ドラマを見て演技を考える~リードアラウドの朗読力upのために

年末のせいか、ミステリーチャンネルでは日本の70~80年代のドラマを放映している。

同時に、地上波でも新作のオムニバス形式のミステリーを放映していた。

両方を見て、気付いたことがある。
旧作の演技者たちの演技がリアルで厚みがあること。
新作は、たまたまということもあるだろうが、薄くとってつけたような演技が目立つ。

ある旧作の場面が頭から離れない。

東北へ向う急行列車の中。
芦田伸介さん演じるところの、銀座の画廊社長と、佐藤慶さん演じるところのライバル画廊の支配人が偶然車内で出会い、腹を探り合いながら社交辞令的な会話を交わす場面だ。

どちらも売れる画家の作品買い付けの旅なのだが、競争上、行き先を知られたくない。
それぞれ嘘の行き先を言い、差し障りのない会話を続けるのだが、車掌が切符を確認しに登場し、それぞれの嘘がばれる。

「丁寧に社交辞令的会話をしながら、腹をさぐりあう」とト書きにあったらどう演じる?
これだけでも難しい。

まず、それぞれのキャラを立てなければならない。
何千万円の絵を売り買いする銀座の画廊の社長は、人品卑しからず。
だが、商人としてぎらぎらしていよう。
同業者だが、もう一方は雇われ人だが、やり手の大番頭だ。
一段下がって相手を立てながら、やり手の雰囲気もあるだろう。

そして、最難関であり、このふたりの役者が鳥肌が立つほどに上手く演じたところはここ。

「行き先について相手が嘘をついていることがわかったが、次には自分のがばれると諦念しつつ、でんと構える」社長。
「先に嘘がばれるが、ひょうひょうとし、社長の嘘を知ってむっとしながらも聞かなかったように態度に出さない」大番頭。

それから、それぞれが嘘をついていたことを、別の話題を通して皮肉る。

ああ、くらくらするくらい、何重にもしかけられた演技の応酬。
このふたりの名優が、会話の文字面だけでは伝わらない腹のなかを演じ合う名場面だ…。

対する新作オムニバスドラマ。
おそまつもいいとこ。
対象視聴者をばかにしていると思える演出も演出だ。

自分で考えられないからなのか、おそらく与えられた単純な表面的表情と表現しかしない主な登場者たち。
「腹に一物」感がゼロの、「謎の人物」たち。
まったく謎めかない。

特に見目麗しいタレント(?)の場合の薄っぺらさが、ひどい。
途中で、チャンネルを変えた。

さあ、リードアラウドで朗読力も磨こうというみなさん。

台詞で、できるだけ内容を汲み取らせようというリードアラウド。
まずは、よい台詞回しを、俳優の演技で聞き分けてみましょう。

日本語のドラマも、英語のドラマも、演技がうまい人たちが出ているドラマを見てみましょう。
または、コマーシャルのナレーションでも。
学ぶ姿勢で見ていると、学べることがたくさん。

最近たまたま見た、いい例と悪い例。

× 市川海老蔵さんのコマーシャル。ナレーション。声を腹から出しているだけ。ただの深い声で、単調。

○ David Suchetさん演じる『名探偵ポワロ』。

○ 『オックスフォードミステリー・ルイス警部』。主演のふたりもいいが、脇に名優がぞくぞく。圧巻。

○ 柄本明さんのいろいろ。近作では『松本清張〜坂道の家』で演じた布団屋のおやじ。リアル!

