リードアラウド、子どもたちの感想

リードアラウド、そしてその応用であるリーダーズ・シアター。
それらに参加した1年生から4年生までの感想に、指導者は教えられることが多い。

「きんちょうして、あまり発言できず、発言したと思ったら、ぼう読みになってしまいました」
「さいしょはずかしくてあまりはつ言をしませんでした」

生徒たちの緊張を理解し、ほぐす努力が大切なのがわかる。

「…おもしろいお友だちもいました。それは、きーきー声でこたえる子です。わたしは、おもしろくて、わらってしまうこともありました。わたしはさいしょにわらった時、はじめて知ったことがありました。それは、リードアラウドがたのしいことでした。」

進歩を実感することが、喜びになる。

「さいしょは、ぜんぜんよめなかったけれど、練習している間に、読めるようになりました。…(中略)…いよいよ発表会三回目です。…もうスラスラ読めるようになりました。英語の読めなかった本がよめるようになってたのしくなってきました。」

「いえにかえって、れんしゅうしました。おぼえるまでやりました。しんけんにやりました。やってみるとぜんぶできるようになりました。ぼくは、心の中で大よろこびしました。…今でもうれしいです。」

リードアラウドの約束も役立っている。

「(あれ、どこやってるんだっけ。)
というしんぱいもありません。よんでいるところをゆびでさしながらだからです。」

選書も大切。
「さんかいのリードアラウドは、本のないようがおもしろかったり、わたしの心を、ドキドキさせたり、たのしくさせたり、してくれました」

「中でも一ばんすきなえほんは、No, Davidです。ディビッドがつぎつぎいたずらをして、おかあさんにおこられるのですが、さいごにゆるしてもらうおはなしで、さいしょはおこったよみかたをするのですが、さいごはやさしくよみます。いつのまにか えほんのせかいに はいりこんだような かんじがしました」

指導者が元気でいることも重要。

「てをあげられなかったけど、せんせいがおもしろいこえをしたり おおきなこえで えいごをいったりしたから げんきがでました。」

表現指導は要。

「『There is a Bird…』は単語が少しむずかしく、大変でした。それでも、一つ一つの単語の意味は分からないけれども、前の本と同様に絵と先生の読み方で日本語の本を読んでいるように分かります。」

「どの本もおもしろかったです。先生の声のひょうげんが とてもだいたんで おもしろかったです」

指導者の英語は、生徒の英語の動機付けにも。

「はじめてリードアラウドにさんかしたら、先生のリアクションがおもしろくて、
『先生のように、英語の本を読めるようになりたい」
と思いました。」

挑戦する気持ちを起こさせる。
「二年生の夏休みには、全国小・中学生作品コンクールで、しょうれいしょうを頂きました。二年生のリードアラウドで勉強した本の暗唱をしました。」

リードアラウド10月のワークショップ課題

10月のワークショップ参加のみなさん。
以下の復習、予習をお願いします。

復習:1.The Napping House
こちらを参考に
2.Tongue Twisters
こちら
(4は除外:大島が指導出来ない!)

予習:Can I Play Too?

また後ほど本ブログに掲載予定の、「子どもたちの感想」をぜひ読んでおいて下さい。

米国上院議員、Dr. Seussを読む

「オバマケア」(国民皆保険)が承認されるかされないかの瀬戸際、米国の上院議員、Ted Crusさん(テキサス州選出の共和党)が、Dr. SeussのGreen Eggs and Ham を全部引用というか、read aloud.

