「洋書を楽しめるようになりたい!」〜どうする?

以前にも書いたが、わたしはとても英語では苦労してきた。
中学生で初めて英語を学び出してン十年。
今は、まだまだ不満はある英語力だが、洋書は娯楽として楽しめるようになった。

するといい気なもので、苦労していた頃のことをあまり思い返さなくなっていたようだ。
英語を教える者として、それではいけないと、初心にちょっと戻ってみようと思い、インターネットで
「洋書 読みたい」とキーワードを入れて、経験談を探した。

そこで、ヒットし、読んでみて、とても面白かったのがコレ。
探本めんさが」の
「洋書を読みたくて頑張った2000日間の日記」。

凄い人だ。
ユーモラスに書いてあるが、実際にした努力は超人的。
そして、洋書を読みたいと一度でも思ったことがある人には、頷くところだらけ。

ぜひ一読を!

そこで偶然、発見したのがまたまた、これらの本

この洋書購読の「求道者」のようなブログ作者が推薦している、というのは説得力がある。

0

 

◎お知らせ:上記の『ビッグ・ファット・キャット』シリーズの著者、向山貴彦さんによる特別イベントが2015年春にあります。詳しくは向山さんのスタジオのサイト またはキッズブックスで、近日中に発表。