英語絵本で表現を考える〜リードアラウド研究会

月に一回、英語指導者向けのリードアラウド指導と表現を学ぶリーアラウド認定講師講座オンライン講座を開いている。

継続の人に混じり、毎回初めての人がいて、互いの影響しあいとか反応がとても興味深かった。

11月の課題書は『Where the Wild Things Are』だった。全3時間の講座のほぼ半分を表現演習に当てるが、最初に各人に一通り読んでもらう。それは、ウォームアップとして、またその朗読で受講者のバックグラウンドをおよそ知り、用意した演習を当日用に微調整するためでもある。

この日も通読してもらったが、分かったこと。これまでも、最初に築くことなのだが、本文を読むときの声をその人が意識しているか、していないかで、聞こえ方が違うということ。

このことを意識するスイッチを持ってもらうことだけでも、講座初回の意義はあるかもしれない。

用意した演習の一つが、そのためのもの。この日もお役に立てたかもしれない。

本課題書では、所々に登場人物たちの台詞があるが、それが一つ一つ誰で、どういう人か、確認したりキャラクターを想像または造形する。ナレーターも進行する物語にどう対応するナレーターなのか、キャラクターがあるはずなので、それも考える。

1回の演習で即効的に表現に深みを出すなら、このキャラクター分析とそれに合わせた台詞にしよう、という意思だったり意識だと思う。実際に表現できるかは、必要な練習量に個々の差があるから、まずは頭を変える。身体は少しずつ。

 

この講座でも、回数を重ねてきている人は、意識の方はオンになっているのが、しょっぱなの朗読でわかるが、そういった良い方向への変化を受講生に見い出せるのは嬉しい。

英語非母語者の子どもに、英語絵本でも本課題書くらい長く、ドラマチックなものを、ある程度理解させる、また飽きさせず物語を楽しませるには、言語の解説への注力より、まずは言語の奥にある情動を表現することだろう。そのために、指導者はある程度、身体を張らなければならない。

 

講座は盛りだくさんだったが、表現に関しては、予想どうり、この台詞部分の表現演習は効果を上げたようだ。

また、台詞ではないが、the Wild Thingsが見せる威かしの動作を述べる、熱のあるナレーション部分。動作と言葉の音を結びつけた表現、それを自分が思うレベルの何倍にもする演習が、各人の表現の幅を広げた感触がある。

最後のみなさんのread aloud。様変わりしていた。新人は新人なりに、継続の人たちは認識を新たに、また掘り下げたり。と言ってもまだ荒削りではあるが、物語が立体的に見えてきた。そして、よろしい兆候…物語が短く感じられた。それだけ、引き込まれる部分が増えたということだろう。次回が楽しみだ。

後半の指導方法の演習については、

つづく。

 

 

絵本リードアラウド認定講師講座第8回報告(全)〜リードアラウド研究会

今回の「絵本リードアラウド認定講師講座」課題書は、オーストラリアの固有動物ウォンバットの、日記という設定の、ユニークな作品『Diary of a Wombat』。

 

まずはいつものように、しょっぱなにみなさんに自習したリードアラウドをしてもらう。

本講座今期はベテランぞろいなので、もうこの「自習」の成果自体が楽しみだ。

今期のテーマの一つ、「キャラクター作り」も期待が膨らむ。

 

・・・そして、今回光ったのは、

子どもにしたくなるwombatを、ちょっと図々しい「おばさん」にしたてた朗読!笑わせて頂いた。

 

さて本書の解釈では、二重構造ということに気づきたい。Wombatの視点(日記に書かれている)と、共生?している人間の一家の視点だ。

Wombatが「思い込み」していること、無意識にとっている行動が、人間とは違ったり、人間を困惑させているところに、ユーモアが生まれる。

Wombatの日記に記した言葉だけで、人間側に困惑や可笑しみを感じさせる、そういった表現を考えてみた。

 

例えばWombatの日常描写は「Slept」そして「Ate carrots」が多い。slept, slept, sleptと続くところで、どう観客に笑ってもらうか。

食べてばかり、ニンジンばかり、という部分でどういう可笑しさがあるか。

芸の見せ所。演るのも、それを見るのも楽しいものだった。

 

