「全然読み方が違う!」:カルチャーセンター「声に出して読む英語絵本」講座〜リードアラウド研究会

驚いた。

あっという間に、みなさんのどこか心にひっかからない読みが、心にぐぐっと語りかけてくるものになった!

一番驚いていたのは、本講座受講生のみなさんだった。

「全然読み方が違う!」

 

秋学期の初日で、この『My Many Colored Days』でだった。

 

 

本作、Dr. Seussの作品としては異色で、彼自身がイラストを手がけず「色のアーティスト」と定評のあるイラストレーターに作画を委ねた、特別な作品だ。

 

自分の中のいろいろな違う感情というものに戸惑う子どもや若者に、感情というものはいろいろあっていいんだ。様々な感情を持ち合わせているのが、自分というものなんだ、と説き、感情の作る「色彩」の美しさを愛でているような内容になっている。

 

その本の「序」の部分、

Some days are yellow

と、始まる。大切な冒頭だ。Some daysの一言の言い方で一瞬にして、人心を放すことも掴むこともできる部分だ。

 

みなさんに一読、そして二読してもらう。どうも、ピンとこない。心が掴まれない。

 

さあ、そこからどう磨くか。

 

このところ、「絵本リードアラウド認定講座」でも手応えを感じているある方法を、ここでもとってみた結果が、冒頭に書いたような、みなさんの驚きを読んだのであった。

 

それは、コロンブスの卵的な演習。

聴衆に訴えない読みは、聴衆の「どういう話なの?」という心の問いかけに答えていない読みなんだろう。

だから、「問いかけ」を実際にしてそれに答える形で読んでいったらどうなんだ?—と、わたしが自分用に始めてみた演習方法だ。

 

パートナーでもいいが、手短な要領を得た問いかけが必要なので、この日はまずは講師のわたしが、読み手ひとりひとりに以下のような感じで問いかけ、それに答えるように読み手が読むことにした。

 

例えば今日の演習では、こんな感じ。

問い「いつのこと?」

本文を読む「Some days」

 

問い「それがどうなの?」

本文を読む「are yellow」

 

問い「黄色だけ?」

本文を読む「Some are blue」

 

・・・こんな風。

それだけなのに、あら不思議。

英文、つまり本文が、まったく違う響きを持ち始めた。人間の脳の不思議さ!

 

聞いている人がいると認知すると、文を読んでいるにもかかわらず、口調は応答する、語りかけているようになるのだ。

 

人は、具体的にそこにいる相手に問いかけられれば、いくらぶっきらぼうな人でも、その相手に向かって答える。その息遣いというか、距離感というものかが、相手がいないと宙に向かって言うような、対象のない空疎な読みになってしまうようなのだ。

 

この日の自分の「語るような読み」は記憶され、今後のみなさんの朗読は変わっていくだろう。(ただし、水泳や自転車乗りと違って、一度できたからと一生できるわけではないこと、お忘れなく!)

発問で進める指導法:絵本リードアラウド認定講座第6回報告その2〜リードアラウド研究会

本講座の2本柱、表現方法と指導方法。

その指導方法だが、今回は特に難しさを感じる「発問」に注力した。

 

おそらく指導者自身が今、子ども時代の頭に「同期化」できれば、発問なんて簡単なことだろう。子どもの頭の中は「はてなマーク」だらけのはずだから。

 

しかし、大人、それも指導者としては、テーマや、作者が意図していること、構成や背景など分析のうえでの質問にしたい。その分析にのっとった、読解や英語の指導、情操につながる質問だ。

 

これまでの台本のような、「すべき発問」を書いた授業計画も作らないわけではないが、それをなぞるだけの講座にはしたくない。

リードアラウド指導者として自立した、台本なしでそれらしく授業を進められるような演習を、と最近は思う。

 

というわけで、「主人公がどういうひとか尋ねる」などと記して、あとはみなさんには模擬授業中にその場で、生徒向け口語での発問にしてもらう。

ここで生徒たちにも「主人公はどういう人ですか」と尋ねないこと。

くだく。「主人公の名前は?」「仕事は?」「普通の売り方をする行商人?」「性格は?」「どこで性格がわかる?」「お金持ち?」…

のように、答えやすく、また本文と照らしやすくしていってもらった。

 

答えにくいものや答えがないもの、問題の意図がわからないもの、も出る。それには、その場でツッコミを入れて修正していった。

授業は生きものだから、結局はライブでやっていくのが一番かな、と思うこのごろである。

 

 

 

 

大人、大いに笑う~英語指導者向けシアターゲーム・ワークショップ

英語を子どもに教えている、英語と関わっている大人が、そのことを「出し」にして集合。英語「脳トレ」と一緒に、とっておきの時間をすごしたのが、先日のシアターゲーム・ワークショップだった。

