キッズブックス英語スクール

ネイティブの子どもが英語を学ぶように

キッズブックス英語スクールでは、「reading fluency(読解力に基づいて表現豊かに読む力)」の獲得を目指します。
その過程で、4技能(聞く・話す・読む・書く)をバランスよく身につけることができるカリキュラムになっています。
近年、英語圏の教育界でも、reading fluencyの獲得を目標にしています。
reading fluencyを得るためには、英語の文章を暗記するのではなく、読めるようにならなければなりません(5-6年間で英語圏の小学生程度〈G1-5レベル〉)。
そのため、絵本の文章を、棒読みで読み下すのではなく、表現豊かに音読する練習が必要になります。
このような音読を繰り返すうちに、読解力が身につきます。

教材は絵本

絵本を読むことで、英語の学習だけではなく、世界の多様性・科学・文化などに広く触れることができます。
英語圏の学校教育の場でも、科目を問わず教材として盛んに使われています。
キッズブックス英語スクールでは、英語を母語としない日本の子どもでも自然な形で英語絵本に取り組めるよう、「絵本リードアラウド」というオリジナルの方法で指導します。
絵本リードアラウドでは、多彩なアクティビティと表現活動により、発話を促す双方向型の指導を行い、絵本を楽しみながら読み進めていきます。
絵本を読む楽しさを感じてもらうことが、子どもの継続的な英語学習の動機付けとなります。

絵本リードアラウド

絵本が教材といっても、指導者が生徒に読み聞かせるのではありません。
生徒自身が、登場人物の気持ちや作者の意図を考え、内容に即した豊かな表現で、声に出して繰り返し読みます。
暗記ではなく、文字と読み方を確認する過程を経るので、早い時期から文字や文章が読めるようになります。
また、感情を文章に乗せて豊かな表現で読む練習は、コミュニケーション能力を高めます。
豊かな表現をすることで、相手に内容が伝わりやすく、また、言葉が記憶に残りやすくなります。。

「読めた!」という気持ちを大切に

初めは、なんとなく音をまねする程度でも読めたうちです。
リードアラウドの約束のひとつに、「読めないところは、ムニャムニャでOK」があります。
授業は、勉強っぽさを前面に出さない、リラックスした雰囲気で進めていきます。
また、学習の動機付けのため、ご家庭でも少し応援してあげてください。
お家の方が観衆になって、お子様のリードアラウドを聞き、惜しみない拍手をおくってください。

reading・ワークブック・アセスメント・発表会

全体の絵本リードアラウドに加え、個別にリーダーなどを使ったreadingの指導を行い、絵本から読み物への橋渡しをするとともに、英語の読書を習慣づけます。
ワークブックやアプリを使い、語彙・文法・writingなどをレベルに合わせて指導します。16-17歳でTOEFLを受ける力を目指します。
年二回のreading fluencyのアセスメントで学習の進捗を確認し、個々のレベルや性格に合ったきめ細かい指導をおこないます。
また年二回(二学期末・三学期末)、発表会をおこないます。人前で発表する経験をすることで、本物の表現力とプレゼンテーション力を身につけます。