“Becoming a Nation of Readers”を読んだ

 アメリカの教育者がreadingについて述べる時に、必ずと言ってよいほど引用する文献が、Becoming a Nation of Readers(「読む力のある国になるために」):The Report of the Commission on Readingだ。これをやっとアメリカの古本屋で手に入れた。

 これは、アメリカの3つの公の教育機関;
The National Academy of Education、The National Institute of Education(U.S.教育省)、The Center for the Study of Reading、
からなるthe Commission on Readingという1983年に作られた委員会が、膨大な調査をまとめて1985年に出した報告書だ。

 アメリカ政府の教育省がお金を出し、アメリカの子どもの知識と読む力の現状を調査し、その結果を踏まえて、今後何をすることがそれらを向上させることに役立つかを、提言としてまとめたものだ。この背景には、学力調査に表れた70年代からの子どもたちの知識や読む力の低下が、国力低下の兆しだとする危機感があったようだ。

 そのたくさんある結果から導いた結論で、リードアラウドに最も関連深いのが、Emerging Literacy(リテラシーの芽生え)の章(p.23)にあるこれ。

The single most important activity for building the knowledge required for eventual success in reading is reading aloud to children.

「子どもが将来、順調に読む力をつけていけるようにしてやれる、最も重要なひとつのこと、それは読み聞かせをしてやることだ」。

 まだ読めない子どもが、将来、本を自らすすんで読み、読む力のある人(readers)になるように、大人が何かひとつしなければならないといったら、それはreading aloud to children、読み聞かせをすることだ。

 ここまでは、英語圏の教育者たちによる英語圏の子どもへの提言で、日本人の子どもの母語教育への参考にもなる。だがわたしが、ちょっと大げさに言えば、ライフワークにしているのは、日本人の子どもへの英語教育。英語が母語ではない子どもには、ただ英語の本を読み聞かせ(read aloud to children)ても、子どもが楽しめないからと、read aloud を一緒(read aloud together)に楽しむ方法、「リードアラウド」を提唱してきた。

 そこで、先の調査結果は、日本の英語を学ぶ子どもたち向けに解釈すれば、「英語力を伸ばすためにしてやれる重要なことは、リードアラウドすること」でもある。

 わたしのリードアラウドでは、表現を学ぶという目的もあるので、結果的に反復練習をすることになる。先の報告書にはread aloudの大切さに加えて、本の反復読みの大切さも挙げられている(p.54)。

 No one would expect a novice pianist to sight read a new selection every day, but that is exactly what is expected of the beginning readers.(だれもピアノ初心者に、毎日新曲を弾かせようとは思わないのに、英語の初心者にはそういうことをさせようとしているのと同じだ)

 つまり、マスター出来るまで同じ曲(本)を弾く(読む)のが、上達への道だろう。

 リードアラウドというアクティビティは、どうやら結果的に、アメリカ教育界のバイブル的報告書が、調査結果に基づいて英語力向上に役立つと挙げているアクティビティそのものだったようだ。

 

買おうか、待とうか、それが問題だ……

 アエラ・イングリッシュの9月号で、iPhoneの実験台(?)にされて以来、頭からiPhoneが消えない。e-bookが、それで読めるのだ。おまけに、オーディオ・ブックもダウンロードでき、読みながら聞ける。そして、電子辞書が便利だ。

 さしあたり、電話は現在使用中のを使うことにして、iPhoneとほぼ同じものだが、その電話とカメラ機能をとったiPod-Touchが欲しい。昨日も、ここポートランドのApple Storeでぼんやり。「新しいMacBookを買うと、おまけにiPod-Touchがついてくる」キャンペーンまであって、ちょっと心が動いた。でも、決めずに戻って来た。

 いつもiPhoneやらiPod-Touchのことを考えているせいか、それを持っている人がやけに目につく。今日は、Powell’s Booksでいろいろ探し物をしていたが、インフォメーション・カウンターのおねえさんが、PCとiPhoneの二刀流で検索をしているのを見てしまった!

