ビッグ・ファット・キャットの世界一簡単な英語の教室~2015おすすめブックス その1

BFC(スタジオET Cetera)とキッズブックスが厳選した英語児童書はこちら。

★(楽勝?)中学程度の英語で読める。絵も多くて想像しやすい。
Mr. Putter & Tabby Pour the Tea
Mr. Putter とネコのTabbyシリーズの第1巻。
一人ぽっちのおじいさんパターは、シェルターでちょっと年取ったネコ、タビーと出会い一緒に暮らすことに。
Mr. Putter & Tabby Pour the Tea ( Mr. Putter & Tabby )

Ottoline and the Yellow Cat
Ottoline and the Yellow Cat
得体の知れない生き物、Mr.モンローと共に難事件を解決するお嬢様オットリーンの活躍を描く。絵本、コミックより文字が多く、小説にしては絵が多い、新しい形の本。

★★短いか、絵が多いか、読みやすい文
Catwings
Catwings (Catwings)
村上春樹さんの翻訳『空飛び猫』でも読めるが、英語も短いので挑戦してみたらいかが。
挿し絵も魅力的。気に入ったら、続編が3編ほどあるのでおたのしみ。

Smile
Smile
矯正を経験した女子には、よくわかる。大人の女性には、年頃の女子の心が懐かしく、女子を理解したい男子も必読。お父さんにも読んで欲しい。フルカラーコミック。英語圏では中学から高校生向けで、語彙は意外と高尚なものも。

The One and Only Ivan
The One and Only Ivan
ショッピングモールのミニサーカスで飼われているゴリラのイヴァンの一人称で書かれた物語。狭いオリのなかの日常から、次第に大きな物語に。実在したゴリラをモデルにしたもの。

(つづく)

キッズブックスで購入すると、BFC特製の解説書「猫の巻」がつきます(先着順。数に限りがあります)。