コロッケさんを見て『マネる技術』をまねる!〜英語絵本リードアラウド・ワークショップ

英語の先生方や読み聞かせをする大人のみなさん、そしてリードアラウドを取入れて下さっている英語指導者のみなさん。
生徒や子どもたちを楽しませるには、まず自分が楽しまなきゃ。
そのためには、リラックス。

最近読んで感心したのは『マネる技術』(講談社+α新書)by コロッケ。
以前、腹話術のいっこく堂さんに感心したが、今度はものまねタレントのコロッケさんだ。
ひとりで芸を磨く芸人の知恵や修行は、先生の技術に役立つことが多い。

コロッケさんに学べる具体的な技術としては、表情筋の動かし方。
コロッケさんは、表情筋を縦横に動かす顔まねで、あっという間に別人になる。
表情だけでなく、しぐさのまねも素晴らしい。

もちろん、先生がこれらをしよう、というのではない。
ただ、観客として楽しむだけでなく、楽しませる側からも見てみようということ。

それにしても、コロッケさんの芸ときたら。
それぞれの対象のエッセンスを抜き出して、いいテンポで出し、さっと抜く加減が絶妙だ。

「エッセンスを抜き出す」のは、コロッケさんの優れた観察眼によるところが大きいが、つまり才能だが、一般人でもある程度は養える。

作者が精魂込めて作った絵本を観察する。
少しの見落しもしないつもりで、じっくり文と絵を反芻するように読み、見る。

教室や、読み聞かせの会場での生徒や観客の反応を、全身をレーダーにして観察。
そして反応する。

コロッケさんの才能のもうひとつ、「いいテンポ」については、自己分析によれば、どうやら彼のなかの「子どもっぽさ」のおかげらしい。
いたずら心。そして飽きっぽさ。

コロッケさんの芸の中には、「子どものいたずら心+大人の観察眼」からくるアドリブがたくさん。
そして、それは「飽きっぽい」自分が楽しめるものであると同時に、飽きっぽい観客(子ども)にも楽しめる。

芸人ほどの才能はなくとも、努力でアドリブはできる。
知識の「引き出し」を増やすことだ。

英語の指導をするまで英語を修めたみなさんだ。
飽きっぽくない性格が、かなり勝るほうだろう。

それなら、「子どもは飽きっぽい」ことを胆に命じ、眼を光らす。
観察することで飽きていそうな子どもを、つどマークする。
見つけたら反射的に「引き出し」から何かを出して、気を惹く。

「英語、英語絵本は楽しいよ!」
この気持ちを子どもに届けるため、こんな「芸」を磨いていこう。

あ、それからやはり、表情筋の「筋トレ」は必要かも!
英語は、「自然に読む」と表現が豊かになる言語なのだ。

さあ、鏡の前で、五木ひろしさん→岩崎ひろみさん→森進一さんの顔の練習始め、なんて!?

Fortunately, スクール生が読んだ〜Remy Charlipの名作絵本

『Fortunately』をスクールで読み(リードアラウドも)終えた。
1929年アメリカ生まれの作者Remy Charlip はユニークなひとだった。
絵本作家としてだけでなく、作家、振り付け師、ダンサー、舞台監督、デザイナーとしても活躍した。

こんな舞台もビデオに残っている。

キッズブックス英語スクール「四年生」のリードアラウド・グループ、Futako Pandas。
先日は、『We Are in the Book』をyoutubeにアップしたが、

第2弾は、Remy Charlipの『Fortunately』。
1964年に初版が出て、以来、ロングセラーの名作に挑戦した。
モノローグで、Futako Pandasのうち、Aがリードアラウドした。

後半からぐんぐんよくなるので、最後までとくとご視聴を。

Voiceでも惹き付けよう〜英語絵本リードアラウド・ワークショップ

リードアラウドのワークショップにある2本柱、朗読力と指導力。
その朗読力を高めるために、本年度は声のvariables(volume, pitch, quality, rate)の制御というものも練習している。

なかなかリードアラウドが上手くいかないとき、「指導力欠如」を疑うかもしれない。

しかし、かなりの部分、話し方と朗読そのものにも原因がある。
つまらない、単調に聞こえる話し方や読み方をしていないか、自己チェックをしてみよう。

6月のワークショップでも感じたのは、みなさんのpitchの制御力に努力の余地があるということ。

説得力のあるアメリカのプロコーチ、Roger Loveさんによるpitchについて、分かりやすいビデオがある。
彼自身の話し方は、最高のお手本でもある。じっくりどうぞ。

そしてvolumeについて。

歌うようにSpeakするということについて。

おまけ。「えー」「そのー」「あのー」などの言葉について。
日本の多くの大学の先生(今は上手かな?)にも、Rogerのレッスンを取って欲しい。

『Frozen(アナと雪の女王)』の考察〜女の子のこれから

すっかり人気が定着したこの映画。
こんな評論が書かれ、それが掲載拒否までされていた。

まず、この評者、中森明夫さんはアナと雪の女王をこう見立てた。

「雪の女王エルサと妹アナは、見かけは姉妹だが、実は一人の女の内にある二つの人格なのだ。あらゆる女性の内にエルサとアナは共存している。雪の女王とは何か? 自らの能力を制御なく発揮する女のことだ。幼い頃、思いきり能力を発揮した女たちは、ある日、「そんなことは女の子らしくないからやめなさい」と禁止される。傷ついた彼女らは、自らの能力(=魔力)を封印して、凡庸な少女アナとして生きるしかない。王子様を待つことだけを強いられる。それでも制御なく能力を発揮したら? たちまち魔女と指弾され、共同体を追放される憂き目に会うだろう。 」

(ふふっ。やっと、やっと、テーマとして取り上げられることになったな)

何人かの「雪の女王=アナ」の例が挙げられる。

松田聖子、松たか子、小保方晴子。
「『STAP細胞はあります』は小保方のLet It Go だったのかもしれない」

挙げられた「アナ」のひとりで、恐らくそのことで掲載拒否をされたのかと思われるのが、雅子妃殿下。

「小和田雅子氏は外務省の有能なキャリア官僚だった。皇太子妃となって、職業的能力は封じられる。男子のお世継ぎを産むことばかりを期待され、好奇の視線や心ないバッシング報道にさらされた。やがて心労で閉じ籠ることになる。皇太子殿下がハンスのような悪い王子だったわけではない。「雅子の人格を否定する動きがあったことも事実です」と異例の皇室内の体制批判を口にされ、妃殿下を守られた。同世代の男として私は皇太子殿下の姿勢を支持する。雅子妃は『アナと雪の女王』をご覧になったのだろうか? ぜひ、愛子様とご一緒にご覧になって、高らかに『レット・イット・ゴー』を唄っていただきたい。」

(ううむ。御意)

今、まだ少女のみなさんに、ぜひアナのように、自己解放をしてもらいたい。

「魔力」を持つ少女たちのお母さん!
『Let It Go』の英語の歌詞をいっしょに追いながら、「こんな生き方、いいわね」なんてささやいて。

少年たちのお母さん!
「アナって、魅力的ね」なんてささやいて。

解放援助をよろしくお願いします。

Let it go は、解放する、の意味。
ほんとの自分を出すこと。

(「英語の勉強」でもありまする)

Mo Willems Fever!〜参考動画3本

Mo Willems の本をリードアラウドしている動画、お勧め集。

『We Are in a Book!』なら、これです!わが教え子によるもの。

『Can I Play Too?』は、これかな?

『Cat the Cat Who Is THAT?』なら、完成度はあと一息ですが、大人の表現よりも上手い!