リードアラウド・ワークショップ11月は『A Color of His Own』

あっ、と気がつくと11月のワークショップまで1週間ちょっとしかない!

ふ、ふくしゅう。
Can I Play Too?』、ひとり3役のはっきり聞き分けられる声を確立すること。
心配な場合は、別の役の声を出す前に一瞬、間を空ける。
それだけでも連続が切られて、別の人の会話になる予感を聴衆に与えることができるので。

別人の声を出すときは、その「別人」のキャラクターにあった姿勢を作ると出しやすい。

読むときの姿勢。
全身を何かに写しながら確認すること。
まっすぐ立っているつもりが、前かがみになっていないだろうか、チェック。

声。
頭のてっぺんから出すつもりで、頭蓋骨を響かせる意識を持つ。

早口練習。
みんなを驚かせるくらい早く。

さて、次は予習。
A Color of His Own
A Color of His Own
声は、3種。
主人公の無垢なカメレオン声は、これまでたびたび学んだ幼児の純粋な声などがよろしいかと。

仲間のちょっと年長、ちょっと利口なカメレオン。
お兄ちゃんらしく。

難関はナレーション。
べたべたに甘いのは、ご勘弁を。

大人も交じる聴衆を意識した声、口調で。
淡々に近いが、優しい感情が伝わる語り口。
「格好つけ」「お澄まし」「高飛車」に聞こえないか自己診断する。

練習方法、いろいろあるが、わたしの方法を紹介する。
まずはただ読む。
毎日、ただ読む。
物語に心が動いてきたら、その動きにまかせてみる。
録音する。

心の動きがあったのに、声に表れていないところ(平坦なところ)を聞き分ける。
その部分をなくすつもりで、再度録音。

最終的にどこをとっても、感情がわかるようになったら出来上がり。

以上、追加もありそうだが、今日のところはこのくらいで。
11月のワークショップが、またまた楽しみ!