お手本にならない(かもしれない)リードアラウド『Where the Wild Things Are』

英語が母語だからって、その誰もが絵本の朗読がうまいってわけじゃない。
この人のをどうぞ。

全部、叫ぶ調子になっているのは、野外で声を届かせるのが大変なせいもあるだろう。
まあ、それにしてもなあ…。
あ、英語母語者なので、発音はお手本になる。

リードアラウドの朗読自体には合格点はあげられないが(不遜ながら…)、
さすがなところが、数々ある。

まず、視線の届け方。
聴衆全部にいつも注意が行っている。

聴衆への呼びかけもうまくて、とても自然。

それからリラックス感も素晴らしい。
表情も豊か。
さすが、演説の名手だ。

毎年恒例になったこの人のこのリードアラウドだが、2015年はハプニングが起こった。
その思いがけない「事件」での、対応力もさすが。

まず気づきが早い。
すぐに判断できる。
やはり隠せない決断力!
(そうでないと、世界が滅びるかも知れないのだから、あたりまえだろうが)
即興力が高いなあ。
それにユーモア。

あ、やはりお手本になるかも。