This year’s Christmas song〜キッズブックス英語スクール

世田谷でも落葉樹が色づき、クリスマスが遠くないことを知らせてくれる。

さあ、大変。
リードアラウドの先生なのに、シングアラウドというかシングアロング(sing-along)指導をする日が近づいた。

12月に毎年開く、ミニ発表会で生徒たちと歌う歌のひとつに、今年は
Twelve days of Christmas
がある。

もちろん絵本としても読むのだが、歌詞でもある本文は長い。
なにせクリスマスまでの12日間のことを、1日ごとに歌って行くのだから。

しかし、歌の力できっと4歳児も13歳児もけろっと「読破」してしまうだろう。

英語のお勉強としては、oneからtwelveまでの数字と序数(first-twelveth)。
あとは、欧米のクリスマスの文化を学べるものの名前。

大人でも知らないものは、たくさんあると思う。
テキスト(この絵本)の、ボーダーまで細密に描かれた、北欧の文化の香りがする絵を見ながら、確認できる。

歌は、こんな、歌詞が大写しになるビデオで練習はいかが。

みなさんが上手になって、歌が得意でない指導者を助けて下さいませ。