英語の「自動化」、シアターゲームで〜キッズブックス英語スクール

英語の絵本を「教科書」に、豊かな表現を旗印に、独自の指導法リードアラウドと始めて10年余。

教育は、結果が出るのに時間はかかるが、リードアラウドではの結果が実り始めている。

 

クラスでは、教室での英語絵本読解や朗読に加えて、家庭にもちょっとしたreadingでの協力を求めることで、ほぼ2年で、英語圏小学1年生の1学期程度のReadingと、それに伴ったListening力がつくようになった。

 

そこで、このところの新たな懸案は、

このようにListeningとReading力を伸ばしながら、英語歴3年以上の子どもにいかに

speaking、そしてwriting、

いわゆるoutputする力をつけるか、である。

 

そこで、「脈」があると思っているのが、シアターゲームだ。

 

Improvisationとも呼ばれ、即興と訳される、もともとは演劇のメソッドとして始まったもの。

 

シアターゲームが、どうやら、英語のspeaking力をつけるのに必要な英語の自動化に、力を貸してくれるようなのだ。

 

いかに英語で「とっさの反応」ができるか、という力とも言える。

 

この英語の自動化の練習として、数あるシアターゲームのうち、たとえばWord Ballゲームをしている。

 

教材とした絵本から抽出した、日常に頻出する言い回しを20ほど貼り出す。

全員、その語句を読めることを確認したら、

ボールを用意し、みんなで輪になる。

 

ランダムにボールを誰かに投げ、それと同時に、提示した語句をひとつ言う。

ボールを受け取った人は、その語句を繰り返し言ってから、自分で新たな語句をボールとともに誰かに投げる。

これをスムーズに、そしてじょじょに速くまわしていく。

これだけのこと。

 

これは文字が読めさえすれば、それ以上の英語のレベル差は関係ない。ただ反射力で勝負できる。

そこも、子どもたちに好まれる点だ。

 

語学に必須の反復学習が、これでは遊びのように楽しく続けられる。

またボールを受け取ったり投げたりする動作指令が脳を忙しくさせ、言語活動も普通と違うルート、反射神経的なルートでカバーする。

 

これ、すなわち自動化、かと。

 

この日の授業は、野球や運動会で疲れている子どもの目もきらきら。

 

ボールのスピードも上がり、それに合わせた英語語句も実に滑らかで自然な、まるでネイティブの速度!

 

「もう終わっちゃった!」と、授業時間を短くも感じてもらえるほどだった。

 

小学生クラス

 

 

 

 

遊び+英語output、こんな感じ?〜キッズブックス英語スクール

「純ジャパ」(日本国内のみで英語教育を受けた日本人)と「インターナショナル校生」が混じる小学生クラス。

 

「インター」組を飽きさせず、「純ジャパ」もやる気にさせ英語アウトプットを増やすのは、なかなか骨が折れる。

 

先日、数あるシアターゲームのWord Ballというゲームを、英語アウトプットを増やす目的でアレンジしてやってみて、手応えを感じた。

 

やり方は単純。

読み終えたばかりの絵本『The Pigeon Need a Bath』から、

主人公のPigeonがフロを嫌がって、いろいろ「ごたく」を並べるその台詞を20ほど札に書き出し、ホワイトボードに貼る。

台詞はこんな語句だ;

A matter of opinion.

Too hot(too cold, too wet…)!

Take a bath!

I feel clean.

などなどで、まず復習。

 

どれも読めるようにして準備完了。

 

あとは、みんなで輪になって、ボールをランダムに投げて渡す。同時に、貼られた台詞のひとつを言う。

ボールを受けた人は、同じ台詞を繰り返してから、今度は自分が何かひとつ別の台詞を言って、次の人に渡す。

 

これを滑らかに次々と続けていく。

 

このWord Ballゲーム、単純なのだが、とっさに英語を言う機会を、簡単に作り出してくれる。

 

また、言い方はボールを早くパスしたいがために、自然と速く、リンキングもされたものになる。

 

おまけに、語学の獲得に必須な反復練習を面白いものに変えてくれる。

「この語句を5回言いなさい」と言われてただ反復練習するのと、ゲームのルールとして「投げるたびに語句を言う」のでは不思議なくらい気持ちが違う。「勉強感」がゼロに近い。

 

この日、このゲームをしたのはたった10分程度だが、ボールをどんどん回そうと、みんなの手も口も速くなり、いったい何度くらい「今日の語句」を口に乗せただろう。

 

遊びと英語のoutputを結びつけた学習、こんな感じもありかな?

リードアラウド認定講座第3回が終わった!その3〜リードアラウド研究会

今回、ベテランと中堅のリードアラウド指導者と、読み聞かせのベテランでリードアラウドはまだ日が浅い人の朗読を聞いて、ちょっとした発見をした。

講評の時にも言及したが、自分の朗読を客観的に聞くのは難しいので、何をわたしが言っているのかわからなかった人もいるだろう。録音があったら今一度、自分の朗読を聴き直して欲しい。

 

この日のわたしの発見は、皆さんの語尾。

 

語尾というのか、ピリオドが来る直前の語句。

そこに、文の表現とは関係のない自分の癖が出るのだ。

 

いつも最後の言葉に、節のような力が入る人。「〜なのである」のように、良い表現「〜」の後に、余計な「なのである」という演説の口調のようなもの(言葉ではなく、節回し)がつく感じだ。

 

また、例えば少女の台詞を少女のように読んでいるところに、最後、地声の別の読み手のようなキャラクターがハッキングしてくる。

 

語尾がどうなるかは、それぞれの癖で十人十色なのだが、何しろ別のキャラまたはそぐわない表現がピリオドの前の語句に侵入することは共通している。

 

この傾向があった一人、彼女が昨年度の発表会で独白調の『Crow Boy』を読んだ時は、このクセはすっかり影を潜め、素晴らしい出来だった。

またもう一人、「おはこ」のある詩を読んだ時は、語尾は自然な詩の余韻を持ち素敵な仕上がりだった。

 

このほか、これまでの彼女たちの成功例を思い出しながら、今の「語尾問題」を考えた。

 

原因および解決法は。

 

表現をつけずに読み込むこと、ではないか?

