「文学」を小学生とどう読む?〜キッズブックス英語スクール

小学生アドバンスクラスでLeo Leonniの『Frederick』を読み終わった。

長く暗い冬に備えてsuppliesとして食料を蓄えるネズミ一家。その中で、Frederickだけ、「sun rays」「colors」「words」という、いわば腹の足しにならないsuppliesを、その頭に蓄えて冬を迎える。

 

冬が来てしばらくして食のsuppliesが底をつき始め、気持ちも暗くなっていく家族が、Frederickにsuppliesの供出を求める。

「Sun raysを目を閉じて感じてごらん」

「色とりどりの野原を思い出してごらん」

と説くFredericの声で、家族は暖かさを感じたり、躍動する色が頭に浮かんで気をとりなおす。

 

「これは魔法?それともFredericの声?」とのナレーションの問いに、

「魔法じゃない。Fredericの言い方や声のせい。そういう感じがしてくる」、そして「そういうの、あるある」と、ちょっとした興奮をしていってくる生徒Aに対して、「こいつたちの想像力でしょ」とクールな生徒B。

Four-leaf cloversも見える、というくだりでは、「あ、四つ葉のクローバー、ラッキー!」と生徒Aが反応したが、

生徒Bは「幸運とか関係ないしょっ。確率的に、たまたま4つ葉になるのがあって、それを見つけただけだよ」。

Fredericが第三のsupply、「words」を、四季を喜ぶ詩として家族に朗詠する。「雨を降らすのは誰?/氷を溶かすのは誰?…」と盛り上げ感動が高まる一節で、「そりゃ、上空にある水蒸気が雨になるんだし…」と生徒Bは言う。

生徒Aは、空に住む4匹のネズミがこれら季節の現象を司っているというこの詩のくだり、「うん、うん。何だか可愛い!」と言葉を味わっている。

「季節が4つあって幸いだと思わないかい?もし3つや2つだったら?」という詩の問いかけには、生徒Aは「あ、いやだいやだ、4つあった方が変化が楽しめる」と模範的お答え。

さて、生徒Bは?

「ねえ、どの2つ?」、と尋ねた。そうか。こりゃ盲点だった。

「春と秋なら、2つでいいよ」って。

 

『Frederic』はなかなかの文学作品だと思う。Fredericはいいこと、言うなあ、と私個人は心を打たれる。だが、その文学的な部分での感動を、読解の唯一の「正解」として言われると、ヘソ曲がりなので、科学やら実際的なことが頭をもたげる。

学生時代(高校になっても英語では文学を論じ合うところまでいかなかったので「現代国語」での話だが)、文学部分だけで一面的になる論調にはついていけなかった感覚は覚えている。

英語で、文学的な解釈までを小学生と論じられる、指導者としての幸せを感じると同時に、即物的に考えがちで、なかなか文学に「乗れない」部分を持つ生徒の指導も、今後の文学のために重要視したい。

まずは、同じ事象の多角的見方を認めること。文学だけでなく、科学と現実も引き合いに出して。

意見を聞く姿勢を指導者として出すと、生徒Bのように絵本の文学的部分に乗れない、その延長で英語全体に無関心になりそうな小学生高学年が、発言するようになる。それは、同時に「文学的な」もう一方のタイプの生徒の刺激にもなる。

発言の機会は、やる気を引き出し、何らかの学習にかかわる記憶も残してくれる。

 

 

「なんで規則動詞、不規則動詞があるの」〜キッズブックス英語スクール

スクールで、発言や質問は大歓迎。

今期、小学生アドバンス小学生のクラスでは、Grammarを始めた。先日、アドバンスのクラスで、verbsのpast-tenseのイントロダクションをした。動詞の過去形といえば、一度は誰しも恨んだことがあるはずの、規則動詞と不規則動詞の存在にも触れた。

「面倒だが、英語を普段使って生活をしていないわたしたちは、覚えるしかない」と話したところ、Tくんが言った。

「ねえ、なんで規則動詞と不規則動詞があるの」

 

もっともな質問。

全部規則動詞にしたいところ、歴史的にいろんな言語がまじってできた英語なので、それまでの言語としてのそれぞれの長い歴史から使い方が決まったまんま、英語に入ってきて、不規則変化をひきづっている。使われる頻度が低いものは規則にそって、-edをつけたが、人々がすでに不規則なほうの形を過去形にして使い慣れているものは、そのままにした。ざっと言うとそんなことらしい。

以前、同様な疑問を、英語ネイティブにぶつけたところ、

Oh, it’s because English is crazy.

ってことだった。発音に関してもかなりcrazy.

まだ小さい英語学習者のみなさん、そんな言語ですが、ある部分あきらめて、使い慣れて覚えていこう!

