Getting Ready for オンライン・リードアラウド

ただいま、Skype(スカイプ)を使ったオンライン・リードアラウドをお試し中。
土曜日のスクールの補習として、1回25分のリードアラウドをおこなっている。

操作は簡単。
アカウントを取れば、すぐにPCを通してビデオ通話や電話などができるようになる。
通話料は無料だ。
PCがなくても、携帯やタブレット(iPadやAndroid端末など)でもOK。

小・中学生が使いこなせることはテスト済み。
最初と最後に大人がいれば、さらによし。
これまでの感想は以下のとおり。

●Webカメラで絵本を見せることもあるが、画面に映った絵本を読ませるというより、「このページですよ」と確認させる程度にしか使えない。ひずみや光の具合で文字が読みにくい。絵本は手元に置いて読むべき。
●画面に映る自分の顔で百面相をしたり、顔をアップにしたりして、遊び始めることがある。
●通学の必要がなく便利な一方、気持ちの切り替えが難しいことも。機嫌が悪いと、気分転換に少し時間がかかる。
●夜のレッスンだったので、眠そうにしていたこともあった。ただ、25分ならどうにか根気が続く。
●絵本を通読するだけなら、25分間で5冊はこなせてしまう。
●発音チェックがしやすい。音がよく聞こえ、指導者の口の形も大きく映るので、生徒はすぐに正しく反復練習できる。
●Skype補習後のスクールのレッスンで、細部(文字ひとつひとつの読み下しなど)に著しい上達が見られた。個別指導のメリットだろう。

こんな具合にいろいろ、分かってきた。

さあ、スクール生のみなさん。
Skypeができる環境を整えましょう。
レッスンを休んでも、補習しますよ。

地理的、時間的にスクールに来ることができないみなさん。
Skypeでリードアラウドできる日も遠くなさそうです。
ダウンロードして待っていてください。