あっという間の3時間〜ワークショップ報告

参加者のみなさんの感覚は違うのかもしれないが、1:30〜4:30のワークショップが、いつも短く感じる。

時間配分にかなり神経を使うのだが、面白かったり気になる表現や、「この機会に伝えたい」と思うところがあると、ついそこで深入りしてしまう。

今月は、リードアラウド指導の真骨頂、双方的進行についてまとめてみた。
生徒への発問である。
それを、どこで、どうするか。

これは、
「(ネタを・指導者が)ふる→(生徒が)うける・おちる→つっこむ・フォローする(指導する)」
お笑い芸人の基本と同じだと、確認してもらう。

The Carrot Seed で、どう生徒に「ふり」、どんな「うけ」や「おち」を予想し、どう「つっこみ」を入れたり「フォロー」という名の指導をするか。

これが出来ると同時に、生徒に読み方を指導するわたしたちの朗読も、磨かなければならない。

同じ物語でも、相手の精神年齢に合わせた読み方がある。

幼児と読むなら、「わっ、ニンジンが出た!」という驚きや喜びを高らかにうたい上げる、分かりやすい仕上げにする。

だが、その読み方では、知恵のついてきた10歳あたりからはもの足りない。

自己実現や信念を持つ大切さ、自尊などまで感じさせる朗読に仕上げたいところだ。
この場合は、甘すぎたり、もったいぶった読み方には拒絶反応が出る恐れもあるから、文字通り、言葉の端々に気を使う。

ここまで、読解を深めて朗読を仕上げた(仕上げようと努力した)指導者と、適当に読んで、技巧的に声を甘くしたり大きくする指導者の差を、見抜ける子は少なくない。

子どもを甘く見てはいけない。

こう考えると、ワークショップ参加者に伝えたいことが溢れ出す。
そのたくさんあることを、均等に縮めて3時間ずつにすればよいのだが、「均等」が実に難しいのである。

さて、いろいろ溢れてしまった前回のワークショップだが、そこで、伝えたかったことを1つだけ抽出せよ、と言われたら……。

そうだ!

「The Carrot Seed」
という題の読み方か。

読むときに、イメージを言葉のカプセルに閉じ込めるつもりになること。

「わっ、ニンジンが種から出来たよ!」と生命の不思議への驚嘆を込めるもよし。
「自分を信じて努力するといいことが起こるよ!」とニンマリ、自尊の気持ちを込めるもよし。

何にしろ、何らかのポジティブな、テーマに関わる意志を込めて読むこと。

加えてそれを、伸びやかで朗々とした声で読めたら、もうそれで観客(生徒)の心をだいぶ掴めるものだ。

追記:
気持ちを込めるとどれだけ読みが違うか、を実感する練習をやったが、傑作だった(こんなことをするから、3時間じゃ足りなくなる!)。

絵本にはほとんどありえない「気持ち」、sexy。
それをご愛嬌で、思いつきの言葉、Sapphireに込めてもらった。

ただ「Sapphire」と機械的に言うのと、口にする前に(うっふん、sexy)と心で唱えてから言うのでは、大違い。

参加者の照れ具合や、Sapphireというたった一言が(うっふん、sexy)と思ったとたんに、違う響きを持った結果、それまでのみなさんのそれぞれの印象にそぐわなかったりして、爆笑!

いつか、ものすごい堅物の先生方と、こんなレッスンをしたら面白いだろうなあ。

あの、マリリン・モンローがケネディ大統領の誕生祝いに、このThe Carrot Seedをread aloudしたらどうなるだろう。
(これだけで、漫才のネタになりそう……)

ポートランドで食べる野菜と果物

新聞のコラムに『作家の口福』というのがあって、そこで先週、内館牧子さんが「田舎くさくて力強かった昔の野菜」という題で書いたエッセーを読んだ。

「やっぱりそうなんだ」と思った。
昔の野菜、特にトマトの味が、今と昔で違うのだ。

それだけでなく、東京で食べるほとんどの野菜と果物の味が、わたしの思い出の、それこそ「口福」な味と何だか違うのだ。

その味のことは、ほぼあきらめていた。

ところが、(生まれも育ちもそこではないのだが)10数年来「新田舎・故郷」にしているアメリカ、オレゴン州ポートランドのファーマーズ・マーケットの野菜と果物を知った。

そこで、その懐かしい野菜や果物の味を「ミッケ!」したのである。

ポートランドの夏のトマト。
ああ、あのトマトなのだ。
夏のおやつだった。
緑のところは青臭い、でも赤いところのゼリーのような種部分と、今のもののようにざらざらしない、ぷりっとした果肉がなんともうまいトマト。

それだけではない。
昔の味は知らないはずの、日本登場は比較的「新顔」のチンゲンサイだが、これはポートランドで食べるのと似て非なるもの。
株から立ち上がる香りが、日本のものからはほとんど抜けている。
有機のものは、ちょっとだけ香るようだが。

ああ、カリフラワー、芽キャベツも大違い。
キャベツの仲間は、農法によって香りが抜けやすいのか。
または、鮮度の違い?

