『The Book with No Pictures』〜コメディアンでもある作者が読むと

『The Book with No Picture』は、リードアラウドするものとして、食指が動く本だ。
作者はB.J.Novak、まだ若いコメディアン、プロデューサー、脚本家、作家、俳優…という才能あふれる人だ。

その作者自身が読んだ本書、これぞリードアラウド。
ただし、相手は英語母語者なので、まったくの読み聞かせ。
それにしても、学ぶところが多い。