「読書の秋を満喫しよう!」朝日ウィークリーで紹介した本〜その2

(つづき)
Who Was Steve Jobs? Who Was Steve Jobs? ( Who Was...? )
Apple コンピューターの生みの親でApple社創立者の生い立ちや個性的な生き方、独創的な製品の由来などについて、コンパクトにまとめたもの。読者と同時代を生きたひとでもあり、その「創造物」は広く普及しているので親近感がある。

National Geographic Kids Almanac National Geographic Kids Almanac (2014)
「Everything You Always Wanted to Know About」を謳う、子ども向け年鑑である。 版元は文化・自然地理に強いナショナル・ジオグラフィック社。なので、自然科学、技術、地理などが特に充実している。

The Diary of a Young Girl
1942年、13歳だった早熟なユダヤ人少女。44年に強制収容所に送られるまで、彼女がナチスに隠れて暮らすオランダでの日々を綴った日記である。父によって削除された部分を復元したオランダ語版からの英訳。

また、紙面の関係でカットになったが、とてもお勧めしたい1冊は、これ。
Heart of a Samurai Heart of a Samurai
鎖国時代に初めて米国に渡った日本人のひとり、ジョン万次郎の史実に基づいた物語だ。1841年14歳の万次郎が乗った漁船が難破。漂着した無人島での生活は『ロビンソンクルーソー』、米国捕鯨船に救助され、その後、一緒に捕鯨する場面は『白鯨』さながら。冒険小説の「わくわく」感で、ページを繰る手が速くなる。