FAQ(よくある質問)「英語、親はどう関わる?」

幼児から4、5年生位までの子どもの塾やスクールの英語に、親は復習のつもりで付き合おう。

親は子どもの英語学習に関わるものとして、どう付き合ったらいいと思うかを述べたい。

以下は、おすすめの関わり方。

・興味を示す

一番大切。
最低限、これだけはちょっと大げさなくらい示して欲しい。

塾やスクールで使ったり、話題になった英語絵本を一緒に見て、あれやこれや話すだけでもいい。

「この間読んでいた絵本、ちょっと見せて。面白そうだったなあ。読めるか読んでみたい」など、親自身の興味を示そう。

・質問する

興味を持つことにも含まれるが、具体的な関わり方のひとつとして挙げたい。
「どんな話?」
「この子がどうなるの?」
「この子、いい子なの?」
問題を出すという感じではなく、親の興味にまかせて尋ねる。
「そんなこと知らないよ」と子どもがあきれるような、とんでもない質問もいい。
「このクマ、結婚しているの?」など。

以上をしてみて、ご機嫌よさそうであれば…

・読めそうなところを、読んでもらう

「読ませる」ではないところに注意!
子どもの方が表現的に上手な場合もあるので、読んでいただくのである。

「ここって、どう読むんだろう。お母さん(お父さん)の読み方であっているかな?それとも、読み方教えてくれる?」
分からなそうだったら、電子辞書など音声のついている辞書に発音させて、親子で確認する。

読めないところが多かったら、youtubeなどで、その絵本の朗読をしている投稿を探して参考にしてみよう。

参考音源がなかったら、パソコンのOSにある読み下し機能「スピーク」などに、文章を入力して読ませてみよう。
表現は平坦だが、おおよその読み方は分かる。

もう、このへんでOK。
また、いつも覚えていて欲しいのは、子どもは一見、平等のような感じで、親と一緒に何かをするのが嬉しいこと。

間違えとか、不案内を恐れず、子どもと学ぶつもりで、一緒に過ごす「関わり」の時間を捻出して欲しい。
親子のいい思い出にもなる。

さて、思春期に入る5,6年生について。

この年になると、「ママ(パパ)、うるさい」と迷惑そうな顔をし始めるものだ。
実は、心の奥ではかまってくれるのが嬉しいのだが、もう大きくなった自分がそんな「子どもっぽい思い」を許さない。

こうなったら、親としては寂しいが、物理的には離れよう。
たとえ、子どもが英語を読むのが聞こえても、離れているわけだから「聞こえた」ことは内緒にしておく。

しかし、英語のことを気にかけていることを、ことあるごとに示す。
「今、どんな本を読んでいるの?本を見てもいい?」

それから、ご機嫌よろしく本を貸してもらえたら、親が声を出して読んでみる。

たまらなくなった子どもが、読み方を直してくれるかもしれない。

また、子どもが使っている本を片付けるふりをする。
そして、「ヘー、こういう本なんだ」などときっかけを作ったり、ちょっとした演技力を発揮する。

本当に上手いところを褒める。

こんな感じでいかが。

FAQ(よくある質問)「インター幼稚園卒に適した英語教育は?」

英語で保育するプリスクール、幼稚園が、都市部では増えた。
ただ卒園後に、続けて英語で教育するイマージョン校や、インターナショナル校へ行く子は一部で、かなり多くは普通の公立や私立小学校へ進学する。

親としてはせっかくの英語力を、出来るだけさらに伸ばしたいと思うと同時に、それまでの努力が「水の泡」になってしまうのではないかと、ちょっとした強迫観念に襲われることもあるだろう。

では、どうしたらいいだろう。

「日常的に英語を使う」のは、いったん無理とあきらめなければならないかもしれない。
親子のコミュニケーションは、やはり母語に限る。

ただ、第二言語研究者たちの研究によって定説になっているのが、幼児期に学んだ言語の発音は、年月がたってもかなり残るということだ。

これには、ほっとするに違いない。
「水の泡」にはならないから、ひと安心だ。

日常的に英語は使う機会はなくなるが、出来ることがある。
「エアギター」ならぬ「エア英語」。
つまり、Readingである。
本を開けば、そこに英語の世界がある。

readingはある程度、苦でなくなると、「自由の翼」を得たようなもの。
どんどん英語で知識が得られるようになる。
それと同時に、どんどん英語力がつく。

ではreadingの力、reading fluency(苦なく滑らかに読める力)をどう身につけるか。

それには、楽しめる本を、あるときは反復し表現力を高めながら、あるときはたくさん読む。
質と量で攻める。

加えて、自分の力を定期的にアセスメントして、段階的に高めていく。

英語圏の学年別英語力を目安にして、指導者の協力などを仰ぎつつ、実際の自分の学年との差を縮める努力をして行こう。

なお、わたしの主宰するスクールでは、現在、英語圏の3~4年生レベルのクラスと、1〜2年生レベルのクラスで、伸び盛りのreading fluencyを身に付けつつある生徒たちが仲間を待っている。
クラス体験、そして簡単なreading fluency アセスメントを受けてみてはいかが。

Reading Fluencyが英語圏3~4年生レベルのスクール生によるReaders Theater。

リードアラウド指導研修〜FAQ(よくある質問)

リードアラウド指導研修では、いろいろな質問や疑問をぶつけられる。
共通するものも多いので、いくつか拾ってみる。

Q1:先にページをめくってしまう子どもがいる。

A:先のページを見せる。
ただし、「このあと、どうなるか見てみようか」と、参加者全員にはっきり呼びかけてから。
だらだら見せず、1分以内で終える。「はい、そこまで!」とメリハリをつける。
また、最後に特別なお楽しみが隠されている場合(例:『A Dark, Dark Tale』)は注意。
見せるのはオチの直前まで。「この先はダメ!」とさらに興味をかき立てる。