 

どんなだったのか。

 

「今日は、よく笑えたことが一番よかったです」

「自分の殻から出たようにも感じました」

「他者を受け入れるということの大切さを思い、身内からしなきゃと思った」

こんなふりかえりが聞かれた。

 

10以上のシアターゲームをしたが、

しょっぱなは、お互いの名前を覚えるゲーム。

簡単なゲームなのだが、案外と、わたしたち日本人には効果的だと今回、再認識したものの一つだ。

名前を覚えるのが、人付き合いの第一歩のような英語圏と違って、日本ではずっと名前を知らない顔見知りが多かったりで、名前を知ることにそう積極的でもない。

普段は、忘れたらそう何度も聞き直せない人の名前が、このゲームであれば聞き直せるから気楽。

自分が忘れてしまっても、忘れて恐縮している人を見るのも、ゲームなら楽しく、笑っていられ、そうこうするうちに覚えられる。

そして、気がつけば、初対面の距離が縮まっているのだった。

 

もう一つ、単純だが今の日本人に必要だと思うのが、大きな声を出すゲーム。

大きな声をだすことは特に近頃では機会が少なくなって、物理的に出せなくなっているかのような子どももいたりする。そんな事実は、ディストピア小説ではなく、現実に起こっている。

なので、子どもの英語指導で思いがけず苦労するのが、この「声を出させる」ことだったりする。

 

この日はいくつかのゲームでウォームアップして声帯を緩め、最終的には大人は普段は使わない、なんと叫び声までわんわん出しあった。

叫ぶ、というのも解放感あるもので、そのせいか、参加者の顔には笑みが浮かぶ。

 

集中し、自然な協力や協調を促すという状況を作り出し、それに慣れるというゲームも楽しんだ。印象深いのは、No doubles alphabet。

これは、全員でアルファベットを言っていくだけなのだが、ルールとしてアルファベットひとつに対して一人しか言ってはいけない。声がダブったらまたAから言い直し。

これは、先生や講演者の「空気を読む」力に通じる。

誰が次のアルファベットを言いそうか、あるいは誰も言わなそうか。

自分が声を出す好機を察すると同時に、思い悩まず言ってしまう、思いっきりの良さ、瞬発力のようなものを使う。また、次々続けるために、仲間と暗黙の「あうん」の空気を醸すのが近道と悟る。

 

また、頭の「引き出し」をあちこち開けて、脳の棚卸し的なゲームも行った。

 

カテゴリーをひとつ決め、そこから知っている語彙を、手拍子やスナップに合わせて繰り出す。最後には絞り出すゲーム、Category snapもそのひとつ。

動物名を挙げるとなったときは、みなさんは「楽勝」と思ったかも知れない。

しかし、延々続けていくうちに種が尽きて、頭を絞りあげないと出てこない、脳内の引き出しの底をたたくような感じも味わっただろう。

だがこうした時に、思いがけず奥の方からむくむく、久しぶりの単語が起き出すことも、経験できたかもしれない。いわば、脳のすす払いができたかな。

やけっぱちの「怪獣」を出してきたり、大人がみんな「お茶目」になって、笑いが頻発するゲームでもあった。

 

ひとつの言葉から順々に連想していくassociation ゲームも、人の頭の中は違うもんだと興がわいたかもしれないが、それをさらにひとひねりした、dissociation(関係ないことを言う)ゲームは特に、人の意外な弱点、連想を遮断するのが難しい点を発見できたのではないだろうか。

連想は連想で、なかなか思うように浮かんでこないが、全く関連のないことをとっさに言うのは、難しい。でも、何の評価もない環境のおかげで、困る自分や困っている仲間はユーモラスで、心地よい笑いに包まれた。

 

応用で、Telling a storyをしながら、他人の言うdissociate wordを即座に物語に組み込むというゲームも行った。

これはまさに、子どもとの授業の運び方の演習になるゲームではないかと思う。

というのは、子どものよくある発言はいわば、dissociated wordsなのである。

授業中の子どもの、関係のない発言に当惑した経験を、先生なら誰も持っているだろう。

そんな発言を、先生として無視しない、否定しない力は、こんなゲームで培われそうだ。

子どもの、dissociateな発言をうまく拾ってあげること。

そうすることで、生徒は恥をかくこともないし、クラスに参加できた気持ちがするし、おまけに先生が自分の発言に繋げて話を進めてくれたりしたら誇らしく、やる気も出るものだ。

 

