スクール冬の発表会2019〜キッズブックス英語スクール

風邪の流行で、直前練習に欠席する生徒などいて、ほんの少々、心配はあったものの、生徒たちのいつもの頑張りを知っているので、ほぼ「大船に乗った」気持ちで迎えた冬の発表会だった。

 

 

 

 

 

確かに「大船」、よくできました。

今年は、こんな本をこんな面々で読んだ。(ななみさんが学校行事で来られなかったのは残念だった…)

1開会・あいさつ 15:30

はんな、たいよう、ななみ

2No, David!』朗読 めい、かりな

3.『I Don't Want to Be a Frog』朗読劇

Boy Frog:めい、かりな、Papa Frog:ちひろ、Wolf:けいた

4.『We’re Going on a Bear Hunt』朗読劇

たいよう、ななみ、はんな、ちひろ、なるみ、けいた、かりな、めい

5.『Merry Christmas MushTongue Twisters早口レッスン 指導:はんな、たいよう、ななみ

6.休憩 ・おやつ・懇談会・I Spyカルタゲーム 16:10-16:30

7.『Dog and Bear: Two Friends, Three Storiest』朗読劇 Part 1 Bear:ちひろ、Dog:なるみ

Part 2 Bear:かりな、Dog:めい

Part 3 Bear:なるみ、Dog:けいた

8.『The Day the Crayons Quit』朗読 たいよう、はんな、ななみ

9.『Sunshine on My Shoulders』朗読、歌唱 朗読:なるみ、歌唱::全員

10.閉会・プレゼント・記念撮影 17:00





それぞれの成長がみてとれた。

新入生のMさん。耳が頼りだったのが、読める言葉が増えて、目も頼れるように。文字を懸命に読む姿に胸が熱くなる。すごいね、Mさん!

目覚ましく語彙を身につけてきたKさん。大人には真似できない速度で成長中。明瞭な読みや声そして表現力。そしてその熱量が、みんなにもとてもよい刺激になっている。

控えめすぎるところがあるCさん。実は表現が素晴らしい。発表会では見事にこの表現力を見せてくれた。発表会のおかげかな。どうぞこれからも、出し惜しみ(?)せずに、いい表現を見せてくれますように。

お茶目なのにそれが表情に出にくい、ポーカーフェイスのNさん。声を大きく出せるように、そして実力に応じた自信が表に出てきた!リーダーズシアターでのイヌやクマ、生き生きしていた!

本年度のいつ頃からだろうか、表現するのが楽しくなったKくん。大人顔負けのノリノリでエネルギッシュな、おみごとな表現だった。かなり出力は控えめだったけれど、ハイクオリティ!今度はお客様(お父さん?)の前でも、全開で見せて。

かなりの文字数の文章でも豊かな表現を忘れず、自分でも工夫と努力をして登場したHさん。押し出しもよく、「表現豊かに読んで自分も観衆も楽しむ」リードアラウドを体現してくれた。

最愛の野球の練習を休んで出演のTくん(残酷なことに、発表会会場眼下の運動場で自分のチームが練習中だった…)。それでも、さらっと練習で難しかった部分もクリアし、内容を理解しているのが伝わる、fluentな読み。さすがの貫禄?だった。

「英語絵本deナイト:英語絵本OpenMIC#2」終了!~リードアラウド研究会

英語絵本愛好家の前で、お気に入りの英語絵本を朗読する、ブックハウスカフェ主催「英語絵本deナイトOpenMIC」の第2回目が12月13日に無事終わった。

リードアラウドをしている面々以外の参加も増えたおかげで、一般の「英語絵本の朗読」の考え方や捉え方を知る、よい機会にもなった。

リードアラウド研究会およびカルチャーセンター「声に出して読む英語絵本」クラスのみなさんは、今回もかなりの仕上がりだったが、それでもちろん満足することなく、この機会を次の段階へのステップと捉えたい。

良かった点、素晴らしいと思った点は、クラスや講座で会う時にお伝えしよう。

ここに記しておきたいのは、会場にいた子どもふたり(中1と小五)の反応。

ふたりとも、1冊ずつ、大人に出せない味を出し、本当に達者に読んでくれたが、その他の時間も長いこと行儀よく会場にいてくれた。

とはいえ、朗読を聞きながら様々な表情を見せる。子どもの表情には、大人より嘘は少なく、それを見て「ウケたか」がよくわかる。彼らの表情を「リトマス試験紙」として、密かに観察させていただいた。

