絵本リードアラウド認定講師講座2021 第2回報告その1~『The Bad Seed』

2017年に発刊後、New York Times ベストセラーになり、続編も刊行中という今時の絵本、『The Bad Seed』が今回の課題書だった。

認定講師講座の選書で心がけていることのひとつは、古典的名作でノスタルジーに浸るだけの「絵本おばさん」集団にならないこと。

とか言っても、本年度は『Blueberry for Sal』も『Big Red Barn』も『Swimmy』といった古典的名作そのものも課題書にリストアップされていて、それはそれで旧来の「読み聞かせ」のパターン的な読み方にはまらないで、新しい、our wayで学んでいく。

さて課題書は、英語のA bad seed(鼻つまみ者)という慣用句から、文字通りに悪い種を主人公にしたところで、もうそのユーモアに期待をしてしまうが、あるbad seedの半生記である。

そろそろ認定講師のみなさんなら、物語によって語り口を変えること、登場人物の会話部分があれば、そこはなるべくリアルにすることなどを、あらかじめ自習時に考慮して練習してきている。

とはいえ、主観と客観は別物で、自分ではそのつもりになっていても、そうは聞こえなかったりすることも、たびたび起こる。

本書のナレーションが、たとえば「むかーしむかし」とマザーグースを語るおばあさん風だったら、子どもはどう思うだろう。そんな想像力も持ち合わしたいものだ。

「カビ臭い」「加齢臭」「眠くなる」…

など、子どもは手厳しく酷だ。子どもに迎合はしないが、本書のように今の子どもの感覚にも合いそうな場合は、こちらもフットワーク軽く新感覚、たぶんリアルな感じとでもいうのだろうか、そんなふうにも読めるようになりたい。

ナレーターは、badであることをことさらひけらかすようなseed自身だ。少なくともおばあさん声では、違和感があるだろう。また、昔のNHKニュースアナウンサー風でもないだろう。

参加者同士で聴き合って、まずはこのナレーター、the bad seedの声について、いろいろ気づきたい。

みなさんも他人の朗読を聴いたり、ディスカッションや表現演習することで、、The bad seedの性別やおよその年齢、生い立ちや性格などを考え、だんだんと人物として特徴が浮きあがってきたようだった。

またこの種くんは、ただ単純に悪さをし、それを正当化するという輩ではない。反省も将来への希望も持つことがわかってくるにつれ、不思議と読みに深みが出てくるところが、表現の面白いところだ。ニュアンスが出るわけだが、これが大人よりまだ感覚的な子どもに響いて、読解に繋がるわけだ。

(つづく)

参考に、「今日(きょうび)のread aloud」:『The Bad Seed』

 

キッズブックス英語スクール〜新年度スタート

新年度が始まった。

春休みを挟んで久しぶりの生徒たち。こちらの気持ちは、もうほぼ孫に会うおばあさん?!

これまで教えてきたのだから、できて「あたりまえ」のことなのかもしれないが、英語で知っていることが増えた生徒が、こちらの質問にどんどんと正解を出すことに、愛想を崩してしまう。

 

What did you do today? など、冒頭のご挨拶会話で尋ねるとき、ついこないだまで、

“Park!” と、ぶっきらぼうに言っていた生徒が、

“I went to a park” と答えるなど、文章で答えるようになった。

 

驚いたのは、英語圏G2用のGrammarの[statements & questions]で、難しいだろうと思っていた文構造。

ばらばらの単語カードを並び替えてstatementにもquestionにも変えられるようになっていた。

とくに感心するのは、中学で英語を始めた「旧人類」のわたしが、馬力で規則を覚えてやっとできるようになったことを、すらっと「なんとなく」できてしまう点だ。

 

まあこれは、実は指導者としてリードアラウドでがんばってきた点でもある。英語母語者に近い英語の学び方を、生徒にさせてきての現象だろうと思う。

頑張ってやってきたことのいくつか……

本を読ませる。何冊も。また何度も。

文字を意識させながら読ませる。

表現をつけて読ませることで、英文を感情を伴った言葉として記憶の深いところに刻ませる。

 