さて、シアターゲームのひとつの柱でもある、感情表現のゲームである。

英語について言えば、感情を大きく表すのが、英語を人に通じやすくするコツのひとつだったりする。

また、自分の感情もこうした感情表現の演習で、外に出しやすくなり、そのことが、精神衛生上とてもよかったりする。

感情表現のゲームから、ハイライト。

3つの典型的感情を、瞬時に変えて表現するゲーム、Emotional fruit salad。

このゲームをしたあと、ひとりの男性が「特に、angerが難しい」と発言。

 

珍しい男性の参加のおかげで、女性とは違った社会的ストレスがあろうことに考えが及んだのは、貴重だった。

男性として「優しい」と周囲に思われている人にも、当然怒りの気持ちはあるのはずで、それを出さないように女性よりもより強い抑制をかけて、おかげでそれを解放するのが、余計に難しいのかもしれない。

感情表現ゲームは、感情解放の「仕掛け」にもなる。

 

いろいろ盛り沢山、最後は「Yes, and」、相手の話を無条件に受け入れ、それに自分の考えを加えて展開したり、発展させたりするゲーム、Telling storyで、ちょいと頭を使って、4時間のワークショップが無事に、おしまい。

 

いや〜みなさん、どうもお疲れ様。

笑いましたねえ。そして、みなさんと、いろいろな気づきがありました。

ご参加、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「声色」について〜リードアラウド研究会

リードアラウド指導では「声色」という言葉はほとんど使っていないが、この↑コラムニストが言うところの声色は、わたしたちが言うところの「読み方」または「表現」にあたるだろう。

 

表現の場でなら、下手は「お耳汚し」で済むが、ここに「違和感」を持たれた人の立場、原稿を読んだ状況では、人格への疑いが持たれる可能性があるだろう。実際、「情けないなあ」という気持ちがする。

 

情緒豊かなのに、それを言葉に乗せられないのは、よくある問題で、まあこれはリードアラウドにおまかせだ。

だが問題は、もし、気持ち自体がわかない人で、それが最高権力者だったら…。

 

ちょっと想像すると、怖い。

「声色の違和感」だけで、ぞっとしてきた…。

 

昔話を語る:絵本リードアラウド認定講座第6回報告その1〜リードアラウド研究会

今回は、英語を学んで二年目以上程度の小学生以上向けの、絵本と読み物の架け橋になるような、文の量が少し多い絵本『Caps for Sale: A Tale of a Peddler, Some Monkeys and Their Monkey Business』をとりあげ、指導法と朗読方法を研鑽した。

まず、朗読について。
本書の朗読には、物語口調、なかでも昔話の語り口調が適している。昔話の語り口調とは、聞き手と語り手の立場は平等で、十人程度の聞き手に語り聞かせるように読む。

主人公の行商人が帽子を売る声を張らなければならないので、いつも以上に、丁寧に発声練習を済ませる。
それから、まずは自習の成果を聞き合う。リードアラウドを始めて日が浅い人ほど、文字を追う感じが強い。また、ベテランになるにつれ、またこの日の集中力に応じて、読みに気持ちが宿ったり、宿らなかったり。またはその気持ちに、多少の違和感を感じさせる。途中で聴く人を飽きさせたり、自分が飽きたり。

ということで、今回、朗読に関して、絞ったポイントは、

  • 聞かせるように読む
  • 話を盛り上げ飽きさせない

特に「聞かせるように読む」ための演習に手応えを感じた。ペアになってもらい、ひとりが日本語で話の詳細を順に尋ねる係、もうひとりが質問にひとつひとつ答えるように本文を読む係になるというもの。

例えば、「いつの話なの?」と目の前で尋ねられると、人間はそれに対して答えようと思い、文を読むときに、語るような読み方になるものだ。
「Once upon a time…」が、「昔のことよ」と、血の通った会話のような受け答えになる。
「だれの話?」
「there was a peddler…」という文が、「ひとりの行商人がいてね」といった生き生きとした語りになる。

初めのうちは、「読まないで。質問に答えるように語って」と、声をかける必要があった。でもなんども注意をするうちに質問者も要領を得て、本当の質問のように尋ねだし、すると答える方も、文を自分の言葉のように語り始めた。
やはり、いない人の質問に答えるように読むのは、抽象的でなかなか脳がいうことを聞いてくれない。でも、目の前にいる人が尋ねるなら、言葉に自分の感情が乗る。
質問者を目の前にして言う練習をすると、脳にその言い方をする筋道ができて、質問者がいなくても、イメージでリアルな受け答えができるようになる。

みなさんの英語力があれば、こうした意識の持ち方一つで、語る口調が出てくる。
この日の最後、仕上げの朗読「AFTER」で、それぞれがより「語り」になったり、それなりに語れていた人もより「昔話」の語りになったりしていたのは喜ばしいことだった。

(つづく)

Caps for Sale: A Tale of a Peddler, Some Monkeys and Their Monkey Business

絵本リードアラウド認定講師講座 2019