2014年度絵本リードアラウド・ワークショップ終了〜発表会は…

先日、2014年度最後の絵本リードアラウド・ワークショップが終わった。
発表会での競演、とても刺激的だった。
素晴らしかったこといろいろ。

・声…2期目以上のベテランたちの声は、プロらしいものだった。
張り、艶がある。

・見せ方…修正は必要な部分もあったが、エネルギーはかなりのものに。

・朗読力…少なくとも、意味のない「型」にはめたようなところはないので聞きやすい。
本文を解釈して、その意味するところを伝えようという努力がみられる。

集中力が切れての、感情の取りこぼしが少なくなった。

キャラクター作りの意識が高まった。

・指導力…何が自分たちの指導の問題点かを指摘できる。

説明調になることへの警告を、自分たちで発信できる。

楽しませることをいつも念頭に、の意識が高まった。

などなど。

見ていて退屈しない芸達者たちである。

磨かれて来たので、どこをどうしたら、もっとよくなるかを指摘しやすい。

目の前でどんどん演じられるのを見ながら、芸の上達のためのことをあれこれ考える時間は、わたしにも幸いな時間だった。

参加者たちもそれぞれに、演じる幸せ、見る幸せを味わってくれたかな?