この子たちにウケてるな、少なくとも聞いているなと思われた朗読には、共通項がある。

メリハリのある、通る声での読み。発音的にはちょっと訛りがあっても、メリハリというかエネルギーが伝わるものは、聞いてくれていた。

本文が長いと、いくらメリハリをつけてもパターン化したり、行き当たりばったりになりやすいが、そうなると感度が高く、正直者の彼らの目は、遠いところを泳いでいるようだった。

飽きさせないために、同じ本で読む人、声を変えるのは、いい作戦だ。

長い絵本を読む場合、よほどの力量がない限り、グループがいいだろう。

観客に向かって語りかける、または掛け合い的な朗読も、よさそうだった。

ぼおっとならない。その場合、読み手が中途半端に恥ずかしがっていると、観客の方がムズムズ恥ずかしくなってしまう。

どかーんと自信たっぷりに呼びかけたりするのが、成功していた。

さあさ、みなさん。

またまた精進して、もっともっとお世辞のない、子どもの生き生きとした反応をいただけるリードアラウドしましょう!

Thank you, ブックハウスカフェ!

家族の協力による動機付けが、英語学習の継続、そして成果につながる〜キッズブックス英語スクール

英語の学習を幼児期に始めて、4〜5年と続けていられることは、とても貴重で本当に素晴らしい。それには、日頃から、子どもの学習への動機付けに協力している家族の大きな貢献がある。

スクールでは、始業時、ほぼ毎回、英語で日付を尋ねている。あるとき、A君が、2019年を「2090, two thousand ninety」と言ってしまったことがあった。「あれれ、今日は未来になっちゃった?」ととぼける指導者。なにが間違っていたのかA君は考えた。すると、ぴかっと目を光らせて、こう言い出した。「あ、そうだ! ナインティじゃない、ナインティーン、『ン』のほうだった!」それから、A君は問わず語りに、家族の誕生日を英語ですらすら挙げていった。

ははーん、と気付いた。ぜったいこれは、家庭で英語の日付を話題にしたに違いない。きっと家族の誕生日などを、英語で言い合ったのだろう。それが、A君にとても嬉しい時間だったんだ……。

これだ、こういう家族の関わり方だ。子どものやる気を育てるのは。「勉強しろ」ではなく、話題に取り入れる。まだまだ、お父さんやお母さんと話をすることが楽しい小学生だ。親たちが、身近なことから英語を話題にすると、「話を続けたい」「話に入りたい」と思って、自分ももっと英語の学習をしようという気になる。

家族の協力や理解があり、子ども自身にもやる気があるなら、あとは指導者の努力! こっちにも、やる気がある。どうか、ついて来てくれますように。

キッズブックス英語スクール 絵本リードアラウドコース

絵本リードアラウド認定講座第8回報告その2:語り口を考える〜リードアラウド研究会

「普通のひと」の絵本の読み方と、少しでも先生について稽古した人の読み方の違いのひとつに、語り口を意識しているかがある。

今回は、『Animals Should Definitely Not Wear Clothing』を使って、作品の持つ声、語り口を考え、適したものでの朗読を演習をした。

本文は「動物というものは〜」と始まるが、これを誰が言っているだろう。

「服を着るべきではない」と客観的に報告、伝聞するならアナウンサー。

動物の代表が、国連のようなところで演説とか訴えをするという状況も考えられる。これは動物自身だから、主観的になる。

それから、「動物に服を着せるとこんな変なことになる」と面白おかしくかつダイナミックに語るという講談師という想定もある。

この3通りで本書をそれぞれみなさんに読んでもらった。

「だれが言っているのか」を意識するだけで、階段何段か飛ばしの説得力のある、表現として聴く気になるいい朗読に変化したのに、皆さん自身は気付いただろうか。

逆に言えば、語り手がだれかを意識しないで読むことが、どれほど「手抜き」か、それがわかって怖くなるだろう。

 

「動物の代表」として演説のような読みっぷりは、自分が動物の代表だと意識するだけで、ずいぶんと感情が移入できた。

いいところまで仕上がったように思う。

 

リードアラウドは、通常なら「アナウンサー」読みはしないのだが、これはこれでできれば、その人の「持ち札」が増えていろいろ読むのが楽しくなるだろう。

本講座はリードアラウドを真面目にやってきたせいか、いざ、感情を入れず情報だけを伝えるようなアナウンサー読みが、もはや難しくなってしまったかのよう?

