That is not a good idea!!!〜誘拐されかけた話

子どもを持つ親には心配なニュースが続く。
先日の岡山での誘拐監禁事件は、少女が無事みつかるまで、実にはらはらした。

「はらはら」ではちょっと軽いかもしれない。
このような事件が起こるたびに、実は息が「はあはあ」するくらいになる。
多分、軽いPTSD(Post Traumatic Stress Disorder)か。

Traumaticな経験がある。
小学6年生のある土曜日。
塾帰りの人通りの少ない道で、誘拐されかかった。
親には言っていない。

駐車場のそばだった。
見るからに弱々しい、今思えば25歳前後の男性が、「車が壊れてしまって修理を手伝ってもらえないか」と話しかけて来た。

「だれかがネジを押さえていてくれないと直せない」、と困っているようだった。

当時のわたしは、「しっかりもの」で「気が強い」、自分でもそうまぬけではないと思っていた。
手伝ってやろう、と思ったのが大間違い。

助手席でネジを押さえているわたしの上に、その「お兄さん」が覆いかぶさって来たのである。

そして、はあはあしながら、
「いくつ?」「おふろにはひとりで入るの?」と、始めは恥ずかしそうにだんだん図々しく、車の修理とは関係ない話をして来た。

「こりゃ頭がおかしい人だ」とすぐに思ったが、上から押さえつけられている。
怖い。
「心臓が口から飛び出す」ほど怖くなった。
でも声が出ない。

「ここじゃ直せないから、場所を移る」と言い出した時に、わたしは大決心。
息をため、はーっと吐く勢いで「背負い投げ」。
「お兄さん」がすっ飛んだ。
そのあとダッシュ(短距離は速い方でちょっと自信があった)。

それでもそのときに、「もうひとつ行かなければならない塾がありますから」と、ご丁寧にも言い訳を叫んでいた…。

もう、ばか。

このわたし自身の経験から、誘拐され(そうになっ)てしまう子どもの、少なくともひとつの心理が分かる。

「大人に失礼なことをしてはいけない」「困っている人を助けなければならない」と思う心。

まあ、まぬけだったわりには体が大きく、力で逃げられると判断し実行したのは、冷静といえば冷静だったのかもしれない。
ああ、よかった。
(週明けの月曜日、全校生徒に校長から「へんなお兄さんについていかないよう」と朝礼で注意喚起があった…。)

今、大人になって、親御さんや子ども自身に注意したいのは、いくら利口と思っていて、ニュースも読んでいる「しっかりもの」の小学生で、たとえ6年生であっても、正義感や親切心に訴えたり子どもの弱みにつけ込む大人に、簡単に騙されてしまうことだ。

犯罪心理の専門家の話にも、なるほどと思う。

夏休みだ。
みなさん、『That Is Not a Good Idea』のアヒルのように冷静に、そして「オオカミ」には決してついていかないように。
That is not a good idea!!!

『10歳から身につく問い、考え、表現する力』(斉藤淳著)読後に考えるリードアラウド

 『10歳から身につく問い、考え、表現する力:ぼくがイェール大で学び、教えたいこと』(斉藤淳著、NHK出版新書)を読んだ。

 斉藤淳さんは、ちょっと変わった経歴を持っている。
上智大学外国学部英語学科卒業後、同大学国際関係論専攻博士課程前期課程終了後、Yale大学大学院政治経済学専攻で博士号、それからYaleで政治学助教授になった。それまでに短期間、民主党選出の衆議院議員だったことも。2012年に帰国して、英語と教養を教える私塾を主宰している。

 ー日本の子は「読み書きそろばん」が得意だが、「問う」力が弱い

など、アメリカに留学してわたし自身が思い知ったことが、大きく項目に挙げられていた。
どうしたらその力と、考える力、そして今まさに興味の中心にある「表現する力」をどうつけるのか。

自分のこうした力の遅れを、日本の学校教育を恨みながらも、必死で取り戻そうとした日々。
英語力もないところに、以上の力もなく、特に生物学専攻のわたしは三重苦、四重苦でもがいた。そして、研究者の道で挫折…。

これからの人たちが、そんな苦労をしないで、どんどん先に行くために、どうにかしなきゃ。
とても気になっていた。

著者は、「気になる」どころではなかった。
なんとかしなければという気持ちと、経験からくる手がかりあって、Yale大学助教授をやめて塾を日本で開いたわけだ。

10歳以上の子どもが読んでも、わかることが多いはずだ。
高校生でも間に合いそうだ。
ちょっと学び方を変えてみないか。

受験という「魔物」に取り憑かれてしまう前、または迷いが生じている本人や親御さんに読んで欲しい。

ー受験勉強を目標にしないで、普遍的な価値のある教養を身につけること。
ー本を読むこと。
ー「考える」ための学問作法を学ぶこと。

ー英語については、「話したい」と思うこと。
ー話すには内容も必要なこと。
ー英語を英語で考えるようになると、さらに力がつくこと。

いろいろと共鳴するところが多い。

驚いたのは、「10歳前後の学習法」の章で挙げられている
「腹式呼吸で発声」。
英語を話す前の準備運動として、やっておくといいとある。

リードアラウドでも重視している点ではないか。

英語の音を英語らしくする秘訣みたいなものと、わたしも気づいて始めたわけだが。
「英語は、腹式呼吸で発声し、お腹から声を出し、顔全体を激しく動かしながら発音します」と本文にもある!