材料がいいと、なるべく手のかからない料理でこそ、美味しく食べられる。

冬は、キノコ。
値段はずっと東京のキノコのほうが安いが、オレゴンの野生または小さな農場での野生種栽培キノコは、香りと歯触りが違う。
エノキ、ナメコは絶品。

冬、春のリンゴも、こぶりだがパリンと割れて、瑞々しく香り高い。
夏はブルーベリーが有名だが、オレゴンのイチゴも凄い。
赤黒く路地で熟したそれは、日本のショートケーキには似合わない姿だが、目が丸くなるほど甘い。

赤肉のキャンテロープ・メロン。
3ドルほどだが、5000円の夕張メロンに勝つ糖度で、皮すれすれまで果肉が美味しい。

ちっちゃなマスカット・グレープ。
岡山のマスカットと大きさを比べたら、イクラとトビコ程違うが、味は互角か。

もうきりがない。

夏にアメリカに行く予定があったら、ぜひ、足を伸ばしてポートランドに。
野菜と果物の本来の美味しさを味わって欲しい。

子どもは、OMSI(オレゴン科学技術博物館)が夏中主催するサマーキャンプに入れるのも、いい経験に。
1日から1週間のプログラムまで、いろいろ。
大自然の中での人間を考える、絶好の機会だ。

子どもがキャンプに行っている間に、大人は料理三昧。
キッチンが必要なら、ご一緒しましょう!
夏近し。

チチコグサ(父子草)を知っていますか

雑草の名前をかなり知っていたわたしは、あるとき父に、よくある雑草を指差して、ハハコグサ(母子草)という名だと教えてあげた。

すると大正生まれの父は、
「なんで、いつも母と子なんだ!」
と本気で不快そうに言った。

「イクメン」なんて言葉ができる、ずっと前のこと。
父は、すでにイクメンだった。

「ハハコグサなんていう名は、差別だな」
とも言って、しっかり子育てに関わっていた父は、自分のような父親たちの存在を知らしめたかったのかも知れない。

そんな父に話してあげたい、昨今の「イクメン」現象。

本当は子育てに関わりたかったのに、「子は母がいちばん」とかハハコが強調されて、父の時代は表立った子育て参加には、ある種の勇気が必要だったようだ。
それが、今では随分と解放された。

わがスクールの「親子クラス」もしかり。
先日は、まったくの「チチコクラス」だった。
体験クラスのときも、チチの参加が多い。

子育ては、母にも父にもやりがいのあるプロジェクト。
大手を振って、父が参加できる時代の到来に、わが父もきっと(あの世で)喜んでいるだろう。

ちなみに、チチコグサも存在する。
なぜかハハコグサよりも地味で小形で、分布も小さく、雑草ながら「邪魔になることが少ない」と図鑑には書いてあった。

AそしてB 、 Cちゃんとよい日を迎えた〜リードアラウド英語スクール

先日のスクール、新学期になってから調子の出ないAちゃんとの久しぶりのクラス

お母さんとの面談も予定されていた。

頑張りやで誇り高いAちゃん、せっかくのやる気と高い能力が、ちょっとしたきっかけで負の方向に行ってしまう。

前回がそういう負の日だったので、この日は前回を取り戻すような、よい学びの機会になって欲しいと、わたしもR先生も祈るような気持ちだった。

そして…
バンザイ!
授業に集中したうえ、楽しそうな笑顔をみせた。
90分のクラスが終わっても、「助手」として残って次の授業まで手伝ってくれた。

登校したときは心配そうだったり、済まなそうだったお母さん。
とてもいい笑顔で帰路についた。

お母さんへのメールを通じて伝えた指導陣の気持ちが、ちょっとはAちゃんの心の琴線に触れたか。

こちらにも笑みが浮かぶ。

実は、この日、嬉しかったのはこれだけではなかった。
仮に教育の神様みたいなものがいるとしたら、この日はわたしとR先生にご褒美をやることにしたらしい。

BちゃんとCちゃんのいる親子クラス70分が、とてもいい時間になったのだ。

リードアラウドする本と、英語の基礎学習(現在は、英語大文字の認知、音素、発音の簡単な規則など)を関連づけ、遊びにまぶして学ばせ、英語好き・本好きにするのが目標。

だが、本と学習が繋がらないばらばらのものになったり、学習のない遊びや、遊びのない学習になったり、相手が幼いこともあって思うように進まなかったり、いつも満足ゆくものになるとは限らない。

ああ、それが!
この日は、5歳のCちゃんを迎えてから初めて、「すれすれセーフ」だが、すべての要素をほぼクリア!

