名優に学ぶ授業法~リードアラウド研究会

先生にとって授業は演劇、教室は舞台だなと思う。

81歳で現代の名優と言われる、山崎努さんの演技論にその思いを強くした。

 

準備期間中はどう演じようかと頭を悩ませていた。しかし撮影現場ではそのプランをいったん捨てる。それが理想だ

 

「演技はその場に応じて変わったほうがいいんじゃないか」

 

「その通りにやっても生きた演技にはならない。準備はあくまでも手がかり足がかりなんです」

「(ロッククライミングで言えば)滑落を覚悟の上で、新しい登り方をするのが、理想」

 

これなら間違いないということをやっていても、それで演技が死んでしまうのであれば、観ている観客は面白くない。

むしろ滑落したほうがやっている甲斐がある

 

下手であろうが多少うまくできようが、演技はそのとき、その場のもの

 

「演技」を全部「授業」におきかえると、ぴったりくる。

 

ということで、次回の認定講座のリードアラウド指導の仕方(模擬授業用)は、準備用にあらかじめ参加予定の皆さんに、遅くとも前日までに送っておく予定。

手がかり足がかりとして準備してみてください。