絵本リードアラウド・オンライン集中講座『The Watermelon Seed』〜リードアラウド研究会

今年のゴールデンウィークに開催した『絵本リードアラウド認定講師[オンライン集中講座]』では、課題書『The Watermelon Seed』がsold outしてしまったため、数名の受講希望者をお断りしてしまった。そこで、『The Watermelon Seed』の再入荷に合わせて、再び開催した。

The Watermelon Seed and Good Night Owl 2-In-1 Listen-Along Reader: 2 Funny Tales [With Audio CD]

対象は、いつものように、英語絵本の読み聞かせをしている人、これから始める人や、英語の指導者だ。なのだが、今回は「自分の子どもに読みたい」という熱心なママとパパの参加者があった。日曜日、3時間にも及ぶ英語絵本の「特訓」に、忙しいパパやママが参加する?! 10年前には考えられなかった状況に、日本もいろいろな意味で進んだなあとつくづく思う。喜ばしいことだ。

午前中は講座の目的などを確認後、朗読を磨く時間。英語がまだわからない子どもに絵本を楽しませるには、絵と朗読だけで場面や物語がたちあがるような、表現豊かな読み方をしたい。読み方が平坦だと、結局、逐語訳したり、たくさん説明したりすることになって、子どもが飽きてしまう。たいていの皆さんは、たいへん上手に「普通に読む」ことができる。ここから、普通じゃない、メリハリのある、表現豊かな読み方に近づけるのが目標だ。

それからもう一つ。意識改革のようなことだが、「子どもが楽しめるから読んでやる」という動機だけでなく、大人自身が「絵本を読むこと、英語を読むことは楽しい」と知るきっかけにしたい。子どもは、ほかの人、特に近しい人が楽しんでいることに興味を持つものだ。

手始めに、絵本の分析をする。読もうとする人が忘れがちなこと。絵本を読む上での盲点は、本文が誰の声か認識していないことだ。誰だか考えていない声でなんとなく読んでは、本の持つ「物語」が伝わらない。

この本のナレーターはひとり、主人公のワニの少年だ。その少年のプロファイルを作った。何項目もある性格分析リストのこだわりに、みなさんは「ええ、なんでそこまで?」と疑問を持ったかもしれない。でも(たかが)ワニの少年の「些細なこと」にこだわっているうちに、なぜか愉快になってくる。演じてやろうじゃないか、という気になってくる。このころから、大人としての心の解放がされ始めたのだろう、発言が活発になり、皆さんの「お茶目」が少しずつ出てくる。メリハリや感情など、Fluent readingの要素が、いくつかの演習で意識されてきたようだった。

そして後半、午後の90分はリードアラウドの指導方法。もともと子どもは、学びを楽しむ。だがその楽しみを、大人が「教え込み」や「講義」で奪うこともしばしば。リードアラウドは、教え込まない。代わりに、子どもの発言を引き出すよう、双方向型で進める。子どもの発言を待っても、なかなかな出ないことが多いので、積極的に問いかける。問いかけ方や、読解に結びつく発問を、模擬指導を通して学ぶ。

あるページで、子どもに分かってもらいたいことはなにか。自分から言ってしまわず、子どもに尋ね、子どもから引き出す。例えば「スイカが大好きなワニがいた」と始めずに、「このワニの子が食べているものはなーに?」から。こつは、ピリオドを、クエステョンマークにすること。

ときどき「なにを聞いていいか分かりません」の声が聞こる。助け舟を出しつつ、どうにか「あ、そうか」という納得の声も聞こえてきた最終場面まで、皆さんと「完走」。

最後は、お楽しみの朗読 「BEFORE/AFTER」のAFTER。講座の始めに「普通に」読んだ朗読と、3時間に及ぶ講座後の朗読を比べる。

さて……。

AFTERは、受講者の皆さんに講評をしてもらって確認したが、私がまず気づいたのは、表情の違い。gulpやらburpやら、擬声語でさんざん声を出し、照れが消えたらしい。それまでも笑顔があったが、AFTERの笑顔は清々しい。

それから「絵本なのに奥が深い」という感想が聞かれたように、それまで上からだけ見ていたような、ときどき木で鼻をこくるようなところが消え、この物語への愛着やらリスペクトのような感情が見えてきた。そういった感情が、まだまだ動物的勘を残す子どもに伝わる。大人が「いい」と感じていることを察知して、興味を持つことにつながる。

「メリハリが出た」との感想もあった。確かにそうだった。「メリハリ」がどこから来たか、声の要素や表現の表出方法など、今後に役立ててほしい。体に覚えさせること、意識を高めることなど、今後もわたしの講座が役に立てることもあるだろう。

絵本リードアラウド認定講師講座オンライン

【絵本リードアラウド認定講師講座】第4回報告その2:幼児の親向け指導〜リードアラウド研究会

英語絵本をわが子に読んでやろう、と思う親御さんが増えている昨今、英語指導者はそういったみなさんをどう指導するかも、本講座のテーマの一つだ。

その1」で書いたように、忙しい中集まった親御さんに「来た甲斐があった」と思ってもらうためには、何をしたらよいか。

特に今回の『More』では、ガラクタ集めの習性があると言われるカササギが集めたモノたちが、文字通り「山ほど」描かれているので、そのモノたちの名称は挙げられるようにしておく。