リードアラウドの上級者として、講談師の読みというか、「けれん」のある観客に訴える熱量の高い読みもできるようになりたい。

本課題書を講談師風に読むのは、ひとつの解釈として面白いと思う。

そのために観客に聞かせる意識を、強烈に持つこと。照れてはいられない。それを乗り越えると、不思議な高揚感で気持ちが良くなる。

英語の先生という職業を選んでいるという時点で、たいていの皆さんは自然体で「講談師」ではないだろう。そんな英語の先生が、「講談師」の話力もつけたら…。

今回は、nice try。

その姿を見せるだけでも効果があるだろう。さらにこれを磨いて、観客を集中させる力、沸かせる力を、適した本なら「講談師」の話術でも、できたら素晴らしい。

 

絵本リードアラウド認定講座第8回報告その1〜リードアラウド研究会

本年度の講座は残すところあと1回、また10回目(2020年1月18日)は発表会と審査会だ。

今回は『Animals Should Definitely Not Wear Clothing』。

 

 

あっ、右のwearさせられた動物の写真は、講座とは関係なし。(今回欠席した認定講師のお宅のanimal。ただしこのanimalの場合、「He likes it!」と飼い主はおっしゃっています)

ちなみに本書はイラスト違いの2種類あり、オリジナルはすでに絶版で古本で手にいれるしかないが、個人的にはオリジナルが好きだ。

オリジナル本のほうがより動物のイラストがリアルで、「動物に服など身につけさせる」ことの滑稽さが浮かび上がっているように思うがどうだろう。

さて本書のテーマだが、動物に服を着せる不条理さ、なんてところか。(ただしそれが好きなイヌもいるらしい…)

 

本書を選んだ、というところから「指導」は始まる。

今回は4-12歳向けの指導を念頭に置いたが、そのなかでも「絵本なんか(幼稚だ)」と言い出す9歳ごろからの子どもに、特に適する。その理由や選書の重要性を、一緒に考えた。

その年頃になった子どものリードアラウド指導に、選書の次に大切なのが、年相応の読解をさせること。

まだつたない英語で、本の内容についてディスカッションはできないだろう。それがフラストレーションを生み、彼らが本にもクラスにも興味を失うきっかけになる。

そこで、年齢なりの、またはちょっと背伸びした解釈などを、母語を使って語らせたらどうだろう。

いわゆる「オールイングリッシュ」が、巷で表面的に広まっている昨今、英語指導者は母語を使うことに躊躇してはいないだろうか。

母語と英語について、第二言語習得論的なトピックスを講座ではディスカッションした。

そこでは、こんな強い味方を紹介した。

第二言語習得を研究する J.Cummingsが2001年に発表し、以来研究者たちに多く引用され定説的になっている考えである。

 

言語能力のひとつである読解力を司っている、認知・学術能力(Cognitive Academic Language Skills)。 この能力は、第二言語と母語で共有される、

という考えだ。

水面上では二つの頂きに見える氷山が、実は水面下でつながっているとイメージするとわかりやすい。

ひとつは母語の頂き、もうひとつは第二言語の頂きである。

これらが水面下の大きな基底部でつながっている、というのが第二言語と母語の共有基底言語能力のモデル。

経験だけで語るのではなく、このような学問的認識を持てば、母語でのより深い解釈やディスカッションが英語の読解力になっていくと、親御さんたちにも自信を持って説明できるだろう。

 

模擬指導の時間。ここでは、発問、発問、発問。みなさん頑張った。

生徒役がちょっとおとなしすぎて、スムーズに進みすぎた嫌いはあったが、問いかけて進めるというクセはつきつつあるようだ。

 

今回、紹介した新しい言葉はrecast。

生徒がもし母語で答えても、「英語でいいなさい」とコミュニケーションを止めてしまわずに、母語による発言をYes, andで一旦受け入れてから、それを指導者が英語でいいなおしてあげる。

すでにみなさんは実行していることだろうが、指導する上で、termとして規定しておくことで、論が進めやすくなるので、今後は使っていこうと思う。

 

何しろ生徒を肯定し、語らせ、コミュニケーションを続けることが、生徒のやる気につながる。

そういう授業を「クセ」にしたい。

(つづく)