指導者は「ショーホスト」?!〜リードアラウド・ワークショップ

アメリカの大学で長らく学生をして気付いたのは、いかに日本の大学には授業が下手な先生が多かったかということ。

声は聞こえない。
学生を見ない、一方向的。
勉強を面白いと思わせない。

その正反対がアメリカの大学で教える世界各国の先生たち。

バラエティに富んだ声や口調で、通る声。
ひとりひとりと話しているような視線や、双方向的な授業の工夫。
まるで台本のように構成された1回1回の授業は、起伏あり学習意欲をそそる…。
知性溢れるショーホストという印象さえある。

リードアラウドの指導の理想だ。

ところで、ワークショップの参加者が研修として実際にリードアラウド指導した場合、指導記録というものを出してもらう。

そのどれも、STAP細胞研究者の実験ノートの10倍くらい(?)意味のある貴重な記録だが、最近面白いことに気付いた。

一緒にリードアラウドしたのに、ひとりは「酷評」、もうひとりは「上出来」とすることがあるのだ。

この自己評価の乖離(かいり)は、なぜだ?
と、考えていたら、思い当たった。

日本伝統の先生として「授業」をしたという意識の場合、教えたかったことを全部教えられると「成功」。
自分を見ている。

「ショーホスト」的なリードアラウド指導を意識していると、子どもを飽きさせたら「憂慮」。
ここでは、子どもを見ている。

リードアラウド経験が長いほど、「憂慮」することが多く苦しい。
なんだがアンフェア?

いやいや、問題意識を強く持つほどに上達していくはず。
目指すは「知性溢れるショーホスト」!?

リードアラウド指導者の呼吸法確認〜Roger Loveに学ぶ

リードアラウドではwarm-upとして、呼吸法の確認から始めるが、これを見ると、その呼吸の実際がよくわかる。

Roger Love Lesson3

上半身は肩甲骨を開くような形で、地平に垂直に立つ。

息は鼻から吸う。

お腹の中に風船が入っているつもりで、息を吸ったときにその風船をふくらませる。
吐くときに、風船をしぼませるように。
横隔膜(diaphragm)を使った呼吸をするとは、こういう感覚。

リードアラウド指導に必要なのは、
1.声
2.話術
3.知識