リードアラウドの双方向型授業〜認定講座第3回報告その3

リードアラウド指導で、表現指導ともうひとつ特徴的なものがある。

双方向型で進めるということ。

たとえば、一方向型(説明調)指導であれば、

「これは『Three Little Kittens』という本です。三匹の子ネコが手袋をしてパイを食べ、お母さんネコに叱られる話です」

と説明すれば終わってしまうところを、以下のように根掘り葉掘り、子どもに尋ねる。

双方向型(問答調)指導例

「どんな話かな?」→「ネコの話」→「そうだね、何匹?ネコは英語で言うと?」→「三匹。cat」→「そうだね! 三を英語で言うと?」→「three」→「そうそう。Three catsの話らしいけど、それが本の題名になっているかな?」→「???」→「そう、catって書いてない。なんでだ? このネコ、大人かな子どもかな?」→「子ネコ」→「そうだね、だから子ネコって英語で書いてある、kittens. 読んでみよう」→「ところで、普通のkittensと何か違う?」→「手袋をはめてる」→「うん、こういう手袋はなんて呼ぶか知っている?」→「ミトン」→「Yes、あたり。じゃそのmittensがどうかなっちゃう話?」→「(絵をぱらぱら見せ、物語の展開を自由に発言させる。筋に関係する発見は強調する。Pie、汚す、お母さんに叱られる、泣く、洗濯する)」→「ほんと、そんな感じの話らしいね。ここでよく一緒に読んでいこうか」

よく「大島先生はしつっこい」と、リードアラウド研究会会員に言われるが、褒め言葉に違いない。

子どもは、しつっこい。
同じことを何度も尋ねて来たり、ウケたことを何度も繰り返したり、同じ遊びをずっと続けたり。

子どもと波長を合わせるコツは、しつっこさだとも思う。

ということで、発問もしつっこく。

「早く教えたい」という欲求に禁欲的であれ。

リードアラウド指導者は執拗に(?)発問をし、それに対する子どもの応えを、Yes, and で繋いで、じりじり内容理解を深めさせる。

先日の講座で、この双方向型指導に関連することで、言及できなかったことがひとつある。

本を子どもたちと一緒に、声に出して読むときのやり方だ。

・既出、既読の語句は、指導者は一瞬遅れて読むこと。

例えば、three little kittens lost their mittens という文。
本書のタイトルはThree Little Kittensで、本文を一緒に読むというときは、もう既に何度も読ませた後だ。

そこで指導者は
「…three little kittens〜」と出だしを「…」と少し遅らせる。

よく遭遇するのは、張り切った指導者が引っ張って読ませる場面。
指導者がまっさきに声を出し、子どもを引っ張っていく。

そうしたときの子どもの記憶の引き出しは、締まったままだ。

しかし、ほんの一瞬でも指導者が遅れ空白の瞬間ができるだけで、子どもの頭の中では反射的に記憶の引き出しが引き出される。

張り切って子どものためと思って指導者がやることが、実は、子どもの学ぶ機会を奪っている。

だから、わたしはこういう場面に出会うと、胃が痛くなってしまう。

ときに、反射的に阻止しようとおっかない顔をして、一生懸命指導している研究会会員を睨みつけたりしてしまうのだ(すみません!)。

この「良心的後だし」も一種、一方向型指導だろう。

子どもや学ぶ人の学びの機会を奪う、一方向型指導、断固反対!