そしてこう断言している。
「日本人の英語が通じない原因のひとつは、声が小さいことです」。

また、わたしもよく「NO」と言っている質問、
「ローマ字を習い始めてから英語をやればいいのでは」
「カタカナでふりがなを書いてもよいか」
これらには、著者もノーと、具体的なFAQにも答えている。

本書を通じて理系だけでなく全部の子どもに、読書などによる教養・問題提起力や数学力・英語力を、ますますつけたくなる。
つける手伝いをしたくなる。

パンクのライブに見つけた指導のヒント〜英語絵本リードアラウド

アメリカPacific Northwestの街は、音楽や芸術が身近かにあって、無料のものも多く親しみやすい。

ある日、行きつけの本屋の前の道が2ブロックほど交通止めになって、パンクグループのコンサート会場兼ビール祭り会場になっていた。

すぐ目の前で4人のミュージシャンたちが、ベースが響く元気な音楽を演奏していた。
1時間ほど楽しんだが、途中からあることに気づいた。

双方向的だ!

一方的に歌うだけではなく、リードボーカルがうまく盛り上げて観客にも歌わせたり、叫ばせたり。

観客も叫ぶうちに熱くなる。

また舞台に上げて一緒に歌ったり、舞台を自分が下りて観客に混じって歌うことも。

歌詞を知っている観客がいるか、と尋ね手を挙げさせる。
その何人かを当ててマイクを持たせ、リードさせて、自分たちは他の観客とハモッたり。

手拍子、指サインを指示して観客に出させる。

いろんな、ハンドサインを彼らの方からも送ってくる。
日本の手招きとは反対の向きに掌を上に向けて、4本の指で空をかくようにを動かすのは、「come on(もっと、その調子)」とか。

観客の歌声が小さいと、掌を下に向けてヒラヒラさせて、「まあまあ」。
よければ親指up。

歌詞に「oh~oh~」があれば、両腕で大きく「o」の字を作り揺らす。

「you」の語があれば、観衆をひとりひとり指で指す。

ミック・ジャガーばりに、歌いながらジャンプしたり走ったり、会場を広く使う。
大きく足踏みや、足を踏み出すような動作も、ボーカルを目立たせ、視線を集める。

やっている音楽はガンガンのロックなので、おなじみ「エアギター」(想像上のエレキギターをかき鳴らす)ももちろんあり。

伴奏からボーカルに移るときに、予めマイクを持ってゆっくり歌い出したり、スタンドに立てておいて、唐突にまたはわざと乱暴に取って歌い出したり、緩急、強弱があって見飽きない。

言うまでもなく、ベース、ボーカル、リードギターの3人の視線はレーダーのように周囲270度くらいをカバーして、観客みんなと視線が合う感じだ。

MCをするボーカリストの声は、七変化。
歌うときはもちろんだが、話すときも高かったり低かったり、幅がある飽きないいい声だ。

途中で、勢いあまって、かけていた眼鏡が吹っ飛んだ。
そしたら、「ど近眼」のふりして目を細め、手探りで探すギャグ。

いやはやお見事。

50年以上、第1線でステージに立っているミック・ジャガーが上手いのは分かるが、この若者、長くて10年、もしかしたら5年程度しかやっていないだろうに、この自然さ、自分も楽しんでいる(ように見える)天性のもののような上手さだ。

ステージを教壇に移しても、きっと上手いだろうなあ。

「遮断機ゲーム」〜英語絵本リードアラウド・ワークショップ

7月のワークショップ(WS)課題書は『It’s a Book』だった。

先月の『David Gets in Trouble』はmonologue、今回はほぼDialogue、パソコンが好きなjackass(ロバ男子)と、本の虫monkey(サル男子)の会話で成り立っている絵本だ。

それぞれの台詞を色で分けてくれていることと、monkeyの台詞のほとんどは「It’s a book」と初級者にやさしく、リーダーズシアター(RT)するのに都合がいい。

さて、WS。
いつものwarming-upで、姿勢と発声の確認。
また音域と声の響きを拡大するための練習のあと、voice variables control lesson。
今月は、onomatopoeic words(擬声語)。

