またまたJohn Green作品が映画化~『Paper Towns』

The Fault in Our Stars
この涙なしには読めないJohn Green の純愛YA小説は、昨年の夏に映画になって公開され、劇場でも多くのファンが涙をしぼった。

今度は『Paper Towns』が、映画化された!
Paper Towns

こちらはミステリー仕立て。
ゴージャスでエキセントリックでミステリアスな、あこがれの同級生女子が、幼なじみでもある主人公の少年にいくつかのヒントを残して姿を消す。

Paper Townsとは何?どこ?彼女はどこに?
少年は根気よく、ヒントをたどっていく。
主演は、The Fault in Our Stars にも出ていた、わたしの一押し少年。

YAが大人にも読まれ、大ベストセラーになるアメリカは、どんどん人気の児童書が映画化され、映画の人気がまた読者を増やす。
児童書界には、こうしてお金持ちになる機会があるから、才能を呼び、また優秀な作品がでる。
それがまた、面白い作品だからまた売れる…という仕組み。

そんなアメリカの児童書界を代表する才能のひとりが、John Green。
リアルな高校生を主人公に、こなれた文章と、上手な盛り上げ方、そしてドラマチックな展開の小説は読みやすく、どんどん読み進める。
まずは、本を。
そして、映画もどうぞ!