さあ、ここまでついて来てくれた生徒諸君!あとは、さらなる文法的理解と、語彙!!そして、英文を読むスタミナ作り。

今年度も、実りある年度にしようね。

2021年絵本リードアラウド認定講座第1回報告〜リードアラウド研究会

課題書だった『But Not the Hippopotamus』

は、押韻がネックとなって日本語訳がないようだ。そのせいもあって、あまり日本では知られていないが、英語圏ではもう30年以上も人気のロングセラー。

本年度の認定講座では、みなさんのリードアラウドを、吸引力というかエネルギーを、より強く発するものへと、磨きをかける心算だ。

今回、指導の演習では親子を対象としたが、その成功の秘訣は親御さんの感情を、わたしたち指導者が少しでも解放できるか、にかかっている。

そのことを、再確認した。

そのために必須のwarm-upは、いつものword ball。指導者がエネルギーをみせる最初の場面だ。「マネてください」と言っても、小さいふりになるので、こちらがいつも以上にふりを大きくしなければならない。

さてそれから、この本を手にした親御さんたちが、指導してもらいたいと思うことを考える。

今時の親御さんは、どのへんまで「わかっいる、指導はいらない」と思っていて、どこから「指導して欲しい」のか。

そこのところの線引きも微妙で、わたしの経験からの境界を伝授した。

「簡単だ」とパパやママが思っているところを、くどくどわたしたちが説明したら、うるさい。でも実は「ココ、どうするの」というところを外したら、集まった意味がない。どう何気なくご指導するか、そこもコツである。

 

まあ、こんなところを話ししたが、実は、わたしたちの圧倒的な表現、素晴らしいリードアラウドを聞いていただいて、「おお、これはプロだ」と思っていただけると、その場の空気が違って、とてもやりやすくなる。

では、本書ではどういう読み方が「プロ」と思っていただけるだろう?

 

レジュメにも書いたが、最近の2年間、ずっとわたしは言っているつもりだが、まずは本文が「だれの声」なのか、をしっかり理解して読み分けることが、第一歩。

そして次は、場所によって「異次元的な」声をだすこと。(発声の基礎固めが必要)

 

本書は、ナレーターが語っている形なので、そのナレーターはどういう人か、を考える。

 

ナレーターの正体は、ごく普通に考えると、動物たちやカバを暖かく見守る、保育者やそのようなタイプの人だろう。認定講師2,3年生以上の人なら、まあ楽にこのタイプのナレーターになれそうだ。

ではベテランなら?

そろそろ、そういったベテランのみなさんにはお馴染みの「狂言回し」「トリックスター(trickster who exhibits a great degree of intellect or secret knowledge and uses it to play tricks or otherwise disobey normal rules and defy conventional behavior. )」で演じて欲しい。

「イメージがわかない」という意見があったので、いくつか次のような例をあげたが、なにぶん昭和の人間なので、例が古かったかもしれない。

  1. 黒澤明監督の映画『乱』の、主人公仲代達矢さんにくっつく小姓、ピーター(池畑慎之介)
  2. 『秘密の国のアリス』のウサギ
  3. シェークスピア『真夏の夜の夢』の妖精のパック
  4. Charlie and the Chocolate Factory』のMr. Wonka(Johnny Depp)
  5. 『長くつ下のピッピ』のPippe
  6. 日本の民話に出てくるカッパ

など。挙げたらキリのない、ひとつの典型的キャラクターだ。

共通しているのは、個性をgreat degreeに出していること。エネルギッシュ。

台詞に力が必要だ。ぬるっと「But not the hippopotamus」と言っていてはだめだろう。

この日、初っ端の「朗読1」と、しばらく演習した後の「朗読2」を比べた。

おお。

意識改革で、すっかり様相が変わった……。

 

特にアニメ『Lion King』のZazu(hornbillというトリ)をイメージしたリードアラウドが、まったく最初のものと様変わりしたAさん。声にも力が入り、血が通う読みになっていた。素晴らしい。

こういうように、短時間で表現が豹変し、心に伝わるようになる現場にいあわせると、わたしたちは実に人間らしい営みをしていて、それはしみじみとした喜びにつながるのだなあと、思えてくる。

そして、特にリードアラウドの喜びには「おまけ」があって、自分だけでなく他人の喜びにも繋がることが、これまた嬉しい。

ああ、まだまだ続けたい!

 

 

2021年度絵本リードアラウド認定講師講座スタート〜リードアラウド研究会

新年度スタート!

