カルチャーセンターでシアターゲーム〜リードアラウド研究会

スクールや認定講師講座(ワークショップ)ではお馴染み、リードアラウドならではのアクティビティ、シアターゲーム。

名前からも想像がつくように、演劇のトレーニングとして始まったゲームで、Improvisation gamesと呼ばれることもある。

数あるシアターゲームのなかでもリードアラウドでは、集中力を高めるもの、表現を豊かにするものを中心に選んで演習として馴染んできた。

だが、その他にも山ほどゲームがあり、そのなかに実は日本人の英語学習に役立つものがたくさんあって、使わないのはもったいないと思っていた。

大人セミナーでは、少しずつ試していたが、ついに朝日カルチャーセンターで全部シアターゲームの1クラス設けさせてもらった。(即興的英語力を磨く

このクラスではシアターゲームのうち、とっさに言葉を出す、即興で話を繋ぐ、物語を語る、相手を反射的に肯定しそのあとに自分の意見を加えるゲームや、高校まで英語をまじめに学んでいる多くの日本人の頭のなかにすでにある英語の「在庫整理」ができるような、そんなゲームを選んだ。

まだ生まれたての小クラスだが、先日は理想に近いクラス運びができた。

Shake outというちょっとした運動で、筋肉と口をほぐし表現活動仕様にする。Category snapで、一カテゴリー例えば「動物」に属す単語を順に滞りないように挙げる。始めはいいが、だんだん頭を絞らないとでてこなくなる。そこをさらに絞る。いくつかカテゴリーを変えていくうちに、単語も口からでやすくなる。

そしてassociation game、連想ゲームで、相手が言った単語から連想する別の単語を挙げていく。これで脳の別の「小部屋」に明かりを灯す。多少明るくなったところで、disociation game。今度はまったく関連がない単語で繋ぐ。これは簡単そうでいて意外と苦手な人がいる。関係ない言葉をただ言えばいいと思いきや、脳は準備ができてないこともある。関連ある言葉ばかり浮かんだりするのだ。それを断ち切る演習で、また違った脳の「小部屋」に明かりが灯る。

associateとdesociateで頭を回転させた後に、One word at a time Storyゲーム。この日は桃太郎の話を、一度にひとり一語だけ発することで繋いでいく。相手が「once」と言ったら「upon」だろうと次の人が繋ぐ。これを延々繋げて桃太郎の話にする予定だったが、話が牛歩の歩みで、中断。次回は冠詞「a」や「the」は勘定にいれないでやり、進行を速めたい。でも今回、相手の言わんとしていることを推し測ること、それをある方向へ発展させることを、グループの連帯でやるゲームと認識できたようだ。これまた脳の別機能を意識させられる。

最後、Tell a Storyゲームでは、接続句、once upon a time/everyday…/but, one dayなど冒頭に持ってきて、前の人の話をつないで、最後にAnd, ever since then…で話をまとめる。これまた思わぬ発展があり、感心したり大笑いしたり。

参加者は、普段使わない脳の部分を活性化した効果だろうか、晴れやかな表情で教室を立ち去って行った。

英語力獲得は一筋縄では行かない〜キッズブックス英語スクール

以前ある人に子どもの英語教育について正面から、「コストパフォーマンス」を持ち出されたことがある。読書、音読、表現を重視するリードアラウドの英語教育は、「費用対効果が悪い」とのご意見らしかった。幼児であっても近頃は、英検試験対策など直接的な「結果」を求める保護者も珍しくなく、それら試験対策に限って言えば、リードアラウドは遠回りに見えたのかもしれない。

しかし、リードアラウドは目標が違う。

リードアラウドでの英語教育の目標は、英語力獲得。検定やら受験などの先にある、検定や試験の種類の違いなどではゆるがない本物の英語力を目指している。

昨今では「何級を何歳で」取ったかまで、そして「TOEIC何点」と言って、まるでこれだけで英語力が高いことの証明とする風潮がある。しかし、わたしは経験上、人の英語力は、英検やTOEICの点だけでは判断できないことを知っている。

それらは、本当の英語力獲得に向けての過程で自然発生的に起こる。受けて見たら受かった。点がよかった、などが理想だ。本当に目標とすべきは、その先にある本物の英語力。そして、「本物の英語力」というのは点や直線で表せない多面的、多角的なもの。一筋縄では行かない。

リードアラウドは、太くて強いそして美しい綱をイメージとする英語力めざして、一筋ではなく、いく筋もの縄を撚り合せて進めて行く。

『The Foot Book』〜キッズブックス英語スクール

Dr. Seussの『The Foot Book』を入門および親子クラスで読み始めた。

まずは「right」と「left」が反射的にわかるように、「右足あげて、右手あげ、右足下ろす」などそのまま「put your right foot up, right hand up. Right foot down」などと床に座ってゲーム。