……そういう使い方すると、検索も便利かも?わたしに、うってつけ?でも、おねえさんはただ、iPhoneをシステム手帳代わりに使っているだけなのかもしれない。そして視線は、手元の自分の分厚く、重く、かわいくないシステム手帳に……。

 アメリカ、特にこのポートランドという街では、東京と違って、まだまだ人々が本を読んでいる姿をあちこちで見かける。そして、Powell’sの買い物袋をぶら下げた人々も頻繁に目にする。Powell’sは、昨年の秋からの不景気はもう底を打って、7月8月は前年度を上回る売上げ、そして少々のリストラなども決行したので、利益率が上がって、商売繁盛と(消息筋から)聞いた。まことに目出たい。世界に本屋はインターネット通販書店A社しかない、なんてことがないように、Powell’sに健闘してもらいたいものだ。

 ああでも、本も買うけど、iPod-Touchでe-Bookも読んでみたい……。

ポートランド人、日本へ行く

 ポートランドの街で友だちになった、29歳と33歳の夫婦を夕食に招待した。彼らは、もうすぐ日本へ観光に行くので、その「予習」も兼ねていた。
 
何を見たいかという質問に、定番の京都以外には、
1. シブヤのスクランブル交差点(ツタヤと東急やJRの駅があるところ)
2. 自動販売機(世界で一番くらい数が多く、発達しているらしい)
3. 原爆祈念博物館
4. コスプレしている若者たち
5. ネコ・カフェ(下北沢)
6. ロッポンギの美術館(森美術館)
7. 秋葉原
8. 100エンショップ

何を食べたいかの質問には、
1. ラーメン
2. イザカヤの料理と、ショウチュウ+ビール
3. コーベビーフ

語学が苦手と言われるアメリカの人としては感心なことに、旅行することを決めてからの10ヶ月で、見違えるほど日本語が上手になっていた。コンピューターのソフトウェアでの自習(「ロゼッタストーン」?)で、ここまで上手になるとは。日本のわたしたちも語学が苦手だが、彼らのように「毎日欠かさず」すると上手になれる可能性があるってことなのか。それとも、彼らが特別なのか。でも「1日も欠かしていない」と強調していたから、それが秘訣かな。

9月17日から2週間、背の高い男性と小柄な女性(両方白人)を、以上の場所で見かけたら、どうぞよろしく。

 

ポートランドで天然サーモンのハラスを食す

ポートランドは、料理の素材が美味しい街だ。今年の発見は、天然のサーモンのハラス。

コロンビア川で代々、鮭漁をしてきたPacific Northwestのネイティブ・アメリカン(近頃は自分たちを「インディアン」と呼ぶようになった)には、保護地域でも漁をする権利が認められている。生きのいい、天然のサーモンは、だからインディアンから買うに限る。

先日のFarmers’ Marketで、またいつものインディアンから、今度はハラス、つまり英語ではbelly の部分を買った。一本太くて40センチほどの長さのものだったが、6ドル。プリプリしているのが、ビニール袋の外からさわっても分かる。

家に帰り、さっと塩を降りオーブントースターで焼いた。皮がカリカリになったところで出す。ぐつぐつ脂が熱くなっているのをフーフーさまし、オレンジ色の身に箸を入れてすぐにわかる、身の締まり。ぷりっと身がとれ、それを口に……。あ〜ん、たまらない。
脂が臭くなく、身がほどよく締まり、かつジューシー。一番は、ヒレ元のちょっとグレーっぽいところ。サーモンが生前、よく動かしたところだからか、肉がちょっとカニ肉のように紡錘形で味もカニのように甘い。

天然の美味しさは、こうも違うものだった。そして、ハラスという部分の美味しさがまた、天然で新鮮だと格別。ああ、明日はまた小さいFarmers’ Marketが立つ日だ……。

