Dinosaur Pet〜替え歌で子どもと歌う往年のポップス

先週、今週と2週続きでスクールで学んでいる絵本は、Dinosaur Pet

リードアラウドとは言いながら、語感を養い、いつもよりちょっと多めの文字をこなすのに、こんなポップな歌も使うことがある。

もともとは、Neil Sedakaの大ヒット曲、Calendar Girl.
今、わたしが教えている子たちの「おばあちゃん」「おじいちゃん」の世代なら知っている曲だ。

本 Dinosaur Petは、そのNeil Sedakaが孫たちのことを頭に描いて、息子と協力して作り、Neil自身が歌っているもの。

往年の雰囲気を、ぜひCalendar Girlでご覧頂きたい。

こんなところでも、親が興味を持つと、また「もう一回!」と子がCDをかけ、うたいだすかも。

書くのもヤボなことだが、エヘン。
学習目的は、12ヶ月名(January〜December)を自然に言えるようにすること。

P.S.1
おことわり「指導者の音程・リズムなど、はずれることがあります。歌付きリードアラウドは、スクール生限定のスクールのみでご一緒いただけます」

昨年度は、Puff the Magic Dragon でした。

P.S.2
もしカラオケなどする機会があるなら、ぜひCalendar Girlと、Puff the Magic Dragonもレパートリーに。
子どもと練習も、楽しいものです。