政治的に、意味深である。
「いやだ、いやだ」と食わず嫌いのおじさんが、最後の最後にGreen Eggs and Ham を食べたら、美味しくて大好きになる話。

「Green Eggs and Ham」が、米国にとっての初めての国民皆保険の暗喩に使われているらしい。
それはともかく、彼のread aloudをどうぞ。

上院議員による Green Eggs and Ham
(記事の下の方の、ビデオ)

こちらは、初めてのアフリカ系大統領候補だったJesse JacksonによるGreen Eggs and Ham
教会の牧師でもあった人なので、さすが。うまい!
まるで、公民権運動の演説。
こちら「贈り物」バージョン

このように、Dr. Seussは、米国理解に欠かせない教養なのである。

経済界リーダーの英語へのご意見

楽天のCEOで、「新経済連盟」の代表理事、三木谷浩史さんが、9月20日に外国特派員協会で行った会見について、BLOGOSから。
以下、記事より。
●●●

なぜ、日本人の英語力は低いのか——その原因は「教育」にあると、三木谷氏は考えているようだ。

「日本の英語教育は、文法と翻訳に特化しすぎています。会話力、表現力といった非常に重要なものが軽視されているのです。会話力や表現力を伸ばすためには、予算を増やして、英語を母語とする教師の数を増やさなければなりません」

そうなると、まず行うべきことは、英会話の教員を雇い入れること……となりそうだが、三木谷氏の思い描くロードマップは、そうではないようだ。

「まず最初のステップは『大学入試を変えること』です。私は内閣にも大学入試を変革すべきだと提案しました。大学入試という『ゴール』を変えれば、過程も変わると考えるからです。

日本国内だけで通用するテストではなく、より国際的で実用的な『役立つテスト』へと移行すべきです。具体的には翻訳と文法中心のテストから、例えばTOEFLのようなグローバルなテストに変更しようという提案です」

確かに、英会話の必要性を漠然と説くより、大学入試という目に見える「ゴール」を設定した方が、中高生やその親、教師たちの意欲向上に結びつきやすいだろう。そのあたりが実務家としてのセンスなのかもしれない。

しかしながら、そうした入試改革は、以前からたびたび指摘されていた事でもある。三木谷氏の提案は政府に受け入れられるのだろうか。

「政府は『やる』と言っています。いつやるのか、どれだけ早く実現できるのかはわかりませんが、基本的な方向性は変化しつつあると言えます。もしこれが実現したら、日本の英語教育に、劇的な変化が起きるでしょう」

(後略)

シュールな発言〜高学年・中学生と絵本、も面白い

先日、Anita Lobel(『がまくんとかえるくん』Frog and Toad Are Friends (I Can Read Book 2)
『Frog and Toad Are Friends (I Can Read Book 2)』

がまくんとかえるくん…の作者アーノルド・ロベルの元妻で、やはり著名絵本作家)の『One Lighthouse, One Moon』を復習中のこと。One Lighthouse, One Moon

風光明媚な小さな海辺の灯台に住むネコ、Nanaの1年を詩的に描いた絵本だ。

そのネコが、最後に「Surprise」として子ネコを産む。
乙女心を持つ絵本好き先生なら、「wow, what a surprise!」「sweet!」といった反応をする場面だ。

だが、生徒A ったら、
「父はだれ?」。

…これには、笑った!笑った!
言い方もシュール。
「チチハダレ?」。

絵本には、きれいごとを並べ、ときに偽善的にも聞こえるものもある。
そういう大人の偽善的なものに、そう強くないにしても、生理的に嫌悪を感じたのだろう。

(本書は、決して偽善的ではなく、まるくなった大人には叙情的で美しい)

「大人の偽善的なもの」に敏感になるのは、早い子で4年生くらいか。
5,6年生なら、逆にそのくらいの感性を持って欲しい。

こういうことに気付く子どもたちは、大人なのに絵本をただふわふわと「かわいいから好き」なんて言っている人より、よっぽど読解力があるのだろう。

読解力というリードアラウドで学ぶ大切なところで、たいへん面白い発言だった。

それから、続きもある。
この生徒Aの発言に対する大人の態度に安心した生徒Bが、続けて言った。

「だれが父か、わからないんだよ」。

ガ、ガーン。
生徒Aと生徒Bは、「ふふふ」。

同じ絵を見て「わあ、かわいいネコちゃんねえ」としかコメントが浮かばない、乙女のような先生方。
うろたえませんよう。

まあ、生徒の方が上手で、そういう先生なら、発言を避けてくれるかな。