絵本のリードアラウドで学ぶ語彙〜preposterousの場合

「ばかげている!」と英語で言おうとして、ridiculousは出てくるかもしれないが、preposterousも浮かぶだろうか。

(教則本として作られたものでない)本物の絵本のリードアラウドで英語を指導していると、とても洗練された語彙に出会い、それが自然に身についてくる。

preposterousもそんな語彙のひとつだ。
リードアラウドで初めて登場したのは、Art and Maxだった。

トカゲの姿を借りてはいるが、登場者は子ども。
子どもの会話としては、ちょっと背伸びした感じがある登場者のひとり、Arthur(Art) は、絵が上手いこともあって、ちょっと偉ぶった態度をとる。

ある「ばかげたこと!」と思えることが起こる。
そのとき、ridiculousでもいいが、一度すでにその語は発言してしまったので、語彙が豊富とも誇示したいだろうArtは、preposterousを使う。
文脈上、必然がある使い方だ。

優れた絵本作家たちの絵本で英語を学ぶ長所は、ちゃんと文脈があって、文学的に、その言葉を使う必然性があることが多いことだ。

これらをリードアラウドするというのは、その文脈を押さえて、出来るだけその登場者の気持ちで言うことだ。

すると、使われている語彙が文脈ごと、身体に入る。
自分の感情にその語彙がついてくるという感じになる。

指導しているわたしも、おかげさま。
このpreposterousは、自分のものになっていなかったが、何度も子どもたちに言わせているうちに、すっかり身についた。

せいぜい、ridiculous止まりだった「ばかげてる」という気持ちに、もう一段、preposterousが加わって、感情のひだがより表せるようになったような…。

ところで、高等な語彙が連発されるアメリカのTVドラマ、例えば『Law & Order』(検察と弁護士の物語)をみていたら、聞こえる聞こえる
、このpreposterousが。

「正義が負けた」という場面等で、弁護士が憤慨して「preposterous!」。
また、無実なのに有罪とされた人が、訴えるように「preposterous」。

これは、リードアラウドでいうところの「ムニャムニャ(あやふや)」に聞こえるところが、だんだん聞こえてくるという感覚か。

英語非母国語者のわたしも、リードアラウドしながら、まだまだ英語が上達しそう?!

『Green Eggs & Ham』のユーモアを伝えられるか〜キッズブックス英語スクール発表会

リードアラウドという英語絵本を使った指導法を始めた11年前。
ぼんやりとイメージしたのは、Dr. Seussの言葉遊びがぎっちりつまった本のおもしろさを、声に出して読んで伝えられる、日本語が母語の子どもたち。

2014年12月の発表会で、このイメージが目の前に、はっきり像を結んだ。

わがスクール生え抜き、5年間いっしょに学んできたふたりと、途中入学で、もともと英語の素養はあったがリードアラウド的英語は駆け出しで急進中のひとり。

この3人がDr. Seussの『Green Eggs & Ham』をリーダーズ・シアター形式で発表した。

この作品の面白さは、言葉の天才Dr. Suessの、平易だが積み重ねることでおかしみが増す、言葉のやりとりだ。

日本の文化でいうなら、漫才に近いおかしさがある。
「ボケ」と「ツッコミ」の会話のような絵本だ。

だから、言葉をただ読み下すだけでは、まったくこの本の面白さが表現できない。

その難書を、この3人はどうだ。
「ボケ」は、ひょうひょうと、ときに相方を茶化しながら、そして「ツッコミ」は、不機嫌から怒り、疲労、あきらめなど表情を変えながら、機関銃のように言葉を吐いた。

そのやりとりのおかしさ!
観客から、笑い声ももれる。

ひとつひとつの言葉の意味も聞かせながら、それらを写りゆく感情に乗せ機関銃のように「掃射」する、そんな様がユーモラスに写るように作られた作品だ。

作品を理解することなく読み下すだけの音読者や、本作の中の「おかしみ」まで解釈する指導を受けていない子どもは、言葉をひとつひとつ読み上げて、それで完成としている。

もう一歩先、ユーモアが滲むところまで、読み込めたわが生徒は、賞賛に値する。
誇りだ。

年長生徒だけの、発表会第2部では、同書を配役を変え、ふたりで読み合った。

「ツッコミ」は、猛烈。
エンジンがフル回転、言葉も多いので最後はオーバーヒート気味だったが、お見事!

