小学1年生の詩の朗読「へいわってすてきだね」

大人になると忘れてしまう、失ってしまうものがある。
子どもの表現、最近の「秀作」はこれ。

「へいわってすてきだね」
詩。作・朗読 安里有生くん

朗読もいいが、目。
白目が真っ白、ちょっと青っぽいほど。
心も窓かな。