大いに表現を楽しめるこれらの単語を、見逃す手はない。
tweet(ちゅんちゅんと可愛らしく)やtoot(プーとラッパのように)を意識的に読む。

こうして、順調にWSを進めていったが、みなさん意外とさらっと忘れてしまったかもしれない、しかし、わたしは未だに引っかかっているところについてremarkしたい。

それは「遮断機ゲーム」。
子どもや観客に話しかけたり、読み聞かせたりしているときに、まんべんなく視線を送る練習だ。

生徒役のみんなは、片腕を遮断機のつもりで上に上げて、指導者役が話している間、自分のほうに注意を注いでくれていないと思ったら、上がっている腕(遮断機)を徐々に下げていく。
視線が送られてくれば、また腕を上げる。

指導者役は、「遮断機」を下げさせないか、下がったらいち早く察知して、その生徒に視線を送ってまた上げさせる。

遮断機が下がり切ってしまったら、アウト。
演劇で使われるゲームのひとつだ。

今回のワークショップでは、指導者役をしたみなさんの大ぶりな、視線を送るしぐさが面白すぎて、それはそれで場を盛り上げて、「まあいいか」とさらりと終わった感がある。

みんなをまんべんなく見回すことは、意識しないと、そして落ち着いていないと、なかなかできないものだ。

しかし、それが習慣化しさりげなくなってくると、なぜか授業がよくまとまるようになったりする。

それだけではない。
もしかしたら、今、RA研修でさんざん悩んでいる研修生の問題点が、ここにあるのかもしれない。

子どもひとりひとりの反応を「広域レーダー」のように察知することが、RA成功の必要条件か、とも思う。

そこで、再認識してもらいたい。
みなさんの「レーダー」は、時として90度くらいしか可動域がない。

これでは、取りこぼす子どもが出てしまう。

何かいいたそうな顔を見落す。
大いに笑った顔を見落す。
表情豊かに読んだ顔を見落す。
どこを読んでいるか分からなくなった顔を見落す。
ひどい場合は、挙手を見落したり、発言を聞き逃す。

これらをちゃんと拾う。
ユーモラスに「つっこみ」ながら、予め用意した「授業計画」と合わせていく。
こうした双方向的な取り組みに、みなさんの「レーダー」の性能をアップグレードする必要がありそうだ。

子どもはattentionが欲しい。

考えてもみて欲しい。
この間まで「赤ちゃん」だったような子どもたちだ。
一家のattentionを、一身に受けていた。

聞き役には慣れていない。
退屈してしまうのも無理はない。

なるべく頻繁に、ひとりひとりに注意を向ける。
「君を見ているよ」と思ってもらうことが重要なのだ。

「レーダー」の範囲は、180~240度くらい。

アメリカのある人気者のstandup コメディアンのショーでは、360度だった。
コメディアンを取り囲む会場で、彼は360度に視線を送っていたのには驚いた。
わたしたちだって、180度+くらいは何とかしたい。

つぎのWSまで
1.頭のてっぺんに紐がついていて、それを天井からぶら下げたような(垂直になった)気持ちで立って、
2.180~240度程の可動域で視線を送りながら、
3.ゆで卵をまるごと飲んだような喉から声で、
復習と予習をしてみよう。

「Futako Pandas」(YouTube名)の正体~キッズブックス英語スクール

リードアラウドの「変化球」として、スクールでリーダーズシアターを指導している。

英語絵本のなかでも、本文が台詞のもの、台詞的なものを選び、子どもたちが役に分かれて読み合うものだ。

そして「シアター」というからには、観客に向って演ずるように読む。

普段の授業には、この「観客」がいない。
そこで利用したいと、生徒たちが挙げたのがYouTube。

取り上げた絵本の素晴らしさを伝える、その本の読者を増やす、作者の名を広める、これらを考慮しつつYouTubeを使って「公演」させて頂くことにした。

今、リードアラウド歴4年の生徒ふたりの「公演」がアップされている。

YouTube名を「Futako Pandas」とした。
YouTubeの検索にこの名を入れると、今日現在は3冊分のリードアラウド/リーダーズシアターが出てくる。

閲覧回数が多いものは、やはり完成度が高いもので、わたしたちとしても自信作。
閲覧者のお目は高い。
今後も、完成度が低いものを垂れ流すようなことは避けていきたい。

こういった絵本のリードアラウド/リーダーズシアターで、自然に、何度も読み方を工夫し練習し合うことが、驚くほど「英語力」を育んでいる。

客観的なreading fluency assessmentsでも示されているのが、心強い。

このFutako Pandasに続く、年少者たちも力をつけつつある。
近々「Futako Armadillo」とかなんとか、グループ名をつけて「デビュー」させたい…。

これら、スクールではどんな感じで学んでいくのか、8月30日の体験レッスンへどうぞ。

8月30日以降は、実際のクラスに混じっての体験も。
お問い合わせを。