インフルエンザ予防接種はスーパーマーケットで

 アメリカ、ポートランドでは、夏の終わり頃からインフルエンザのことを騒ぎ出した。IMG_0368

 そしたら、今晩、夏のこのパンデミックと騒ぐ新聞での予想よりも早く予防接種が始まった知らせが、Safewayというスーパーマーケットから来た!

 スーパーで予防接種、アメリカではよくあることだ。数年前も、たまたま秋にポートランドにいて、別のスーパーで予防接種の注射をしてもらった。今回の宣伝が来たSafewayには、処方箋を受け付ける薬局がある。その薬剤師が注射をすると書いてある。予約もいらず、おまけに10% off。実にプラクティカルだ。

 まあ、普通の医療サービスについては、アメリカは問題が多く、これがいまオバマ大統領の悩みの種であり、国民の悩みの種でもある。医者に診察してもらうのに、ポートランドでは2週間かかると、友だちが嘆いていた。すぐにかかれるというわたしに、「日本には医者が多いのか?」。そしてまたアメリカは治療費も保険もバカ高い。わが国民保険の月々の金額を教えたら「ヤスーイ」とたまげていた。……インフルの予防接種がスーパーでしてもらえなくても、我慢するか。