小学校で”What’s up?”、どう?〜キッズブックス英語スクール

今時の小学校で、英語授業はどんなだろう。

小学生の英語知識はどんなだろう。

これを知りたいと、近隣(バスと徒歩で40分)の小学校で、「外国語支援員」として関わって1年。

 

いろいろ「支援員」としてできることは何かと考えるが、最近、意識しているのは「英語や英語圏の多様性を示す」こと。

 

担当している小学5、6年生の教科書は、光村書店の「Here We Go」。

限られた授業数と、いっぺんに教える生徒の多さ(35人前後)が前提条件だ。

 

そのような条件で、教科書の作りは思った以上に工夫されているが、「こうも言うが、これでもいい」という語学にありがちな多様性まで、文科省の指導要領にも縛られているのだろう、深くは踏み込んでいない。

それでも、生徒たちが「あーだ」「こーだ」と言える場なら、発言を拾いながら教科書以外の表現や、巷で耳にする「英語」と関連づけることもできそうだが、発言が少ないという日本人の特性(?)と1クラスの人数の多さと限られた授業数で、そうもいかない。

 

「支援員」になって1年経って、教科担当の先生とのゆるやかなチームワークも取れてきた昨今、わたしが代わって「あーだ」「こーだ」と、時々口出しをさせてもらっている。

 

その一例。

授業冒頭の挨拶、ほとんどいつも、どのクラスも、同じパターン。

飽きる。

 

昔も日本人の「英会話」はワンパターンだったが、最近ちょっと変わったのは、

How are you? の後に、

I am sleepy やら I am hungry. 

が聞こえる。

 

…ま、いっか。

I’m fine, thank you. のワンパターンより変化がある?

 

でもそれもパターン化したある朝、ひとりの生徒のTシャツに書いてあった

What’s up?

を見て、「変化球」を投げる気になった。

 

いつもは、How are you? だったところに、

What’s up?

 

教室はシーン。

無論、What’s up Tシャツを着ている生徒も、シーン。

 

「How are you?を、いかにも言いそうな時に、What’s up? ときたなら、どんな意味だと推測する?」

このヒントで、

I’m good.

と答えた子が数人。大変よろしい。

 

「仲間同士なら、これもありだね」と、「仲間同士」を条件とすることと、釘をさす。

 

英語のいろいろを教える、小さな一歩でした。

 

カジュアルな、仲間英語が学べる『Yo! Yes?』

歌舞伎で思う「声は基本」〜リードアラウド研究会

趣味と実益を兼ねて(兼ねているかな?)中村吉右衛門一周忌ご追善公演(13回目秀山祭)を歌舞伎座で鑑賞した。
 
出し物は、「仮名手本忠臣蔵」の祇園一力茶屋の幕。
 
47人の元家来たちと主人の仇を取ることを秘密裏に企てている大星由良助は、周囲に悟られないようにお茶屋で遊び呆けているフリ。この役を仁左衛門。
 
そこに仇討ちに参加したい、足軽の平右衛門が登場する。これを海老蔵が演じる。
 
う〜む、わたしが海老蔵だったら、演じながら悩むなあ。
 
声が通らないのである。
声帯が開放されていないように聞こえる。
 
へんに噛み殺してしまう癖、どうしたら直る?
奥歯を噛んで口を後ろに引きすぎか。
ときどき、やけのような大声でがなる感じだ。
 
中堅の役者、それも大名跡を継ぐという恵まれた「生まれ」の役者なのにだ。
 
よけい辛いな。
 
声への不満だけでなく、演技があざとい感じで、途中で食傷気味になる。
足軽らしさを演じてはいるのだが、飽きが来る。
 
リードアラウドでときどき注意する、「クサさ」と共通するかな。
 
役者としての脚本の理解が、表面的なのかもしれない。
周囲には、素晴らしい先生、先輩役者がいっぱいいる(いた)のになあ。
 
ただし、顔は凄くメリハリがある。
(好きではないけれど)舞台映えするよくできた顔だ。
これも歌舞伎の「才能」だけれど。
 
声も演技も、自分で直す気にならなきゃ直らないだろう。
せっかくの「生まれ」と「才能」なのだから、頑張って欲しい。
 
さて、今回のこの演目の主人公は、大御所、仁左衛門。
 
お年は70歳すぎているのに、声がツーン、カーンと通り、心くすぐるニュアンスが、そしてメリハリがある。
 
台詞を聞いていても、飽きがこない。
嘘と誠の内容が、くっきりわかる。
 
愛嬌もあり、47人が仇討ちについていくリーダーシップにも、説得力がある。
 
おまけに、どんな角度で見ても姿形がよく、ミーハー的にも惚れ惚れする。
 
 
ああ、これが人間国宝!
その声、姿、台詞、鍛錬しているのだろうなあ。

英語絵本で大人に表現力、語彙力、読解力〜キッズブックス英語スクール

大人英語セミナー」を長いこと続けている。

長い夏休みを終えて、久しぶりのレッスンで気づいたこと。

受講生の英語が上達している!

