スカイプでレッスン〜キッズブックス英語スクール

小学6年生には、「天下分け目の関ヶ原」、中学受験が迫ってきた。
わがスクールの俊英のひとりも、受験。

塾に土曜日を取られて今学期はスクールに通学が叶わなくなってしまったが、スカイプで個別レッスンをすることにした。

教室で実際に指導できず、受験塾が恨めしいが、発想を切り替えた。
教室で教えにくいことでスカイプならやりやすいこと、をしてみよう。

ほとんど英語で通すこと。
教室でも努めてはいるのだが、生徒たちがわたしたち指導陣に日本語を言わせようと、上手に甘えてくるので、負けてしまうこともたびたび。

だがスカイプ、離れているので「冷たく」突き放して、英語で通しやすい。
相手もそういうものと、あきらめて、英語を分かろうとするのは発見だ。

もうひとつの狙いは、生徒の英語のアウトプットを促すこと。

集中してやれるのもいい。

「遠隔授業」だから出来たこともあって、「これはこれで、よかったな」と後に思える授業にするぞ〜!