英語絵本を読む自分の声を録音しよう!〜よりよいリードアラウドのために

リードアラウドのワークショップに参加しているみなさん。
そして、
新たにオンラインでリードアラウドのレッスンをするみなさん。

ワークショップやレッスンの前に、ぜひ実行しておいて欲しいことがある。

それは…
自分の朗読を録音しておくこと。

その時点で自分としては「合格点」の録音を、ひとつだけでいいので、残しておく。

その後に、ワークショップやレッスンに参加したら、その直後の朗読を録音する。
それから、その2録音を聴く。

つまり、「before and after」を、自分の耳で聞き比べて欲しいのだ。

朗読の良し悪しを聴きわける耳が、これで養われる。
それと同時に、朗読自体が上達する。

ワークショップやレッスンでの成果を、ちょっとした時間外の練習で効果的に増幅させる方法だ。

それから、各絵本について、自分のなかで最高の出来の録音を1本、日付をつけてとっておこう。

いつかその本をリードアラウドする機会が巡って来たときに、それを聞き直す。

聞くのが恥ずかしくなるほどだったら、今がよりよくなったということ。
新録音を入れ直す。

もし、当時の方が上手だったら、自分はそこまで出来たことを身体に思い出させる。

以上の方法を、試してみたらどうだろう。

(リードアラウドとは離れるが、自分の朗読する声を真剣に聴くということは、自分を客観視するいい機会にもなるようだ)。