子どもの「やる気」を引き出す伝統的かつ効果的な方法

リードアラウド(RA)では4つの約束を生徒とする。
たいてい最後に、4つ目にあげるのが、この約束。
「家に帰ったら誰かに読んであげる」。

RAワークショップを定期的に行っている私立小学校。
そこで希望する生徒は3回のセッションに出られる。
この学校では、RAの4つ目の約束がとても効果で、学習効果を非常に上げている。

「毎晩、おかあさんが聞いてくれた」と言う子も少なくない。
もちろんお父さんの場合もあるし、おじいちゃんやおばあちゃんもというのも珍しくない。

聞いてあげるだけで、子どもがやる気になるのだから、大人には本当にお安いご用だ。
そうして家族に絵本を読んで「聞かせた」子は、教室ではりきって手を挙げることになる。
RAでは初期のうちは「完全(に読めること)」は強く求めないので、この約束が実行されやすいのかもしれない。

小学校の課外授業以外では、RAで学ぶ英語スクールを二子玉川でやっている。
年間通じての授業なので、「RAの約束」は「毎度お馴染み」と聞き流されがち。
その結果、復習不足が見えるときがある。

先日は、そんな復習不足からくる消極的態度が目立った生徒ふたりに、あることを試みた。
そしてそれが、めざましく効いた!

だれしもそうなのだが、集団授業で自分がうまくこたえられなかったり読めなかったりすると、おもしろくない。
気分が落ち込むと、「どうせ出来ないから、やらない」などと、言いたくなることもあるだろう。

ふたりの生徒に、そんな態度がみられた。
それ見ると、指導者の心もふさぐ。
なんとかしなきゃと、あることを実行。

そうしたら、なーんだ。

生徒のやる気を出させるのは、意外と簡単だった。

忘れていたRAのあの「約束」
「家に帰ったら誰かに読んであげる」を、実行させればよし。

だが、確実に実行させるために、どちらもおかあさんに、「どの本」や「どの部分」を子に読んでもらって欲しいと耳打ちしたのだ。

そしたら、効果てきめん。
授業で、素晴らしい読みっぷりだ。
本気で褒めたら、
ひとりは、「最初っからこのくらい自分は読める」みたいな、お澄まし顔。
気分よさそうだ。

もうひとりは、「お母さんにみてもらった!」。

「えっへーん」と体をちょっとそらして、ひどく自慢げだ。

どちらにしても、小学生中学年くらいまでなら、まだまだ家族の協力はこのように絶大な効果をもたらす。

指導者は、まめに家族に協力を呼びかけていくべきと改めて思う。

●今週のスクール生、復習のポイント
親子クラス:I Want My Hat Back のBear(前半、走り出す前まで)の台詞
      Dog & Bear:第1話

小学生クラス:I Want My Hat Back のBearの台詞(Rさん)
       I Want My Hat Back のその他の動物の台詞(Aさん)
       Dog & Bear:第1〜3話からどれか

リードアラウド・ワークショップ11月は『A Color of His Own』

あっ、と気がつくと11月のワークショップまで1週間ちょっとしかない!

ふ、ふくしゅう。
Can I Play Too?』、ひとり3役のはっきり聞き分けられる声を確立すること。
心配な場合は、別の役の声を出す前に一瞬、間を空ける。
それだけでも連続が切られて、別の人の会話になる予感を聴衆に与えることができるので。

別人の声を出すときは、その「別人」のキャラクターにあった姿勢を作ると出しやすい。

読むときの姿勢。
全身を何かに写しながら確認すること。
まっすぐ立っているつもりが、前かがみになっていないだろうか、チェック。

声。
頭のてっぺんから出すつもりで、頭蓋骨を響かせる意識を持つ。

早口練習。
みんなを驚かせるくらい早く。

さて、次は予習。
A Color of His Own
A Color of His Own
声は、3種。
主人公の無垢なカメレオン声は、これまでたびたび学んだ幼児の純粋な声などがよろしいかと。

仲間のちょっと年長、ちょっと利口なカメレオン。
お兄ちゃんらしく。

難関はナレーション。
べたべたに甘いのは、ご勘弁を。

大人も交じる聴衆を意識した声、口調で。
淡々に近いが、優しい感情が伝わる語り口。
「格好つけ」「お澄まし」「高飛車」に聞こえないか自己診断する。

練習方法、いろいろあるが、わたしの方法を紹介する。
まずはただ読む。
毎日、ただ読む。
物語に心が動いてきたら、その動きにまかせてみる。
録音する。

心の動きがあったのに、声に表れていないところ(平坦なところ)を聞き分ける。
その部分をなくすつもりで、再度録音。

最終的にどこをとっても、感情がわかるようになったら出来上がり。

以上、追加もありそうだが、今日のところはこのくらいで。
11月のワークショップが、またまた楽しみ!

生徒の打ち明け話にWow!