Q2:緊張をほぐすために、自己紹介をしたい。

A:リードアラウドの時間を使わない。
開始の5分前に会場(教室)へ出て、普段の声・口調で子どもたちと話をする。これが双方リラックスするコツ。
名前や年を尋ねるのもいい。自分の名前は、主催側に紹介してもらうか、挨拶にまぜる。

Q3:子どもが途中で飽きてしまう。

A:
(1)同じパターンを3回以上続けない。
・強弱つけさせるとか、二拍子の間とか、声の高低で面白がらせるとかいったことが続くと飽きる。おそらく2回が限界。
・全員で読んでいたものを、ひとり、ペア、グループで読ませる。
・Yes/No、5W1Hの質問を混ぜる。
・読む速さを変える。「tongue twistersみたいに読んでみようか」と早口にしたり、ついて来られなそうな子がいたら(そのことは指摘せず)、「ゆーくりゆーくり言ってみようか」など。
・思いがけない人に振る。「お母さんにもやって頂こうか?」「○○先生にも?」

(2)動作させる。
・Yes/Noの質問をして、Yesの子どもに手を挙げさせる(または起立させる)。
 挙がった手(立った)数を数えさせる。
・絵本に描かれた動作をさせる。
『Orange Pear Apple Bear』の最後でクマが「There!」という場面なら、実際の壁や柱の影から顔を出しながら、お茶目に言わせてみる。
指導者が率先して大げさ気味にすると、子どもたちはすすんでやるようになる。

(3)発問、発問、発問!
・「この服は青いね」と言ってしまわず、「あれ、これは何色?」「何色の服?」。
・「上手だったね」と語尾を下げて言わず、「上手だった?」「どう?」と語尾を上げて尋ねる形にする。
・「○○先生にもやっていただこうか?」。そして「先生、上手だった?」など。
・問題に答えさせるだけでなく、同意を求めたり、提案をさせたりする。
・特に正解がない質問では、正解がないことをはっきり言う。(萎縮気味の参加者が、間違うことを恐れないように)

A Dark, Dark Tale

Orange Pear Apple Bear

質問「ワークショップ参加期間どれくらいで、リードアラウド開講の力がつく?」

「FAQ」ではないが、きっと実はみなさんも聞きたいと思われる質問が寄せられた。

「(指導者向けである)絵本リードアラウド・ワークショップを受講してから、どれくらいで、自分で市民講座など開講出来るレベルになると、お考えでしょうか?」

答え:
もちろん個人差はありますが、
ざっと、以下のパターンを考えてみました。

1.同時進行型=ワークショップ受講しながら、自分でも開講

お勧めではありませんが、
ドキドキ、ヒヤヒヤ、反省点だらけというストレスが、かえって力になる人で、かつ「他力本願」でない人(努力家)なら、ワークショップ受講しながら、同時に講座を開講してしまう、という可能性もあるでしょう。

とはいえ、ワークショップ最低2回の参加と、典型的リードアラウド(模擬や子どもを交えた実際のもの)を3回は経験は必要でしょう。
(わたし自身はあまりストレスに強くないので、「失敗」が怖い。
失敗が尾を引き進歩の足を引っ張りがちな人は、早急な「デビュー」は控えたい)

2.標準型=「絵本リードアラウド・ワークショップ」10回受講後

ワークショップは、1ヶ月間の練習期間を空けた10回連続講座。
最後の回は発表会で、厳しい仲間の目前で朗読や指導します。
力が飛躍的につく経験して欲しい機会です。
対象生徒の年齢やレベル、本のタイプなど、現実的なバラエティを経験できるカリキュラムで、レパートリーも余裕を持てます。

また、学んでいるこの間に、お金をとらない仕事で力を付けられます。
(文字通り現金なもので、ボランティアの間は、みんなが優しく、失敗もストレスにさほどならず、経験がそのまま力になります)

3.慎重型=2年目のワークショップ受講しながら開講

1年10回受講後、2年目にプロとして講座を開講しながら、同時進行で2年目のワークショップを受講しスキルアップする。
この位の慎重さで初めて、講義にも自信がでるかなと思います。

リードアラウド/朗読者のFAQ「ミドルボイスとは?」

アメリカのボーカル・コーチ、Roger Loveが唱えているのが、「middle voiceを発見し、それを育てなさい」。
リードアラウド、英語絵本朗読のワークショップで、このLove式トレーニングを紹介し実践している。

声には、
chest voice
middle voice
head voice
がある。chest voiceは地声で、強い声だ。
そして、高い声を出すと、それがhead voice。
頭のてっぺんから出したようなイメージの声のことだ。

Loveが言うのは、そのchest とheadの間の声、middle voiceの存在。
存在に気付いていない人、使っていても弱い人が多い。

そこで、声のプロになろうと言う人なら、このmiddle voiceを発見し強く育てればいい。
head voiceで出せない強さを持ち、chest voiceではカバー出来ない高さがある声。
それがmiddle voice。
これを得ることで、楽に、張りのある、説得力のある声が出せるようになる。

実際に、middle voiceはコレ、というのが、Love 自身の声で聞ける。
このsoundcloudというRoger Loveのサイトの「Making Middle Sound like Chest Voice」
(ミドルボイスを地声のようにする方法)
で、どうぞ。
本は、コレ