右にはRightとシール、左にはLeftとシール、貼ってあるのに平気で反対の手や足を上げていたりしていたりする。

小学生はさすが早々と慣れ、やはりこういう動作と判断力は年少者はゆっくり。それはそれで、かわいらしい。

right/leftを始めとして、反対語(opposites)がいくつも出てくる。本書は反対語がテーマの本だ。英語では反対語を、早い時期から教える。小学生のみなさんは、実はもうだいぶこれまでの本で知っているはずなのだが、ここで頭のなかの知識の「在庫整理」しよう。

形容詞の意味することを読みかたに反映させて、読んでみよう。こちら、いいお手本だ。

Hey dude, time for practice【We Found a Hat】〜リードアラウド研究会

過去のブログで紹介した映画、台詞部分は5:50あたりから始まる。ここに再録しておく。

11月の課題書は、「21世紀的絵本」と言ったが、「男の絵本」とも言えそうだ。これまで「絵本、子育て、女」のイメージが強かったものが、「女」の部分が「男」になっても違和感がなくなってきた。そこで、男親や男が共感しやすい、男の作者がこれまでの絵本の発想から自由に発想した絵本が増えてきたのだろう。

本書はそのいい例だと思う。そこで、読み手にも発想の転換が必要だ。これまでのいわゆる「かわいい」「母性的な」読み方を簡単に当てはめたら、せっかくの味を壊してしまう。

本書の登場人物(カメ)の心理は、男か女でも男に近い部分を活性化させるとするっとわかる。特にカメA(hatを自分のものにしたい1匹)は、多くを語らず、喜怒哀楽を抑えた、男に多く見出せる類型だ。

前回のいわば伝統的な絵本、『Little Gorilla』とは好対照。

上記に添付したClint Eastwoodの台詞術、参考になると思う。皆さんの「型破り」な読みを、楽しみにしたい。ちなみに、Mr. Eastwoodに仕事でお会いしたことがある。ガーンと衝撃的な、口数の多さ。おしゃべりさん、でした。

絵本リードアラウド認定講師講座第7回報告:その2〜リードアラウド研究会

リードアラウド認定講座の自慢のひとつは、粒ぞろいな参加者。もともとりっぱな「粒」のみなさんが忙しい時間をさいて集まって下さっているのだ。講座の3時間を意味のあるものにしなければならないと、毎回身が引き締まる思いで立っている。

そんなみなさんが互いに講評しあう、そういった時間は、他ではなかなかないはずだ。そしてそれは、とても重要で貴重な時間だ。

ということで先日の、第7回。『Little Gorilla』の朗読の講評、みなさん同士の講評は一応時間を作れたが、わたしが付け加えたかった修正点、改善点は時間切れで尻切れとんぼ。思い出す限りここに挙げてみたい。

・「序」の部分。家族紹介を兼ねている場面である。ママの愛、パパの愛、たっぷりとそして両者の違いを出したい。「祖父母」はまとめてセットにし、落ち着いた感じ、または猫可愛いがりのような、祖父母らしい愛で。「叔父叔母」はちょっと気楽な愛か。こうした少なくとも4種の違ったニュアンスの「…loves him」にしてみよう。あたかも作曲をする調子で、高低とリズム、rateなどを考え、楽しい変化をつける。

・「only one day old」ではどこが驚きなのか。ONEだろう。この一語をフレーズのなかで強調する。

・「破」の頭、「Pink butterfly」はそれまでと異次元感を出すようにと、演習もしたのでかなりよくなった。しかし、自分が「このくらいか」と思う度合いより、いつももっと大きく変化をつけること。そうすることで、空間がずっと広がり聞き手が空想しやすくなる。色のイメージを自分でも頭に浮かべて、その間合いは自分の頭のなかの「絵」に合わせたらいい。規則的でない、ランダムな間があくといい。

・様々な動物が、個性的に登場する場面。何の動物なのか、動物名はクリアにcrispに。へんに粘りっこいアクセントやイントネーションをつけないで、子どもたちの耳にわかりやすく。動物名が浮き立つように、名を挙げた後、少しの間をとるのも効果的だろう。

・「急」に入る直前、「Then one day…」は、口頭でも説明したように、変化が訪れる予感をさせる大切な文。then のpitchを際立たせ、余韻を含んだ喉の奥から出す声でone dayを続ける。

・「急」、little gorillarがgrowする場面だ。この繰り返されるgrowは、速度や間隔を変えたいが、あざとい感じはいけない。ベテランは、特に注意!ナレーターがサーカスの興行師のように、「さあさ、みなさん。このゴリラ、どんどん、どんどん、大きくなりますよ、さあご喝采!」なんて感じで言ったら、違和感を感じる。素直な無垢な驚き。「えっ、おっきくなって、さらにおっきくなって…ええええー、おっきくおっきくなって、うわっ、こんなに!」と読者と一緒に驚く。

・そして最後の一文。本書のテーマを考えてみよう。するとおのずと強調する語が浮かび上がる。浮かび上がったら、強調が他に分散しないように、強調する一語に気持ちを集中させて一気に読む。Everybody still loved him…余韻を残しておしまい。