12月のワークショップ~予習、復習 Please Make My Day!

The Missing Piece (An Ursula Nordstrom Book)
12月の課題書は、コレだ。
たいへん!!!
かなり高いハードルだ。

全体をやろうとして、刀折れ矢尽きるにならないよう、まずは、次のところから攻めてみよう。

主人公のitが、ピッタリのmissing pieceらしきpieceを見つけた場面の会話である。
ふたりの会話を、どう際立たせるかを考える。

声の違いを作るのは基本。
しかし、機械的に2種類の声を作るのではなく、どういう人同士かを、考えてから。

またItの気持ちは?
The missing pieceとおぼしきa pieceは、どういう話し方をして、どういう声の人?

会話を交わしながら、どう気持ちが動いている?

自分のなかでふたりの人の心を感じながら、機械的に声も変えて会話をする。
おまけに、その心はとてもデリケートときている。
ひどく難しい…。

普段の、クマや怪物などの心とは違って、高等動物の心である。
文字通り心して練習して欲しい。

加えて、
The Color of His Own の磨きをかけるのも忘れずに!

騙されたと思って、毎日1回、読んでみて。

ひゃー、厳しいワークショップだなあ。

Make my day!