米国上院議員、Dr. Seussを読む

「オバマケア」(国民皆保険)が承認されるかされないかの瀬戸際、米国の上院議員、Ted Crusさん(テキサス州選出の共和党)が、Dr. SeussのGreen Eggs and Ham を全部引用というか、read aloud.

政治的に、意味深である。
「いやだ、いやだ」と食わず嫌いのおじさんが、最後の最後にGreen Eggs and Ham を食べたら、美味しくて大好きになる話。

「Green Eggs and Ham」が、米国にとっての初めての国民皆保険の暗喩に使われているらしい。
それはともかく、彼のread aloudをどうぞ。

上院議員による Green Eggs and Ham
(記事の下の方の、ビデオ)

こちらは、初めてのアフリカ系大統領候補だったJesse JacksonによるGreen Eggs and Ham
教会の牧師でもあった人なので、さすが。うまい!
まるで、公民権運動の演説。
こちら「贈り物」バージョン

このように、Dr. Seussは、米国理解に欠かせない教養なのである。