とはいえ、いつもより1週間早かったこともあり、年度末の忙しい時期と重なったためか、おやすみ続出で残念でした。

そこで、今回の課題書『But Not the Hippopotamus』のポイントを、お休みしたみなさんにも自習していただきたいので、一部挙げておきます。もちろん、参加したみなさんも、復習としてぜひ。

次回、みなさんのより磨かれたリードアラウドを聞かせていただくのを、楽しみにしています。

【ポイント】

・サビ(?)の「But not the hippopotamus」が5回出てきますが、5通りの言い方を考え、効果的に配置する。

・オチの「But not the Armadillo」がちゃんとオチになる表現をする。

・「Hey, 〜」と動物たちがカバの方を向いて声をかけるところ、きわ立てる(異次元的な声)。

・登場人物の運動速度にそった、緩急をつける。

・ナレーターをふた通り設定して読み分ける。

1. 動物たちをよく知る保育士タイプのひと。暖かい目で見て、少数の親しい聴衆に語る。

2.狂言回し、トリックスター。コメディアンのエネルギーをもって、大勢の未知の観衆に話して笑わせる。

以上。

 

今期は、指導力もさることながら、表現者として技量と自覚を持って、さらにみなさんと高みを目指したいとわくわくしています。そして、状況がゆるせば、発表の場も作りたいなあ。

またご一緒に、どうぞよろしくお願いします。

大人の英語絵本リードアラウド@カルチャーセンター

新宿にある生涯学習センター(朝日カルチャーセンター)で、小さなクラスを持たせてもらって、もう5年になる。最近はコロナのせいで、オンライン授業が続いていたが、春期からは対面に戻れそうだ。

このクラス、大人の英語学習という観点からすると、他のクラスよりきっと例外的に受講生の進歩が早いのではないだろうか。語学学習で「Younger is better, older is faster」と言われることがあるが、みなさん「Older is faster and better」で驚いてしまう。

The Little Mouse, the Red Ripe Strawberry, and the Big Hungry BearThe Foot Book

最近終わったばかりの冬期クラスでは、『The Little Mouse, the Red Ripe Strawberry, and the Big Hungry Bear』『The Foot Book』2冊のリードアラウドを磨いた。

ここのみなさんの素晴らしいところは、学んだ新しい表現方法や、講師のわたしや仲間に指摘を受けたもっと磨けるポイントなどの課題を、次回までにかなり仕上げて来ることだ。

例えば、『The Little Mouse, the Red Ripe Strawberry, and the Big Hungry Bear』では、ナレーターを、何人かの異なったキャラクターに設定して読むという演習をした。

『不思議の国のアリス』の主人公アリスのような少女をナレーターにしたSさんは、最終回のプレゼンで、アリスがすっかり板について、ほとんど違和感のないアリスが浮かび上がった。あまりに見事だったので、どんな練習をしたか尋ねると、イメージを染み込ませるためにディズニーアニメの『ふしぎの国のアリス』 を見て研究したという。

Tさんは、一度、アガサ・クリスティーの推理小説の主人公ミス・マープルで仕上げたが、これまた見事だった。柔和で、おちゃめなおばあさんが、登場したようで引き込まれた。

『The Foot Book』は一見、反対語を集めた教本のような作りだが、そのまま教本として読むのはもったいない。まるで単語カードを読んでいるようで、まったく面白さがわからない。実際、作者Dr. Seussは、「つまらない教本」のパロディを狙ったのだろう。

ところが……。

よく読むと、人やものの多様性を賛辞するいい話ということに気づく。そこから、リードアラウドが変わって来るべきなのだが、なかなかその域まで、表現に変化をつけられる人は多くない。

が……。

このクラスのみなさんは、しっかり笑えるコントのような仕上がりに。

Hさんは、几帳面に、反対語のひとつひとつの表現を大きく変化に富むよう工夫して、印象を強めた。ひとつひとつの単語がぴちぴちしていた。言葉を対比し、三段落ちで笑わせる場面では、ちゃんと三番目でオチていた。

こう読んでほしいと講師が求めた模範的な仕上がりになった。

といっても、わがクラスは、そこで終わらない。さらなる自習の課題は、その調和をやぶるプラスアルファを考えて、聴衆を笑わせること。

これは、手強い。言うは易く行うは難し。講師もぼちぼちしていられない。

※朝日カルチャーセンター新宿校「声に出して読む英語絵本」春期講座は4月8日から