それから指導者としての「使命」、本書で何を教えるか、どう教えるかについて、ディスカッションと実技。

指導者が本書で、生徒に教えたくなるのは、何についてだろう。

わたしの場合は、自分が「無駄だった」と思う、または「回り道だった」と思う学び方をした数々のうちの一つ、動詞の過去形。

児童文学を前にして、動詞の過去形を学ぼう、なんていうのは浅い感じがするが、しかし。絵本を読むことはその言語を学ぶこと、私たちの場合は英語指導でもあるのだから、立派な目的か。

さてその過去形、いろいろ規則があったりなかったり、面倒だ。会話の最中に、なかなか自然に過去形にできていなかったり。大人だって、苦労した記憶がまだセピア色になっていないのではないだろうか。

第二言語習得論の研究で言えば、母語者もこれをマスターするのは、時期的に意外と、後の方と言われている。つまり、毎日英語を聞いて話している子どもにも難しい。

 

本書は日記形式なので、動詞過去形のオンパレード。一通り本書で使われている動詞を学んだ後で、または学びながら、生徒の口から反射的に過去形が出るようにするアクティビティ、シアターゲームの一つを紹介し、実際に皆さんと行った(楽しんだ!)。

なんのことはない、かつて紹介済みのWord Ballを、wordではなく「I slept」など短いセンテンスで行うだけのもの。そうではあるが、英語でのこうしたimprov.は、本当に効果的だと思う。

後半の模擬指導演習は、Wombatだけでなく、Humansの気持ちも対比させる発問と応答で進めた。

ただ漫然と、というか逐語訳の模範解答的に文を解釈させるのではない、簡単に聞こえるが実は内容を掘り下げる発問をする癖をつける演習だ。

双方向型指導で進めるなら、指導者もある程度の深みまで読解しなければ、いい発問ができない。そこのところは、「分析」としてディスカッションした。

自由に意見を述べ、自分とは違った見方を知る機会を持つことは、そのように生徒を指導したいリードアラウド指導者自身にも、欠かせない。

 

最後の仕上げ(一二歩手前?)、どうなりますか。次回が楽しみだ。

英語絵本を英語非母語者の子どもにどう読む?〜リードアラウド研究会

「英語がちょっと得意だ」「英語絵本が好き」「何か役に立ちたい」、これらの気持ちが一緒になって、

「英語絵本の読み聞かせをしよう」と思う人は、近年増えている。

 

朗読や演技指導を受けたり、または教職に就いたことはなくても、家庭での日本語の絵本の読み聞かせからのイメージと、上記3つの気持ちと、自分が好きな英語の絵本を持って、立ってみる。さて子どもの前に立って読み始めると、すぐに気づかされることがある。

 

子どもが、わかってくれない。聞いてくれない。ちんぷんかんぷんと言われる。

出入り自由な場所だと、その場に留まらずどこかに消えてします。

 

なぜ?

 

意外と理由が分からないかもしれない。でも、子どもの立場で考えれば、すぐにわかる。

そりゃそうだ。

日本語が母語の子どもたちなのだから、英語でただスラスラ読まれてもわからない。

母語で読む絵本の読み聞かせと、まったくここが違う。

文字面を読んで聞かされるだけで理解できるのは、母語に限る。日本語が母語の子どもに、英語を「読んで」もわからない。

 

そこで、「英語絵本を楽しませるのは、英語ができない子には不可能」として、英語絵本を棚に差してしまおうか。

いやいや、それは違う。

意識を変えたらどうだろう。

 

まず絵本の絵は、大人は気づいていないかもしれないが、伝達力が強力であることを認識する。

絵本の絵にお力を借りる。文字を忘れて絵だけで筋を追ってみる。子どもの読み方で、絵本を「読んで」みる。

そしてもう一度、英語がわかる自分が本文を読んで、よく咀嚼する。

そして、頭(文字)でなく、心(身体)で本の内容を、絵に手伝ってもらいながら表す。

「読み聞かせる」のではなく、表現で伝える。「She likes」だったら、She likesと読むのではなく、「この子は好きなんだ」という気持ちになって、「She likes」と、言う。

