指導者向けワークショップでDog & Bear:#5報告

 180分のWSだけで1作品を仕上げるのは、なかなか大変だ。WSのときまで、それぞれが自分なりにやってきたことを、WSで客観的に見てもらい、それを修正し、よりよいものにしていく。人の反応のあるところで発表すると、それまで見えていなかった弱点が自分でわかったりもする。

 今回は、かなり各自の読み込みがしっかりされていたようだ。英語そのものでひっかかる姿は、もうすっかり見られなくなった!そこだけでも、もう「プロ」だ。とはいえ、この「プロ」は今の日本の英語教育界の「英語読み聞かせ」レベルでの話。または、英語圏の親たちレベルでもある。
ここまでは、#5のWSの参加者は全員クリア!

 残るは、表現者への道。相手に聞かせるのだ。hearしてもらうだけでなく、listen to。おまけにわたしたちの聴衆は、反応が正直な子どものことが多いので、彼らを飽きさせないほど魅力的でなければならない。

 今回のWSで特に思った、今後魅力的なreaders-aloudになるための、いくつかのポイントを挙げる。

声の響き:よく響く声になると、60分読んだり語り続けても、のどが痛くならない。これは、急にはよくならないので、毎日訓練する。あごを引きすぎず(本を下に持つので、あごを引きがち)、声がのどから自然に出るようにこころがけ、しっかりはっきり演技もつけて読む。これが発声練習になる。

顔と声の表情:すでにかなり豊かだが、一本調子のためか違和感を感じることがたまにある。違和感は、聴衆が「引く」原因。ちょうどの調子を知るには、自然の場面の観察がとても役に立つ。このDog & Bearは、子ども同士の会話からいいヒントが得られる。

声も大きくするだけでなく、ささやいたり、ため息まじりに言ったり、一瞬間をおいて出すとか、わざとつっかえたり。ずいぶん工夫のあとが見られた。ただし、自分が「このくらい」と思う以上におおげさに。また、そういう見せ場の直後、少し間をとり、聴衆に見せ場だったと気付かせよう。

読みながらのジェスチャーについて:
longなどなら、「loooooong」と読んで長そうなことを想像させられる。slideや、come closer などでは、何人かが実行していたように、体を使って見せるのも有効だ。またそうしたフリをつけていることで、自然に読みに間がうまく入って、聴衆が物語について行きやすくなる効果もあるだろう。
Take one step で一歩前に進む。そうすると、次に続くOne little, tiny step を読むまでに、いい間がとれる。

下にいるdogは、上を向いて声を出し、上にいるbearは下に向って話すなども、その動作をすることで、2役の差をさらに際立たせることもできる。すでにやっている人も、「さあ、ちょっと違うことをするゾ」と観衆を意識して、堂々と。何メートルの椅子の上なのか、想定して。高さを変えて、遊ぶこともできる場面だ。

Play with me!では、目の演技のほか、じれるように手足をばたつかせたり、実際に動作をすると声の表情も豊かになる。
本を読んでdogを諭そうとする場面では、bearのせりふのたびに、本を開ける動作をするのも、2役の声の差が出にくい時に、役の差を際立たせてくれるだろう。

楽しみながら、いろんなバリエーションでやってみて。読み聞かせる相手をみつけ(または密やかに)、「今日はこういう設定で」(けんかの後、とか年齢を変えたり、男女にしてみたり、知っている誰かと誰かにしたり)といろいろ設定を変えてやるのも楽しい。

いぬとくま いつもふたりは
『いぬとくま いつもふたりは』
Dog and Bear: Two Friends Three Stories『Dog and Bear: Two Friends Three Stories』
 

インフルエンザ予防接種はスーパーマーケットで

 アメリカ、ポートランドでは、夏の終わり頃からインフルエンザのことを騒ぎ出した。IMG_0368

 そしたら、今晩、夏のこのパンデミックと騒ぐ新聞での予想よりも早く予防接種が始まった知らせが、Safewayというスーパーマーケットから来た!

 スーパーで予防接種、アメリカではよくあることだ。数年前も、たまたま秋にポートランドにいて、別のスーパーで予防接種の注射をしてもらった。今回の宣伝が来たSafewayには、処方箋を受け付ける薬局がある。その薬剤師が注射をすると書いてある。予約もいらず、おまけに10% off。実にプラクティカルだ。

 まあ、普通の医療サービスについては、アメリカは問題が多く、これがいまオバマ大統領の悩みの種であり、国民の悩みの種でもある。医者に診察してもらうのに、ポートランドでは2週間かかると、友だちが嘆いていた。すぐにかかれるというわたしに、「日本には医者が多いのか?」。そしてまたアメリカは治療費も保険もバカ高い。わが国民保険の月々の金額を教えたら「ヤスーイ」とたまげていた。……インフルの予防接種がスーパーでしてもらえなくても、我慢するか。

