絵本リードアラウド認定講師講座第六回報告:その1〜リードアラウド研究会

リードアラウド史上、一番二番を争う「多弁」な本が課題だった。

まずは、出席者の予習での努力に敬意を表したい。みなさんは、間違いなく今、一段階上のステージに立っている。素晴らしい!

みなさんは、読み間違え、読み落としはほぼゼロ、せいぜい、つっかかりが少々残るだけの仕上がりに仕上げてあって、まあ期待通りではあるが、その期待値が高かったのにクリアしていたのは見事。

さて、プロはここから、磨くのである。

比較的簡単に朗読に深みや立体感を与えられるvocal variableは、pitch。声の高低だ。自習していると声域が狭くなる傾向がある。

そこでhighはhigherに、lowはlowerに少しでも広げること。そして高中低のブレンドをもうすこし変化に飛んだものにすること。

目標は文意や解釈に即した高、中、低音が心地よくまじった文だ。そのときの低音は、あくびゆで卵発声を思い出し、深く響かせるようにする。

それからもう一つ。

ナレーションとthe Grinchの区別が全般的に物足りない。もっとくりっと両者に差を出すためにも、pitchを変える、volumeを変える、台詞の直前に短い間を入れるなどの、工夫が欲しい。

ナレーターがいる空間と、the Grinchがいる空間は別物だ。違う空気感とでもいうものを、息、発声を駆使して表現して欲しい。

次回までの課題は、グリンチの台詞の際立たせ方か。(つづく)

語数の多い英語絵本の予習〜リードアラウド研究会

あと数日に迫った認定講師講座第六回、課題書は語数がこれまでの最大級の『How the Grinch Stole Christmas!』だ。

最初はただただ読むこと、と先日のブログに書いた。あれから読み続けていたら、今頃は、気になる語彙が出て、それだけでなく、だんだんともっと気になって気になって仕方なくなって来たのではないだろうか。

なんども読んでいるうちに、内容が頭に入ってくるのだが、少し不案内な単語があると、そこで読むのをつっかえたり、表現がなくなったり、間があいたり…心あたりはないだろうか。

たとえば、he snarled with a sneer. (p.15)とあって、読めるが今ひとつ表現が決まらない。その直前のthe Grinchの台詞は、sneerを浮かべてsnarlしたいのだが、どうするのか迷う。sneerがどういう笑みなのか、トゲトゲしくというsnarlはその笑みを浮かべながらどう言ったものか。

実際に「あのときのあれだ」と思い当たる英語での経験がないと、身体がついてこない。そこで、頭で想像して作らないといけない。これが難しい。でも重要だ。読み手があやふやだと、絶対に聞き手には意味が伝わらないのだ。

こういう個々人の不案内な語彙を、しらみつぶしにつぶしていくのが、予習の第二歩だと思う。

おそらく、この辺でみなさんは時間切れかな?

15日を楽しみにしています!

英語2~3年生の伸び方~キッズブックス英語スクール

半年に一回、Reading Fluencyのアセスメントを生徒に行なっている。

早いもので、また半年が過ぎた。

全員がG1(北米の小学1年生)以上のpassage(問題文)が使えるようになった。

1分で正確に読める語数、読んだ語の正確度は、確実に伸びた。スクールで学んだ年数にほぼ比例しているのも、当たり前といえばそうだが、やはり興味深い。

いろいろいい変化はあるが、英語を始めて2年以上の生徒についての一番の変化は、読むときに緊張して硬かった表情が、和んできたこと。ときには誇らしげ。そして、指導者が読むのを聞く場面では、始めた頃の英語を聞いても何も頭に浮かばない「真っ白」という表情がなくなった。何かがひらめいた瞬間瞬間の知的な目の動きが観察できたのは嬉しい。

アセスメント用の文章を読み聞かせたあと、「今、聞いた話で覚えていることを話して聞かせて」と読解の程度をみる。この質問では、励ますとぽつぽつ書かれていたことに関する言葉が出てきて、内容理解が少しずつ進んできた。たいへんな進歩だ。

実際の学年は小学校1年生と2年生の生徒たち。週1回程度の英語を始めて2~3+年で、ゼロからここまで力をつけられて素晴らしいと思う。

1年ほど前から、少し比重を増やした語彙学習も、語彙力アセスメントが2〜3ポイントアップにつながったのかなと思う。

これから次の半年の目標は、特にsight wordsの完成がまだの生徒はその継続と、課題書とミニブックをより表現ある読み方に導くこととする。

「表現豊かに読めること(fluent reading)と、読解力には確かな相関がある」というのは最近の研究でも確かめられた。ただ読み下せてよしとせず、読解に基づいた表現を指導したい。

毎レッスンが指導者にとってのチャレンジ!

認定講座の課題書予習法~リードアラウド研究会

9月のリードアラウド認定講師講座の課題書は、ちょっと文の量が多いコレ!

早くもクリスマス準備である。本書は英語圏で「クリスマスと言えば…」とすぐに挙げられる大ロングセラー。だけれど、凝った英語のrhymingが満載の原書の楽しさが、翻訳では伝わらないようだ。日本での知名度や読まれる機会はあまり高くない。

日本人の、いくら英語ができる人でも、本書の味をうまく伝えるのには、ちょっと骨が折れるかも知れない。英語がうまくこなれていないのに、おまけに英語の初級者である子どもたちに読み聞かせても、よさが伝わらないだろう。

そんな、おもいっきりチャレンジングな絵本を選んでみた。この本、どう練習しようか。

昨年度の講座に参加していたベテランは、『Crow Boy』を思い出して欲しい。あの努力だ!あれができたのだから、これもできるはず。

ベテランだろうが新人だろうが、まずは、ただ読む。表現のまずさなど気にせず、まず読む。最初から最後まで、集中力とdecoding力がこれで養われる。間違わずに読むこと(decoding)は、プロとして最低限の矜持。何度も読むにつれ、苦手な語がこなれて自分のものになっていくのを経験的に知っている。

愚直に、だまされたと思って今日から毎日1回でいいので通しで読もう。1週間も経つと、自然に次の段階が見えてくるものだ。

その頃に、また次の練習方法をお知らせしようと思う。

小学生クラスとscrabble game〜キッズブックス英語スクール

英語圏で子どもから大人まで親しまれているボードゲーム、scrabbleを、小学生のクラスで少々取り入れてみる。

このゲームは、英語を母語としない学習者には、どんな効果があるのだろう。考えてみた。

まず、すぐに思いつくのは、新しい語彙との出会いの場となること。英語が自由に使える人が一緒にやると特に効果的。知らない単語がちょくちょく登場する。そのたびに、さらっと意味を教えてもらう場にもなる。

つぎにspellingの練習になること。自分が並べる単語のspellingだけでなく、挑戦相手の並べる単語をつど目にすることになる。また特典のために、間違い探しもする。授業で習ったものを使うときにボーナスポイントなどつけるのも効果的だろう。

単語のなりたちに気づく機会にもなる。たとえばeasyと綴ったところに、unだけ加えれば6文字単語分の得点がもらえる。breakにableをつけてbreakableなどにもなる。ingをつける、sをつけるなど文法につながる語尾変化にも注意がいくようになるだろう。

英語で数字を足して合計を出すのに慣れて、自然に英語で数字を考えられるようにもなるようだ。

そして最後に素晴らしいのは、辞書を使う機会を作ってくれること。ただ「辞書で調べなさい」では一向に手が伸びない生徒も、得点のために一生懸命辞書を引くようになるのは驚きだ。

さあ、わがスクールの小学生は、どこまで食いついてくれるか。