どうか、学ぶ人により多くの学ぶ機会を、そして挑戦を、双方向型指導を徹底させて実現してください。

次回の課題書
You Are (Not) Small

リードアラウドの発声練習〜認定講座第3回報告その2

第3回目、今期から始めた参加者もいることから、リードアラウドがリードアラウドたる所以など、しっかりおさえるところから始めた。

リードアラウドらしさのひとつに、指導者に声の張りを求めるということがある。

小学校の先生であれば、すでにその技能を身に付けていることが多いが、そうでないリードアラウドの指導者も、騒がしいところ、何人もいる教室でも、よく通る声を持ちたい。

よく聞こえるというレベルだけでなく、より細やかで深い表現を伝えるには、よく響く強い声が必要だ。

同時に、よく響く強い声は、観客や子ども、生徒たちを、その声に注目させることができる。
一種の、リーダーシップでもあるわけだ。

その響く、強い声。
どうやって手に入れるか。

姿勢を正し、深い呼吸で肺をフルに使う練習法を、講座で実践している。

近頃は、ベテランたちがすでにいい声を出しているので、あまりこの練習を強調していなかったが、新人を迎えて改めてその大切さを記しておく。

新人は、いつでもどこでも、この練習を継続的にして欲しい。

吐く息を意識して、それを細く長く、最後の最後まで吐き切る。
そして息を吸うのは、いつも鼻から。

簡単だが、この呼吸法が身につくと、リードアラウドしていて違いが出てくる。

意味の上では不適当な息継ぎだが、自分の息が続かずやむを得ずしてしまうことがなくなる。

また、息に余裕があるので、表現がしやすく豊かになる。

おかげで、聞いているひとにとって、より意味がとりやすくなる。

よく伝わるように表現することは、表現者の基本だろう。

次に声の響き。

今回は「あくび卵発声」で練習した。

つまり、口の中の奥のほうに、架空のゆで卵を送り込み飲み込んで行くように、口や喉を広く開けることを意識して声を出す。

この手軽な練習法は、家でやる場合、姿勢をただし、声を5メートルほど先に届かせるつもりで、大きな声を出してやる。

奥から声を出すということ、普段からこういう発声で話をしているひとは、日本語を使う人にはそう多くない。

例外は、演劇をやっていて舞台に立つ人たち。
訓練で普段からそのような声になっている。

どこかでその人たちの「生声」を聞けたら、聞いてみるとよい。

次回は、発声練習のもうひとつ、Roger Loveさん式(ハリウッド式?)でしっかりやってみるが、それまでは、新人のみなさん、

あくび卵式発声練習と、深い呼吸練習を、よろしく!

思い出したらいつでもどこででも、呼吸練習はできる。
信号待ちの間とか、細切れにでも効果はある。

また発声練習は、いつも遠くを意識して、遠くに声を投げるつもりで。

あくび卵発声のほか、課題書の朗読を、5メートル先に観客を意識してする。
座ってちまちました練習ではなく、距離をとること。

またその際、声帯を痛めないために、頻繁に水で潤すことを忘れずに。
乾いたまま続けると、つぶれてしまうこともあるので注意。

ベテラン、中堅は、喉の奥からの発声、ミドルボイスなどの意識を改めてしながら、朗読練習を。

発声の練習のためだけに、表現はそこそこにして、深く響かせることに重点を置いた読む練習も、表現練習とは別にするといい。

リードアラウドの表現指導〜認定講座第3回報告その1

今回は、マザーグース『Three Little Kitten』のPaul Galdoneのイラスト版が課題書。
目玉は、指導者自身の表現演習と、表現の指導法だった。
リードアラウドらしさのひとつでもある。
・英語を通じさせるには、表現が伴うことが大切。たとえ英語が稚拙でも表現力があると通じやすい。
・英語が腑に落ちるのと、的確な表現ができるようになるのは、ほぼ同時的である。
という、わたしの経験に基づく。
リードアラウドの指導者は、控え目だったり、ときには平坦だったりする日本人的な表現の殻を破らなければならない。

課題絵本に合わせて「表現の型」を作り、各論で学ぶ方法をとった時期もあった。
しかし、習得したように見えても、実は一過性で、すぐに自己流に戻ってしまうというジレンマがあった。
試行錯誤の結果、3、4年前から、総論的な「表現の心」から学ぶ方法にシフトした。
さらに、1、2年前からは総論と並行して、その「心」を課題書でどう具体的に使うかという各論もまぜている。

今回の『Three Little Kitten』では、子ネコ・母ネコ・ナレーターの三種のキャラクターを表現する必要がある。
絵本ではネコが擬人化され描かれているが、子ネコや母ネコらしい声やしぐさと、ネコの姿でemotionsを表す、といったシアターゲームをした。

meowとpurrだけでも、いくらでも表現はできる。
そのはずなのに、ただの「meow meow」では、子ネコだか大人ネコだかわからない、字に書いたものを読んだだけのような「meow meow」が方々から聞こえてきた。
大人という鎧、先生という鎧、もしかしたら女性としての鎧、日常、身にまとっているいろいろな鎧が邪魔をして、表現が凡庸でつまらない。
それでもこのような演習を5分、10分と続けて行くと、笑い声とともに、空気も和やかに、表現もときたま凡庸を突き抜けたものが出現してくるから面白い。

母ネコが4回ほど繰り返す「What?」という台詞を、声のpitchを変えることで違うニュアンスにする演習も興味深かった。
よく聞こえなくて「なんておっしゃったの」、子ネコが大切な手袋をなくしたことのを聞いて「なんてこと!」と叱責する、「ほんと?」と驚いた感じなど八つの違うニュアンスを、「what」一語に込める演習だ。
表したいニュアンスを、自分の口から出る言葉にピッタリ被せることも、巧みになりたいところだ。