一度、心に気持ちを作ってから、発言する。

 

絵本の「読み」が、遠く無関心な音から、生身の人の話しかける声に変わってくる。表情も視線も、生きてくる。突っ立っていた身体が動く。

身体で表せないことについては、子どもとの母語での問答で触れる。

 

こうして「読み聴かせる」という意識を変えると、英語の絵本を英語がわからない子どもにも楽しませることが可能になる。

具体的にどんなことをすればいいのか、「リードアラウド」の方法で、試してみて欲しい。

リードアラウド

一般向け:絵本で学ぶ大人英語セミナー  (二子玉川教室)

                  朝日カルチャーセンター新宿校「声に出して読む英語絵本」

指導者向け:絵本リードアラウド認定講師講座オンライン

 

 

これはいい!引き込まれた語り『Diary of a Wombat』〜リードアラウド研究会

11月の第8回リードアラウド認定講座の課題書『Diary of a Wombat』、どうリードアラウドしようか、演出はどうするかと模索中。

そんなとき、youtubeでみなさんがどう読んでいるか見る。

たくさんアップされているのだけれど、なかなかピンとこない。

検索して1ページ目にでているビデオは見た。うーん、いいと思うのがない。

2ページ目、ここまで見るのは珍しい。そろそろ諦めどきか。自分で今イメージしている読み方で行こうか。

そう思った時、これがチラっと目に入った。もしかしたら…、そんな勘が働く読み手の風貌。

あたり!!

これです、これです。イメージどおり。さあ、わたしも練習に励もう。

上達への階段見えた〜大人英語セミナー@キッズブックス英語スクール

コロナ第一波をかぶって4月からオンライン講座に切り替えた『大人英語セミナー』。9月から対面に戻し、2020年度のレッスンも残り一回(11/24)で終わる。

先日、ベテラン二名と今期からの新人一名で、ほぼ仕上がった<『Caps for Sale』を、少しの観客(体験レッスン参加者二名と小学生一名)を前に「発表」した。 気付いていたが……驚いた。

みんな、いい声! 張りがある心地よい声だった。 中でも新人のCさんが、最初の頃と比べると別人のようなボリュームと響きのある、見違える(聞き違える)声になっていた。

子どもに聞かせようという目的を持ったリードアラウドの場合、朗読の要素の中でもまずは声にボリュームが欲しい。 聞こえる、聞こえないといった基本だけでなく、表現として人を惹きつけるボリュームをつけたい。

今回の課題書の主人公は、帽子の行商人。 声を張り上げて、村々に帽子を売り歩くのだから、読み手がそれらしい声を出さないと、幼い聞き手には物語が掴みにくい。

そこを三人は見事にクリア! ただ声が大きいということではなく、行商人らしい、遠くへ声を放つ表現が的確だった。

観客のひとりの小学1年生を観察していた。 彼は、読み手のいい声がするたびに、文字を追うため下を向いていた顔を、読み手へ向けていた。 「はっ」とするようで、しばらくそのまま聞き惚れる感じ。 これには内心、「ヤッター」と思った。 子どもの注意を引けるリードアラウドになってきた証拠だろう。

声の良さだけではない。 言葉ひとつひとつに血を通わせるという姿勢の読み方が身についてきた。 なにも考えずに読んでいく、なんの感情もない言葉を発するということが、ほとんどなくなった。 あとは、抑揚やニュアンスの調整で、さらに磨かれていくだろう。

まっさらな新人が、1年弱(約20回)のレッスンで、この日の発表くらいの上達(特に「声」という、一朝一夕ではなかなか変わらない身体的な変化)を見せてくれたのは、指導する側にはすごく励みになる。 もちろん個人の努力があってのことで、その努力にも乾杯!

「ベテラン」二人についても、どこをどう磨けばもっと良くなるのかが見えて来た。 この日(たまたま)観客になった体験レッスンのお二人の感想。 「みなさん張りがある声で素晴らしかった」「メリハリがあって、帽子を売り歩く姿なども目に浮かぶようでした」なども、お世辞には聞こえなかった。

大人英語セミナー

Caps for Sale: A Tale of a Peddler, Some Monkeys and Their Monkey Business