「英語絵本を使って教えたい」に、選書と解説セット〜キッズブックス・ブッククラブ

「英語絵本を使って教えたい」という先生の声を、しばしば聞く。

まずは選書が大切。
わたしが、自分のスクール用に毎年度選ぶ本を信じてもらうのもいいかもしれない。

入門・初級用に、Bコース
これはスクールの親子クラスと重なる。

スクールの英語2〜3年以上学んだ生徒の在籍する「小中学生クラス」の本はブッククラブのコースにはしていないが、別個に対応はできる。

これら、スクールと連動したブッククラブの本には、全部解説をつけた。先生の予習もこれで軽減されるはず。

スクールではクラスを持っていないが、幼児用ボードブックを中心とした「Aコース」もある。
こちらも解説付き。

これまで20年間を通算すると、たいそうな数の英語絵本を手にしてきた。
大したものではないが、少しは身に付いた知識を還元するひとつの方法として、「選書」を捉えている。

解説とともに、役に立てたらと思う。