小学校の課外授業でリードアラウドすると……

 ある公立小学校の、放課後課外授業としてリードアラウドを月に3回ほどしている。これは、リードアラウド指導者実習の場としても活用させていただき、実習生とわたしのコンビでやっているものだ。

 リードアラウドでなくとも、生徒の前に立つ「先生」と呼ばれるものは、生徒の表情がとても気になる。「エンターテイメント」と自ら言うこともあるリードアラウドでは特に、観客の要素もある生徒を和ませたり楽しませることにも気を配る。

 その公立小学校で、気がかりがある。参加2度目のある生徒の表情がずっとこわばったままなのだ。口から上の表情筋が動かない感じ……。目が悲しそうというか、目も表情を作らない。これまで書店などでの一期一会のリードアラウドでは、こんな表情の子どもがいたとしても、そのまま帰してしまったこともあっただろう。でも、継続参加形式ではそうはいかない、と思っている。

 小学校でのリードアラウドは、英語を楽しいと感じてもらい、今後の英語学習につなげる役目を持つ。が、英語以前の問題、子どもの心の問題が見えることがあるようだ。

 この表情が固まった子……。5、6年生の思春期的特徴なら、教師経験から慣れているが、この子は思春期にはちょっと早いような感じでもあるし、直観的だが、問題は別なような気がする。しかし、こちらの力不足、という可能性はいつもある。ここしばらく、チャレンジだ。

Readers-aloudは、こんな練習も

 今年スタートした指導者向けリードアラウド・ワークショップ、今月は4冊目だ。その4冊目のDog and Bear,『いぬとくま』を練習するのはもちろんだが、Goodnight Moonから順番に読み直してみると、発見があると思う。

 発見とは……以前は苦労したところが、さらっと「気持ちよく読めた!」と思えたりすること。熟成?発酵?とでも呼ぶのだろうか。
 ぜひ、時々は「卒業した」と思っていたりそこそこで妥協した本に戻って、読んで欲しい。指導者向けワークショップの今年の参加者なら、もう遠い昔のように感じているかもしれないGoodnight Moonを、特に読み返してみてはどうだろう。

 わたしの場合、この本との出会いの頃は、文と文の間の取り方がとても気になった。もしかしたらこれは、みなさんにも共通する難しさかも知れない。しかし、他の本でいろいろ苦労したあとで久しぶりにこれを読んで見たら、ぎこちなかった間というものが、自然にとれるようになった(気がした)。

 1冊が思うように上手に読めない時は一時その練習をやめ、他の本をやってみる。そして、他の本で練習すること数ヶ月、再びその一時やめた本に戻ってみる。……すると、「おや?なにか違う!」という発見があるかも。どうぞみなさんも!

いぬとくま いつもふたりは『いぬとくま いつもふたりは』Dog and Bear: Two Friends Three Stories『Dog and Bear: Two Friends Three Stories』

『Goodnight Moon Book and CD (Share a Story)』『おやすみなさいおつきさま』

「油断大敵なリードアラウド」と書いた自分が油断した……

10月10,11日の「英語絵本リードアラウド実践ワークショップ」の参加者も、ありがたいことに徐々に集まり、わたしも講義など準備を始めている。「リードアラウドって何?」「何がいいの?」「どうやるの?」などの疑問に答えるような講義、のようなものの準備だ。

昨日は「リードアラウドの方法」の部分を、
1.絵本を選ぶ
2.予習する
と、ここまでまとめ、2.にはこんなことを書いた。

2.予習する
本を読み込みます。
わたし自身の経験から、油断大敵。発音とアクセントのチェックは、
http://www.merriam-webster.com/
このようなところで、わかっていると思っても、まめにします。
1語1語、意味を噛み締めるように読み進め、各センテンスが意味する場面が頭に絵として浮かんでくるまで読みます。
表現を教える、ということに謙虚になりましょう。自分で表現に迷ったことが、後の指導の場面でのコメントに生きます。学習者の立場を忘れないように。イラストの細部までしっかり見て、表現に役立てます。

ところが、である。よりによってその日のリードアラウドで、てへへへ。迷いが生じてしまった。新米ならまだしも、わたしはリードアラウドでは一番の「古米」だ。子どもたちの前という舞台で迷っていてはイカン。1度既に舞台でやったことのある本で、この日はわたしには2度目。だが1度目はなかなかうまく行ったと思ってもいたので、油断してしまったのかもしれない。いつものように、この日もアドリブで言葉が湧いて来たのだが、そこでふっと「そうだっけ?」。考えてしまう場面があったのだ。

アドリブといっても、教育上のものは、それまでの経験に根ざしたそれなりに検証されたものが望ましい。その本に関して、1、2回のリードアラウド経験では、まだまだ未知なる解釈や事実が、やっている最中に湧いてくる可能性が大である。「てへへへ」やら「ひや〜」は、必ずいつか、どこかであって100%は避けられないことではあるが、それを受容するのは辛いものだ。

教訓。リードアラウドに関して、予習は思う以上にしなければならないのであります……。