意外と知らないものもあって、予習は必須だ。

そして次だが、これは大抵の親御さんたちは自覚していないが、リードアラウドでもとても大切にしていること。英語が非母国語の子どもに英語の本を読んであげるのに特に大切なのが、表現ある読みをすること。

これが大切だと思ってもらうことが、難しい。

発音については大いに気にしていのに、こちらはほとんどゼロかもしれない。どう興味を持って、楽しんでもらうか。

親でなくとも、一般の大人は、英語絵本を読むと90%くらいの人が「普通に」読む。普通とは、ただ文字を声にすること。

これは表現ではなく、書いてあることの伝達としての読みである。

絵本はニュースでもなければ、お知らせでもなく、作家たちの作品、表現すべきものであり、おまけに英語で、相手は英語を知らない、幼児なのである。

幼児は、日本語であってもニュースやお知らせにほとんど反応しない。何か自分に関係あるストーリーが語られて初めて、注意を向けてくれる。

そこで、ストーリーを語りとして聞かせる、表現する力が必要になる。

この日、親御さんの表現を引き出す、ウォームアップになるアクティビティを実際に自分たちで演習した。

文字がとても少ない本書、「普通に」読むと大抵が「のっぺらぼう」になる。

まずは、nothing-something-everything この3語を、いろいろニュアンスを変えて言い換えるアクティビティ。

そして、more-lots-plenty の形容の度合いの変化をつける。

muchも、a bit much、much too muchと、どう違えるか。

enough? enough!はどう違うか、

more than enoughはどう?

親御さん向けのアクティビティをしながら、実は自分たちの表現練習でもあるわけだが、表現練習というもの、どうも自己解放と繋がって楽しいから不思議なものだ。

こうした楽しさを、親御さんに伝えられたらと思う。

親御さんの「来た甲斐があった」感は、これまで英語絵本を読むにあたって疑問に思っていることに意見が聞けることでも、感じてもらえる。

そこで親御さんからのFAQへの答え方を、おさらい及び新しい情報も。私たちの答えが、自分の狭い経験値ではなく、できるだけ客観的なものにするという心構えは大切だ。

第二言語習得論に照らしたものなどを、できるだけ知っておく。

いくつかあるFAQから、この日は動機付けについてなどについて、ディスカッション。

それから、

いつも時間が押してしまうのが反省点なのだが、ひとりひとりにお願いする模擬指導で締める。

ついつい指導者というもの、発問することで双方向型の進行を心がけていても、発問のなかに(巧妙に?)説明やら解説やら想定回答などを入れてしまっていていることもある。

そう言った場合、面白いのは本人が気づかないこと。

なので、指摘されないと修正できないものだ。

発問するということ、リードアラウドの指導を意識し始めて日が浅い人ほど難しさがあるようだ。この講座が、いい機会でありますように。

絵本リードアラウド認定講師講座第4回:報告その1〜リードアラウド研究会

今回、2020.6.13も引き続きオンラインでの開催で、課題書は『More』。また前回から持ち越しの『Frederick』の朗読の仕上げも一緒に行った。

『Fredrick』の朗読では、ナレーター、Frederick、ネズミたち、この3種の声を、具体的にどう違いをつけて読むか、その確認から。考えるべきことは、

1.声のpitch(ネズミたちはナレーターより高いだろう)

2. rate(ネズミたちは速め)

3. 遠近/volume(夏の間は外で遠い、冬は石壁の内側で近い、Frederickが指名されて答えるのは「舞台」の上からの朗詠)

この3点。

こうして書き出して、確認し合ったおかげか、その後に2組で読み上げた朗読は、見違えるように。

3者のキャラが見え(or 見え始め)、場面の立地も空気で漂い(始め)、だれに向かって言っているか違いが聞いて(なんとなく)わかるようになった。

講評をし合うのは上達のため、この日のみなさんの講評は、特に的を得たいいものだった。みなさんのと大島の講評を参考に、さらに芸を磨いて欲しい。

 

さて『More』だが、これは指導方法を中心にした演習をした。想定した対象は幼児に読み聞かせをしようという親御さん。

英語絵本のレッスンを受けようという親御さんは、受講しての「お得感」が欲しいはず、と経験的に思うことから、われわれ指導者は、課題書の分析や「トリビア」(雑学)を、この講座で仕込み備える。

本書だったら、テーマとなる格言、

More than enough is too much.

は、知っておいてもいいだろう。

そして、主人公の鳥、Magpie(カササギ)の生態調べや、カササギが収集してきた多くのもの(ガラクタ?)たちを、英語で言えるようにしておく。意外と知らない単語や、もの自体がいったい何なのか知らなかったりするので、準備は必須。

それから次に欠かせないのが、幼児を交えてのアクティビティ、何をしどうそれを学びに生かすか、大切な点だ。(つづく)