最後の10分、限界に近づいた4歳のBちゃんが、とうとう教室を歩き出した。
そこまでうまく行っていたので、ここでどう導くか。

このとき、聞こえてきたBちゃんの声にはっとする。

WALK、WALK。
なんとBちゃん、英語で言いながら歩いていたのである。

よし!
そこで、即座に「Simon Says」ゲームのSimon says抜き、動作を指示してそれに従うゲーム(もどき)を始めた。

その日は授業にだいぶ「動き」を入れたつもりだったが、70分は4、5歳には長い。
最後の10分は、「このくらい動かなきゃ」とBちゃんに教えられた。

そうして、教室中をみんなで
walk, run, jump, hop…
なんでもござれの、運動会となった。

新入生Cちゃんも、跳んだり、跳ねたり、そしてそのたびに、
hop hop、jump jumpなどと繰り返し言う。

これ、多くは『Hop on Pop』からの語彙なのである。

ヤホー、本の語彙がこの子たちの体にしみ始めたぞ!

リードアラウドの約束「むにゃむにゃでもOK」って?

リードアラウドという、英語を母語としない人でも英語絵本を楽しめる読み方。
これを「指導法」として固めるまでには、生身の子どもたちの前に絵本をもって立つというフィールドワークによる試行錯誤があった。
参観してもらった大人の質問に答えることが、これまたとても有意義だった。

そして、多くの質問に答えながら、共通する感想を持った。
それは、
「日本の学校で英語を勉強した人は、自分の学んできた方法に随分と縛られているなあ」
ということ。

たとえば、ある絵本に「He had known it would.」という文があるのを見て、
「これは過去完了型で、おまけに複文。中3レベルです。子どもには難しすぎるのでは?」
と言ってくる人がいる。

また、「This is the house that Jack built.」という文を見ると、
「中1程度ではまだ習わない関係代名詞が使われていて、小さい子に教えるには早いのでは?」
なんて言うのだ。

さらに、「過去形が使われていない絵本を使うべきでは?」には困った。
実生活ではごく早い時期から、過去形を使う。
だから、絵本でも当たり前のように使われている。

どうやら、日本の学校で学んだ順番が、体に染み付いているらしい。
そして、子どもに絵本を読むことが、英語を教えることと同義になっている。

また、学校で習った逐語訳の方法。
文の後ろから訳す。すべてきっちり訳す。
多くの大人は、こうしないと落ち着かないらしい。

例えば、
This is the house that Jack built.
を「これはジャックが建てた家です」と訳す。
まあ、これくらいさっと目に入るような短い文なら、後ろからでも訳しやすい。
でも、自然な理解の流れで訳すとこうなる。
「これは家だよね。そして、これ、ジャックが建てたんだよ」

きれいに訳すことが目的ではなく、楽しむことが目的。
頭から見ていって、内容がわかればいい。
思考の流れに沿うようにすれば、子どもに(実は大人にも)分かりやすい。

一字一句、きちんと訳してから先に進むという縛りは、「英語は勉強」という観念が染み付いているからだろう。
もちろん、中学生以上なら、英語=勉強ということが多い。
しかし、小学生以下の子どもにとって、絵本はお楽しみ。

いい絵本は、絵を見るだけで内容をさっと掴めるよう工夫が凝らされている。
だから、分かるものや分かりそうな英文だけ拾って、飛び石のようにポンポンとテンポよく読んでいきたい。
こういったことが、「リードアラウドの4つの約束のうちのひとつ、「(最初のうちは)読めないところは、むにゃむにゃでもOK」へと繋がった。
歌でいうと、歌詞が分からないところを「ふんふん」と鼻歌にするようなことだ。

完全に歌えるように、テンポを落としてゆっくり歌ったら、歌の魂のようなものが抜けていく。
絵本を読むのも、似たところがある。
「飛ばしちゃだめ。全部読めるまで先へは進まない」とせずに、「読めるね!」と読めたところを褒め、とびとびでも全体を掴む。
読めないところを強調せず、読めるところを勇気づけて、少しずつ読めるようにしていく。

こんな方法で、英語絵本を楽しむ子どもたちを増やしていけたらと思う。

This Is the House That Jack Built  8×8