる。

ふ〜、「豊かな表現」をめざして、まるで自分を使った人体実験をしているみたい……。実験の出来を客観的に判断するジャッジはもちろん、スローな生徒にもイラつかない気長で素晴らしいコーチ、中西健太郎さんである。
おじいさんの旅『おじいさんの旅』Grandfather's Journey『Grandfather’s Journey』