Farmers’ Market Snapshots
IMG_0366IMG_0363

IMG_0365IMG_0364

絵本は読み聞かせずにリードアラウドで!「英語絵本リードアラウド実践ワークショップ2009」

生徒と一緒に登場人物になりきってリードアラウドすれば、
絵本の魅力と英語の楽しさを同時に教えることができます。

●内容:
・リードアラウドをする人を養成する講座です
・リードアラウドを体験し、実践方法を学びます
・音読に必要な姿勢、呼吸法、発声法、演技法を学びます
・表現豊かに絵本を読む方法を学びます
・小学校などでリードアラウドの実演(実習)ができます

●対象:
・リードアラウドの具体的な方法を知りたい人
・読み聞かせがうまくいかず悩んでいる人
・授業に絵本を取り入れたい人

●スケジュール:
◯第1回 2009年10月10日(土) 13:30~16:40(休憩10分)
1部 音読の基礎練習(90分)
1-1 正しい姿勢
1-2 呼吸法
1-3 発声法
1-4 演技法

2部 リードアラウドの体験(90分)
2-1 リードアラウドとは
2-2 模擬リードアラウド1(絵本1)
2-3 質疑応答

◯第2回 2009年10月11日(日) 13:30~16:40(休憩10分)
1部 リードアラウドの方法(90分)
1-1 模擬リードアラウド2(絵本2)
1-2 表現法
1-3 指導法

2部 リードアラウドの練習(90分)
2-1 グループ練習
2-2 個別練習
2-3 講評
※第1回(2回)のみの参加はできません

◯実習(2009年10月~2010年2月の木曜日午後。ひとり1~2回)
・小学校などで開催される子ども向けリードアラウドで、大島と一緒に実演していただきます
・都合のつかない方は実習を辞退されても構いません
・実習のみの参加はできません
・参加可能な日をワークショップの時にお尋ねします
・実習修了者の中から、リードアラウド実演者・ボランティアの採用を考えています

●教材:
絵本1 『Yo! Yes?Yo! Yes?
絵本2 『How Do Dinosaurs Say Good Night? (Book & CD)』(CD付)How Do Dinosaurs Say Good Night? (Book & CD)
※教材は各自ご用意ください。キッズブックスで購入いただけます

●会場:
渋谷区東1-26-23「リフレッシュ氷川」(渋谷駅東口徒歩下車7分)

powered by リフレッシュ氷川

●費用:
入会金…3,000円(税込/「2009年度指導者向けワークショップ」参加者は免除)
※指定の口座にお振り込みください
受講料…18,000円(税込/教材費別途)
※会場でお支払いください

●申込方法:
キッズブックス・ウェブサイトからお申し込みください
http://kidsbks.co.jp/?pid=15547069
※ご不明点はキッズブックWebサイトでお尋ねください

●定員:
定員15名(先着順)

●講師:
中西健太郎(ヴォーカル・演技コーチ)
ヴォーカル・演技指導スタジオのコスモスフラワー主宰。東京藝術大学音楽学部声楽科在学中より、オペラで培った声楽と演技力を生かし、ヴォイストレーナー・演技指導に従事。レコード会社や芸能事務所から委託され、多くのプロの表現者を指導している。ひとりひとりの個性を尊重し、生き生きと輝いた表現を大切にする指導がモットー。

大島英美(リードアラウド・インストラクター)
英語児童書ディレクター。洋書輸入販売のペイパーウェイト・ブックス代表。UCLA卒、クレアモント大学院博士課程中退後、日米で英語をはじめ各教科の指導に従事。会社設立後は事業と並行し、本を使った英語教育に力を注ぐ。現在、学校・書店での絵本リードアラウドが、新しい英語教育方法として注目されている。著書・訳書に、『キッズ(だけにじゃもったいない)ブックス』『おじいさんの旅』『ダルシマーを弾く少年』『父親たちの星条旗』などがある。「読売新聞」「アエラ・イングリッシュ」でコラムを連載中。

●主催:ペイパーウェイト・ブックス(キッズブックス)