『Sing』いろいろバージョン〜キッズブックス英語スクール

スクールの今学期最後は、『Sing』。
親子クラスも小学生クラスも、小中クラスもそれぞれ取り上げた絵本だ。

絵本として読み解釈したあとは、お楽しみな歌唱。

英語で歌うセサミストリート版は、以前のブログで紹介したが、ヒットを飛ばしたカーペンターズが日本語で歌う版がある。
それを見たいという生徒もいたので、こちらに紹介する。

こちらは、作詞家の母語、ポルトガル語。

ピアノが弾けるひとにはこれ。

やっぱりオペラ歌手がいいかなあ。

おまけ。
来学期はこの歌!

『Dry Bones』の本を見ながらでも予習をどうぞ。