リードアラウドの先生が「五月蝿い(うるさい)」わけ〜キッズブックス英語スクール

 

言葉を学ぶのに大切な力は、読解力。

読解力は生活力にもつながる。

 

ならば、英語も読解力、reading comprehension が重要だ。

 

科学的な研究で、reading comprehensionとfluency(表現ある流暢な音読)に正の相関(どちらも一緒の方向に変化すること)が認められた。

 

つまり、読解が深まるほど、表現が立ち上がるような流暢な読み方になる。

逆に、読み方がたどたどしいのは、読んでいる文の内容が分かっていないことを示している。

 

comprehension (読解力)  ⇄  fluency(流暢な読み)

というわけだ。

 

そこで、読解力を高めるには、fluencyを育てればよい。

 

その方法は?

 

1. repeated reading:なんども読むこと

2. assisted reading:表現豊かでfluentな読みを手本にしながら読むこと

 

この二つの有効性は、英語圏で科学的に検証されているから、信じてもよいだろう。

 

そこでリードアラウドだが、

・・・・・・今までどおり。

「五月蝿い(うるさい)」先生たちが、あーでもないこーでもないとツッコミを入れて、皆さんに何度も読んでいただき、「ええっ〜」というような表現でお手本の読みをさせていただき、躊躇する皆さんにもマネしていただきます。