ありがたいのは、指導者の表現力向上のためのこれらの演習は、そのほとんどが子どもの表現練習に応用できるところだ。
「ネコ語」の練習は、子どもたちが大よろこびだ。
遊びと思ってくれるが、実は、「m-e-o-w」「p-u-r-r」の読み方と発音の学習だ。
英語でのネコの鳴き声の練習だけでなく、子ネコたちが「meow」「purr」で喜びや悲しみを伝える場面で意味をとらえてfluentな読み方をする練習になる。
「What?」も、ニュアンスを変えて何度も練習するうちに、子どもも言い慣れていつの間にか自身の語彙になる。

この日、大きく笑い過ぎて、柱に頭をぶつけ「ゴーン」という音を教室に響かせた人が二名。
楽しく学べた、と言えるかな?

Three Little Kittens

子どもの「気づき」に耳を傾ける~リードアラウド大人の心得

子どもに問いかけながら、理解度を深めさせていく指導スタイル(双方向型指導)をとるリードアラウド。

同じ本をいろいろな場で、違う子どもたちとリードアラウドすると、子どもに共通する反応というか、「気づき」があることに、大人が気づく。

『SHH! We Have a Plan』をいろいろなところでリードアラウドして、気づいたことがある。
絵に対して目のつけどころが違うこと。
4人の登場人物には、名前がない。
大人の目だと、それら登場者の一番の特徴は身長差だと思う。
そこで「大、中、小、極小」と、身長で4人を区別させようとしたが、
どうも子どもには区別しにくい。

そこで、子どもたちのつぶやきやら、反応に耳を凝らしてみた。

「顔が長い人」とか「短い人」とすると、すっきり分けられる?

「顔が短いのがふたりいるけど、どうする?」と心配すると、もうひとりの登場者の顔は「baby face」だと言って、ほかの子どもたちもそうだ、そうだの納得顔。

改めて、絵をよく見れば、確かに視覚的にはっきりわかるのは、顔の長さの違い。

大人は観念で、身長差が区別の要素だと思う。
でも子どもは目という感覚で、ぱっと顔の長さの違いに気づく。

他のグループでも、顔の長さで区別させると、間違わずに役に分かれられた。

そしたら、先日の書店でのリードアラウドをした先生方の指導記録にも、こうあった。

名前付けの時は、やはり男の子が「長い顔!」と答えてくれたり、また他の子からも「赤ちゃん!」などの反応があり、子どもの直観力に感服。

Shh! We Have a Plan

英語えほん千夜一夜〜第7夜Runaway Bunny

Runaway Bunny 文 Margaret Wise Brown 絵 Clement Hurd 9780061142710 中級 AD600 L

1947年刊のロングセラー、『Goodnight Moon』(邦題『おやすみなさい、おつきさま』)に先だって、42年に出版された姉妹編だ。ウサギの子が主人公だが、本書では母との関係や、やんちゃぶりが浮き彫りになる。
Once there was a little bunny who wanted to run away(あるとき、おかあさんのもとから逃げたい子ウサギがいた)。「I am running away(ぼく逃げちゃうよ)」と、あちこち逃げまわる。青年の家出というより、幼児のかくれんぼに近い。「If you run away, I will run after you. For you are my little bunny(逃げても、追いかけますよ。だってあなたはわたしのウサちゃんだから)」と、母は確信に満ちた口ぶりで答える。
ところが子ウサギ、意外と大胆不敵。まずは、魚になって「I will swim away from you(泳いで逃げちゃうよ)」。しかし母は「I will become a fisherman and I will fish for you(漁師になってあなたを釣るわ)」と、漁師姿になって川でフライフィッシングよろしく、ニンジンを餌に「子ウサギ釣り」。子の次なる手は、高くそびえる山に逃げて岩のふり。しかし、母は強い。「I will be a mountain climber(登山者になるわ)」と、ザイルを肩に追いかける。鳥になっても、「I will be a tree that you come home to(あなたが戻って来て翼を休める木になるわ)」と、巨大なウサギの形をした梢になる。
子ウサギはあきらめず、さらに知恵を絞る。持ち前の長い耳を帆にした帆船になって、大海原にsail away(出航)しちゃうのは?「I will become the wind and blow you where I want you to go(風になってわたしの思うところに、あなたを吹いていくわ)」。…どこまでもついて来そうな母だと悟って、「Shucks(あーあ)」とくさる子ウサギ。出した結論は、「I might just as well stay where I am and be your little bunny(これまで通りおかあさんのところにいて、おかあさんのウサちゃんでいるよ)」。めでたし、めでたし?

Runaway Bunny (Rev)

大人英語セミナーで使用。
会話部分を暗記して、母と子の会話のように言い合う練習。
いい練習になりました。