「高校入試にTOEFL活用 大阪府」〜新聞記事より

朝日新聞デジタル版にこんな記事が。

TOEFLを高校入試に活用するのは、「国際的に通用する英語力を持つ生徒を入試で高く評価する狙い」と大阪府。

大学入試ならみんなの問題で、選択肢が広がりいいと思う。
でも高校は、一部のずば抜けた生徒向けだけになるだろう。
TOEFLの問題は、精神年齢的にも高校2,3年以上を想定しているだろう。
一般の中学生には難しい。

大阪府の意図があまりよくわからない…。

わたしがまだ中学生だったら、TOEFLジュニアをまずは目指すなあ。

わが生徒たちからも、興味を持つ子が出れば助ける気、満々!