「うれしいことがあったんだ!」
スクールの生徒から打ち明け話が。
「学校で、みんなの前でスピーチする人に選ばれた」と生徒。
瞬間的にWow!顔になったわたしに、
「でも、各クラスから2名ずつ選ばれるの」と、大それたことじゃないとあわてて付け加える。

でも、ねえ。
Wow!
感慨深いものがある。
嬉しかったので、ここでわたしも打ち明けようと思う。

実はこの生徒、リードアラウドを始めて1年くらいは、「発表」をかなり嫌がっていた。
Englishの「E」の字も分からなかったのに、いくら練習するからって英語の絵本を人前で読むなんて、そりゃ嫌かも。
そういう気持ちも理解できるが、乗り越えさせるのがリードアラウドだ。
そして……どうにかこうにか、家族の大いなる協力もあって、2年目からは大きく変わった。
いまは3年目。

そういう経緯があって、このニュース。
そりゃ、Wow!でしょう。
もちろん、すべてリードアラウドの影響だなんて言わないが、何らかプラスの影響はあった、と思いたい。
ああ、嬉しい。
ありがとう!

スピーチといえば、以前にも紹介したアメリカの12歳の少年の凄いスピーチを、TEDのサイトでどうぞ。
トーマス・スウォレズ 「12歳のiPhoneアプリ開発者」
オリンピック招致のプレゼンでは、”五輪招致請負人”ニック・バレー氏から指導を受けたというわが国の総理。
TEDで行われているスピーチ方法のようなレッスンを受けたのでは?

ある小学校教頭の視点~小学校の外国語活動

10月19日の朝日新聞朝刊の「私の視点」に、東野裕子さんという小学校教頭先生のものが載っていた。
テーマは小学校で必修となって3年目の外国語活動について、タイトルは
「伝えたい」を大切にして。

わたしの「アンテナ」がビビビと反応したのは、以下のところ。

(以下引用)(改行は大島)

そもそも、外国語活動の目標の一つは「積極的なコミュニケーションへの態度の育成」にあったはずだ。学習指導要領も小学校から高校まで、一貫してこの態度の育成を求めている。

だが、多くの学校では「好きなものを英語で言ってみよう」と指示してペアで言い合わせたり、歌やゲームで時間を消化したりする授業が目立つ。

「まずは聞く力を」とリスニングに集中する授業もあるが、こうした授業では思考力や表現力、創造力が育つとは思えない。

 コミュニケーションの手段として英語を使えるようにするには、児童が「伝えたい」「理解したい」という気持ちを持ち、「伝わった」「わかった」と適切な場面で経験することが大切だ。

(中略)
英語を「教える」のではなく、母語と同じく「自分の気持ちを伝える手段」として扱って欲しい。

(引用終わり)

うーむ。
学習指導要領は正論に聞こえる。
だが現状では、方法が違っているもよう。
先生の憂えている気持ちがよくわかる。

よくできた絵本の架空の世界は、言葉少なくあっという間に、状況を展開してくれる。そこでは、登場人物になり代わり、気持ちを伝える練習が自然にできるのになあ。

In the Haunted HouseでHalloween Charactersをおさらい

キッズブックス英語スクール、今年のHalloweenにちなんだ本は、
In the Haunted House.どんな話かと言えば…
In the Haunted House
新版(しかけ絵本版、本文は同じ)
In the Haunted House

 お化け屋敷の話…。お化けといえば、日本では夏の風物詩だが、西洋では秋、Halloweenの日までが出番だ。本書の冒頭に描かれた木々の梢に葉はない。恐らく10月31日が近いのだろう。お化けの出そうな「屋敷」、ビクトリア様式風がなぜかお決まりだ。そこに足を踏み入れた主人公のふたり。大きな足と小さな足、足だけ描かれた主人公の、文字通り「足取り」を読者がたどるという趣向だ。
 元本は90年発刊で、Halloweenに読まれてきた1冊である。本書は、lift-the-flap book(蓋付き仕掛け絵本)になって生まれ変わった2013年の新刊。物語の進行に合わせて蓋をめくる、読者参加型だ。これまで以上に、低年齢の子どもも楽しめるようになった。
 主人公の二人組が、玄関から屋敷に入る。脇のカーテン (が描かれた蓋)を開けたとたん、無人のorganからfuneral air(不吉な旋律)が流れる。キャー!まだまだ序の口。廊下で、魔女たちが出迎える。シーツをかぶったような幽霊も、キラキラ光りながら漂っている。クロネコ、クモ、フクロウが、階段を逃げるようにかけ上がるふたりを見送る。階上には、「Do Not Lift」と読める血文字が書かれた箱。「開けるな」とあれば、開けてみたい。仕掛けの蓋を持ち上げると…、青ざめたフランケン・シュタインが。ヒー!急いで近くの部屋の扉(蓋)を開けると、ベッドで「it’s dead as can be(どう見たって死んでいる)」状態のミイラ(mummy)が、ウィンク!別の扉を開けたらガイコツ。天井裏は安全か?…そこにはビロードのような翼を広げたコウモリや、這いずる不気味なものたちが。イヤー!浴室に逃げ込むと、バスタブでにっこり笑う吸血鬼(vampire)。狼男(werewolf)も、意味ありげに大きな口をゆすいでいるではないか。アー!たまらず、幽霊たちに見送られるように、屋敷から逃げ出るふたり…。
 しかし、ご安心を。本気でこういうものが怖い年頃の読者も、そのあと屋敷から出たふたりの姿と背景を見て、ホッ!微笑ましいsurpriseが待っている。子どもは、怖すぎない「怖い本」が大好き。けれんみたっぷりの朗読で、大人も楽しみたい。

いろいろ不気味なものが出てくるが、skeltonもそのひとつ。
こんなかわいらしい歌(YouTubeより)があるので、ぜひ、ご一緒にお楽しみください。