ローストチキンの「wish bone」を探していた姿に驚き

簡単な文であれば、初見でも声を出して読むことができるようになりました。そして英語を通じて英語圏のことを自然に学び、覚えているようです。「I SPY」の中で出てきた「wish bone」をいつのまにか覚えていて、クリスマスに丸鷄のローストチキンを食べる際にwish boneを探していた姿に驚きました! 親はすっかり忘れていたのに……。(小2・男子 保護者)

英語の苦手意識が解消されました

「英語は分からないし、嫌だ」という苦手な気持ちが解消されたことが、一番良かったと思っています。絵本という身近な存在を通して、英語に親しむスタイルが合ったのだと思います。
実はスクールで学ぶ前は「英語は分からなくてイヤだ!」と発言していて、保育園でのネイティブの先生のレッスンを嫌がっていました。英語が大好き!とならなくても、苦手意識を解消できたら、と思って習い始めたのですが、その目的は達成できており、良かったです。(小2・男子 保護者)

好きなお話を自分から読もうとするように

自分で全て読めなくても、一冊読み終わるとだいたい内容はつかめているようです。(挿絵で判断している部分もあります。)
なかなか自分から声を出してレッスンに参加出来ていませんが、お友達とのロールプレイや先生が演じてくれる登場人物の会話表現などは楽しいようで、その場では口にしませんが、印象に残って覚えるきっかけになっているようです。
単語の綴りを少しずつ覚えてきましたし、好きなお話は自分から読もうとする感じになってきました。(小2・女子 保護者)

キッズブックス英語スクール体験レッスン