リードアラウドする人々のQ & A :イントネーションについて

 「指導者向けリードアラウド・ワークショップ」の参加者たちから寄せられた疑問や質問などに、今のわたしなりに答え、それを同志のみなさんと共有しようと思う。

まず第1弾。
英語独特のリズム(イントネーション?)はどのようにすれば身に付くようになるのでしょうか?
何か良い教材、学習法、その他アドバイスあれば、是非お願いします!!

質問に対して答えるとき、この頃、年の功なのか、即答を避けられる時は避けるようになった。というのも、即答後にあーでもない、こーでもないと言い添えるべきだったことなどを思うからだ。だからこの質問も、しばらく潜在意識のなかにいれ、少し「発酵」させてみた。

1. まずは単語のアクセントと発音が正確か、不確かなものは調べる。わたしは、インターネットで辞書、Merriam-Websterなどのサイト(無料)に行き、音声チェックしている。慢心は禁物。

2. 文を文意から、区切り(息継ぎのようようなところ)を見つけ、文を句、節など塊やときに単語に分ける。
3. その文で、一番主張したい語句(単語)を見つける。その単語を含む句があれば、それを確認する。
4. 文全体を、一番主張したいところを強調する大きな流れに向わせつつ、優先順位2位として、2.の区切りを入れる。

5. 個別の文のイントネーションの公式のようなものは、1-4まで。
これは大人になってからの学び方だが、子どもが学ぶ学び方は、リスニング。沢山聞くこと。
聞くだけ、という子ども型と、頭で文意から考える完全大人型の、折衷で練習するのがいいと思う。

オーディオブックを聞き流すだけでなく、本と併用する方法は、この折衷にあたるので、おすすめ。文の息継ぎ場所(区切り)、どこを主張したい部分なのか、声優の上手な読みなら学べる。PCなどの自動読み下し機能は、イントネーションについては使い物にならない。
電子ブックとオーディオブックの組み合せ(アエラ・イングリッシュ9月号に詳しい)を携帯電話などで利用するのも、よさそうだ。