 

毎日1回でも読む。途中まででもいいから、何の表現もつけず読む。暗記したぐらいスラスラ文が頭に入ったところで、初めて表現をつける。

 

おそらく、今回の課題書は登場人物3人なので、演じ分けの切り替えが頻繁に必要となる。

そのために生じる「タイムラグ」が、原因なのでは?

 

それは台詞の読み込みで、おそらく解消される。

 

キャラの切り替えで頭が忙しく、「この台詞はもうすぐ終わり、次に切り替える準備!」とアラームがなって、集中が途切れるのではないか。

集中が途切れると、一番自分がやり慣れた、つまり癖が出る… 。

 

さて、ベテラン、中堅の皆さん。いかが?

 

 

その1へ

その2へ

リードアラウド認定講座第3回が終わった!その2〜リードアラウド研究会

リードアラウド(RA)の指導の肝に、双方向型指導がある。

生徒は座ってただ説明を聞く、という授業ではなく参加する。

参加させるためには、指導者はまず生徒の緊張をとること。

そして「豊かな表現」を導くには、感情をある程度、解放させること。

 

そのために、シアターゲームが有効という気持ちが、日々強くなっている。

今回も、指導者自身の表現のための演習として、そして同時にそれを生徒にも使える幾つかの、シアターゲームをした。

 

そこでまた、発見をした。

 

シアターゲームでの学びは、大人も楽しめる

 

ということ。そして、効果が望めるということ。

 

滑舌は、RA指導者の一つの表現技術。頭ではなく身体でのみ習得できる。

また、一時できても、放っておくとまた錆び付く。これまた筋肉トレーニングと同じ。

時々やらなければならない。

 

今回は、初めてゲームで滑舌演習をしてみた。

 

Bippity Bippity Bopというゲーム。

英語圏の人達には、特に滑舌のゲームという意識はないが、わたしが初めてアメリカのImprovisation workshopに参加した時に「これ、tongue twisterだ」と思った。

 

bとpとt、破裂音が続いて言いにくい。早く言うことがゲームに勝つ要素なので、it(オニ)にならないように、またはitから抜け出すために、早口でこの意味のない3語を言わなければならない。

 

得て不得手があって、なかなかitにならない人もいるのが、難といえば難だが、itがうまくなればみんな、いつかはitになる。

ゲラゲラお腹が痛くなるほど笑って、楽しく練習できることが、今回よくわかった。

子どもだけでなく、大人も多分、楽しい環境での方が、学びが身につくのではないか。

 

別の3語のtongue twisters、いろいろあるのでそれらを使って、時々やっていこうと思った。

 

(続く)

参考映像

リードアラウド認定講座第3回が終わった!その1〜リードアラウド研究会

思いっきり声を出すには広い場所が一番と、今回は36人も収容できる部屋を借りておこなった。
いつもながらこの講座では、わたしにも何かしら発見があり、いまだ絵本、朗読表現法、指導法の探求に興味は尽きない。

ここで今回の発見を。
まず声について。
「声、特にlow pitchの響きは、一朝一夕には生まれない(でも「数朝数夕」には生まれてくる!)」

癖がさほど強くない人なら、ちゃんと意識して発声練習をすれば、どうやら数カ月後あたりから変化がはっきりでてくるようだ。
というのは、今年度の新人のひとりが、まさにそういう成長を見せつけてくれているから。
受講前に別のところで聞かせてもらった朗読と、3〜4カ月間、リードアラウドの指導を受けてきたいまの朗読では、あきらかに声の奥行きが違っている。
いまは、声が響き始めている!

このすぐあとに続いているのが、先月から仲間入りした一番の新人だ。
目下、彼女は、low pitchの出し方で苦労している。
低い声を出すときに、喉の管がどこか開き足りないようで、共鳴が十分でない。かすれる。
声の通り道を広げる稽古が必要だ。
この通り道は筋肉質なので、筋トレに似た練習がいる。
筋肉質の喉の管を、あくびをするときの感じで、卵サイズにまるく広げればいい。
声を出すとき、反射的にそうなるよう、癖をつける。
その癖をつける練習が必要だ。

先日、偶然、歌舞伎役者(片岡孝太郎さん)の台詞の練習方法のインタビュー記事を読んだ。
密室状態になる車の中で行ってるとのこと。
駐車中の車にひとり入って、窓を閉めおもいっきり声をだして練習するそうだ。
彼の父(片岡仁左衛門さん)も、いまだにこの方法で練習しているとのこと。
人間国宝もそんな練習をするのか……と少し意外な感じもあるが、声や表現はそれほど真剣に稽古すべきものということなのだろう。

リードアラウド、新人たちが頑張っているなか、旧人も油断大敵である。

(続く)

Mr. Rabbit and the Lovely Present