家庭でも使える英語フレーズfor親子クラス~キッズブックス英語スクール 2016.5.7

前回は、スクールの授業で特に印象づけようとしている英語フレーズ、以下のものを紹介しました。

1. What did you do yesterday?
昨日、何をしたの?
2. What will you do tomorrow?
明日、何をするの?
3. Where is 〜?/ Where are 〜?
〜は、どこにある? どこにいる?
I found it. あったよ。
I can’t find it. みつからないよ。
4. There is/are 〜./ There was/were 〜
〜がある/〜があった
There are more fruits in the frige(refrigerator).
冷蔵庫にもっと果物があるわよ。

日常で使ったり話題にしたりする機会は持ていますか。
引き続き、印象づけをお願いします。

さて今回は、
親子クラスの入門グループで使っている語句からの紹介も含めます。

・ゲームをしているときに、「あなたの番ですよ」

Your turn.

「わたし(ぼく)の番(?)」なら
My turn?

・呼鈴を鳴らしたあとに言われる言葉、「どうぞお入り下さい」

Come in!

・「Hello!」の後に「How are you?」と聞かれたら、大抵の場合は
Good!/I’m good and you?(相手にも聞けたら、より丁寧になりますね)

・クラスが終わりのときの先生の言葉

That’s all for you today, see you next time!

みんなは、
Thank you, and see you! など

親子クラス(上級グループ)では、こんな語句を使いました。

What time does the clock say?

その時計は何時を指しているの?

It says three o’clock.

(3時を指しているよ)などと答えます。

何時何分過ぎという難しい時刻の言い方

25 minutes past three (3時25分過ぎ)

minutesが分(複数)だということも、約60回(!)もクラスで反復練習をしたので、記憶に残ったのではないでしょうか。

Clocks and More Clocks