「ボケ」は、幼さが抜け始めた年長生にはチャレンジだ。
それに、大人にはとても難しい役だ。

ところが、「ボケ」役を受け持ったわが最年長生ときたら!
ぬうっとしたりキョトンとしたり、ときには傲慢にも見えるしつっこさを、見事に台詞で表現した。

ああ、世の英語指導者や、読み聞かせしている大人たち。
自戒を込め、この子たちのFluent Readingに負けない、この子たちに恥ずかしくないreading aloudをしよう。

発見!
凄いGreen Eggs & Ham。
ホラー映画になっている。
これは本物の面白さ。
手本にもなる。
必見!!!

『It’s Christmas, David!』を2年生と〜リードアラウドして気付くこと

私立小学校2年生9名と、今の季節にぴったりな絵本
It’s Christmas, David!
をリードアラウドした。

リードアラウドが初めての子がふたりいる以外は、1年生時に経験した子どもたちだ。

リードアラウドでは4つの約束を挙げていて、そのひとつに「感じを出して読む」がある。
リードアラウドらしさの要素だが、これを使ってタイトルを「元気に」「にぎやかに」「うれしそうに」など、気分を違えて読み合ってウォーミングアップ完了。

さて、本文である。
Davidは、クリスマス前にかずかずのいたずらをして大人にいさめられる。
その台詞が本文になっている。

プレゼントを覗いているDavidには、
No peeking!

絵を見るだけで「のぞいちゃだめ!」と、意味は想像がつく。
それに加えて、指導者がその感じで読めば、もうほぼ100%、意味は子どもに伝わる。

そうやって、ページごとに想像させ、意味を確認し、その後にその意味を込めて、実際にひとりひとりに読ませながら進んで行った。

すると中盤あたりで、衝撃的(?)場面が!
Davidが裸ん坊で、雪の積もった戸外に飛び出している。

Santa’s watching!
本文は叫ぶ。

さあ、何て言っているのだろう?
ここでも絵とわたしの読みで、子どもたちに想像させる。

「Santa」は、聴き取れるし、読める。
そこでこんな想像が。

「そんなことしているとサンタが、プレゼントをくれませんよ」
「サンタに叱られますよ」
「サンタが来ませんよ」
「サンタのプレゼントは石炭になりますよ」などなど。

驚いた。
素晴らしい発想力。
頭の柔らかさ!

わたしと同様に、watching=「見ていますよ」、という逐語訳的な言葉しか思い浮かばないひとがいたら、頭が固くなっていると思ったほうがいいかも知れない。

watchingしている結果として、サンタが来なかったり、叱ったり、その意思表示としてプレゼントをくれなかったり、石炭をプレゼントする。
どれをサンタは選択するかわからないが、警告としては、ありだ。

以前、小説を翻訳していたときに、自分の頭の固さを思い知った。
受験勉強的というか、辞書の表面的理解というか、1語に1つの意味で固定化。
そこから出られない自分の頭を嘆いた。

文脈の上で意味する言葉、生きた言葉で表現ができないのだ。

ところが、子どもはどうだ。
素晴らしいのひとこと。

指導者は、この素晴らしい子どもの発想を、より正確なものにほんの少々整えてあげる。
たとえば「watchingそのものの意味は〜」と補足する。
それだけで、いいのではないだろうか。

しかし、こんな、ふくらみのある(自由発想の余地のある)英語理解を進められるのも、すぐれた絵本ならでは。

そして、解釈をにじませた読み方、reading fluencyを促すリードアラウドならでは、と思う。

新年度の選書をしながら〜Read a Bookの歌

2015年度の、ブッククラブスクール書店ワークショップなどで読む選書の真っ最中。

重複がないように、みんながなるべく楽しめて、ジャンルやテーマに偏りがなく、在庫が安定しているもの。
なかなか難しく、うなりながらの仕事だ。

息抜きに、こんなビデオを見た。

子どもの声は、本当にリラックス効果があるなあ。
そして、こんな子どもたちのために、喜ばれてためになる本を選ぶぞ!
また、元気が湧く。