ポートランド人、日本へ行く

 ポートランドの街で友だちになった、29歳と33歳の夫婦を夕食に招待した。彼らは、もうすぐ日本へ観光に行くので、その「予習」も兼ねていた。
 
何を見たいかという質問に、定番の京都以外には、
1. シブヤのスクランブル交差点(ツタヤと東急やJRの駅があるところ)
2. 自動販売機(世界で一番くらい数が多く、発達しているらしい)
3. 原爆祈念博物館
4. コスプレしている若者たち
5. ネコ・カフェ(下北沢)
6. ロッポンギの美術館(森美術館)
7. 秋葉原
8. 100エンショップ

何を食べたいかの質問には、
1. ラーメン
2. イザカヤの料理と、ショウチュウ+ビール
3. コーベビーフ

語学が苦手と言われるアメリカの人としては感心なことに、旅行することを決めてからの10ヶ月で、見違えるほど日本語が上手になっていた。コンピューターのソフトウェアでの自習(「ロゼッタストーン」?)で、ここまで上手になるとは。日本のわたしたちも語学が苦手だが、彼らのように「毎日欠かさず」すると上手になれる可能性があるってことなのか。それとも、彼らが特別なのか。でも「1日も欠かしていない」と強調していたから、それが秘訣かな。

9月17日から2週間、背の高い男性と小柄な女性(両方白人)を、以上の場所で見かけたら、どうぞよろしく。