 

これに気付けて、長い休みも悪くなかったかも。

 

さて、どう上達しているかというと……

 

  1. 初見で大まかな意味がわかるようになった

特にノンフィクション系の文章は、ふむふむと、意味がとれる。

受講を始めた頃(5年くらい前?)には、物怖じのようなものを感じたが、そんなものがなくなり、「読んで分かるはず」という自信ある態度で、落ち着いて大意を語れる。

レクサイル指数で言えば、800~900Lの、ハリーポッター程度の文だ。

 

自分でも「読めるようになった」感覚があるそうで、理由は「意味がわかる単語が増えた」とのこと。

 

 

   2. 声に出して読んだ時のfluencyが、アップした

練習では、係り受けを考え、プロミネンス(強調)やリエゾン(言葉と言葉の繋ぎ)を意識してリードアラウドするのだが、初見でもツボを押さえられるようになった。

 

正確に読み上げることを目的とせず、「語る」ように表現豊かに読むのが目標だが、本セミナー受講生の英語からは、その方向性がわかる。

聞いていて長く感じた文が、近頃は短く感じ、そのうえ文の意味が聞く人の頭に入ってくる。このことは、読み手が読解できているということだろう。

 

 

本セミナーは、10回で1クール、1回90分、ほぼ隔週のレッスンで、じっくり2冊学ぶ。

1冊は言葉が少なめの絵本で、少ない言葉で表現をみっちり練習する。いわゆる「読み聞かせ」る力が、特に磨かれる。

もう1冊は言葉が多め、文章が難しめの、英語圏の小学生中学年程度以上を対象にした絵本。係り受けを意識し、聞いて理解しやすく、語りかける読みを目指す。

9月末からの10回では、

『Not a Box 』と、

『Grandfather’s Journey』を取り上げる。新規のご参加をお待ちしています。

 

何度も読んだ『The Happy Egg』で新たな発見〜リードアラウド研究会

長年のリードアラウドで、それぞれ差はあるけれど一冊の絵本を、練習やレッスンで何度も何度も読んでいる。

それでも、あるとき急に、絵本の新たな解釈が湧き上がることがある。

先日、久しぶりに『The Happy Egg』『大人英語セミナー』のレッスンで読んだときも、そんな体験をした。

 

『The Happy Egg』は、本文がシンプルで、多くを語っていないため、特に解釈が難しい本だ。

以前から疑問に思いながら、質問が出ないのをいいことに、そのまま思考停止していたことがあった。

登場する白と青のトリについてだ。

絵本の内容を一言でいうと、白いトリが青いタマゴを温め、(青い)ヒナがかえるという話になる。

疑問は、「なぜ白いトリが温めた卵から、青いトリが孵化するのか」「自分のタマゴでないのに、温めてあげた?」ということだ。

 

いやー、疑問のままにしておいたのが恥ずかしくなる。

これ、自然界に実際にある、托卵という現象だろう。

トリが違う種のトリに自分の卵を託す。託されたトリは、ちゃんと温め孵化させるという自然界の不思議だ。

 

白いトリは飛べないが、青い卵から孵ったトリ(ムクドリ?)は空を飛べる。

白いトリは、何日も座って卵を温めかえったヒナが飛べるようになると一緒に喜ぶ。

作者は、自分ではなく他者のための行動、利己主義ではない行動をとることで、他者だけでなく自分も幸せになるという大きなテーマを描いている。

It could someday sit on other happy egg.

という最後の文を、幸せが繋がっていくと解釈できれば、この一文の読み方や表現方法が変わるだろう。

絵本のリードアラウド、飽きることがないなあ。

 

The Happy Egg

 

大人英語セミナー 絵本の朗読で英語を学び直す

『Where the Wild Things Are』はリードアラウドの定番、今年もオンライン講座で〜絵本リードアラウド認定講師講座

 

Maurice Sendakが本書『Where the Wild Things Are』を世に出したのが、1963年。

ちょうど20世紀が半分余り過ぎたころだ。

 

それ以前の絵本、それは民話だったりおとぎ話だったりで、おおよそは大人の世界からみて都合のよい子どもにするための躾(しつけ)を主目的としていて、そのような絵本を見慣れた目には、さぞかし驚きだったに違いない。

 

何に驚くか。

だいいちに、主人公が「悪い子」だということ。

夕食前の忙しい時に、いたずらをするは、お母さんに酷い口答えはするは、癇癪を起こすはで、ついに夕食抜きで自室にこもる。

でもそんな子に本書は、これまでの本のように「子どもはそうであってはいけない」というメッセージを込めてはいない。

「こんなこともあるよね」と、主人公みたいな(実は珍しくない)子どもたちの側に立って、空想の世界を作りそこで自由に遊ばせて、自分で物事を見極め決断することを許してくれる。

 

読んでいる子どもがほくそ笑んだり、時には我が事のように照れたりもする、これまでどの大人もかかなかった、子ども自身の世界の一端が描かれている。

 

本書が出版された当時、子どもに悪影響を与えるからと、いくつもの図書館で「禁書」になった。

それにもかかわらず、世間では大きな話題と人気になり、その年の米国絵本の最高栄誉、コルディコット大賞を受賞した。

 

心理学者たち(特にユング派)は本書に、

子どもの恐れ、怒り、愛などの「潜在意識」や「無意識」が描かれていて、

子どもがこれを読むことで自分の感情を客観的にみて、処理する助けになるだろう、

などと絶賛し、多くの論考も続いた。

 

「20世紀の絵本の金字塔」ともいわれ、数々の機関の選ぶ「絵本名作100選」のようなリストには必ずその名がある絵本である。

 

たとえ英語がまだあまり読めずとも、迫力と愛嬌のある絵とダイナミックな構図にまず子ども心は惹かれる。

 

その魅力を生かし、また最低でも「ぶち壊さない」ように、子どもに読むにはどうしたらいいか。

ひとりでも多くの大人にそれを考えてもらい、練習をつんで、子どもに読んでやったり、一緒に読んで楽しんでもらいたい。

 

 

リードアラウドをするものとして、はずせない一冊だ。

ということで、今夏も「絵本リードアラウド認定講師講座オンライン」の課題書になっている。