小中高校生向けTOEFLテストのラインナップ拡充!

英語を学ぶ小中高生の親御さんたちへ。

浮き足立たずに、でも最新情報としてこの記事をどうぞ。

英検は資格で日本独自のものだが、TOEFLは国際的に採用されている非英語圏の生徒の英語習熟度を測るテストだ。

受かるとか落ちるとかいうものではなく、英語の能力を客観的に判断するもので、何度でも受けられる。

これまでは非英語圏から英語圏の大学へ進学を希望する場合に、そのスコア提出が求められることが多かった。
従って、高校卒業程度の人たち対象だ。

それから、今から数年前に、中高生向けのTOEFLジュニアがスタートした。
それに加えて、小中学生に適するTOEFL プライマリーが新しく開発されたようだ。

ここで忘れてはならないのは、これらTOEFLを決して目標にして勉強してはいけないということ。
あくまでも手段。

ちゃんと本を読むなど正統的な英語の勉強をしながら、時々、どのくらい伸びたか、どの分野の力が足りないかなどを客観的に判断するために利用するべきだ。

日本人であっても、英語圏の大学入学レベルの英語力があることに越したことはない。
わがスクールも(まだ密やかに)そこまで目指している。
様子を見つつ、あわてずさわがず、適当な時期が来たら、適当なTOEFLを生徒たちに勧めることになりそうだ。