Theater Games:10 Fingers~キッズブックス英語スクール

本がかなり流暢に、内容にそった感情も入れながら、読めるようになってきた小・中学生クラス
文章のなりたちにも興味を持ち出した。

こんなとき「sentenseとは」の概念を、するするっと子どもの頭に滑り込ませたい。
Sentencesが持つ、主語と述語というおおまかな構造だけでも、と思う。

そこで、役に立ちそうなシアターゲームをやってみた。
10 Fingersだ。
こんな感じですすめるゲームだ。

ただし、英語学習者向けには、簡単な質問の型を示してあげるといい。
先週は、「Do you 〜?」
で、質問し合った。

今週は、「Did you 〜?」に、「いつ」も加える、という決まりにした。

「Did you eat curry rice yesterday?」など、それらしいやりとりが出来る。
子どもにしてみると「しゃべった感」もあるようだ。

「Did you went〜」などという、いい間違えもしてくれた。
wentを、goにさらっと直してあげながら、文法を意識させる。

「どこで(に)」なども、自然と加えたくなって、案外と長い文章にもなる。
「Did you eat curry rice at home yesterday?」
「一人前の英語っぽい」、そんな感覚を子どもたちが、積み上げていけたらいい。