Caldecott賞はどの本に?~Joseph Had a Little Overcoatを見ながら

2000年のコルディコット大賞受賞作を復習しながら、もうすぐ発表になる2015年の受賞本を予想してみる。

Joseph Had a Little Overcoat (Caldecott Medal Book)

2014年はThe Day the Crayons Quit は、大賞を逃したが、
The Day the Crayons Quit
今年はこの作者、Oliver Jeffersの Once Upon an Alphabetが、受賞するのでは?
Once Upon an Alphabet

時々あるのは、前年度に大ヒットを出した作家で、賞をその年に逃すと、次の年にそこそこのヒットさえ出せば、一種の前年の残念賞および功労賞のように、大賞受賞というパターン。

このパターンを、今年は取るのでは?

予想するのは、本屋には大切なことかもしれない。
なぜなら、受賞作と決まったとたんに、その本が品切れになってしまうことが多いから。
早めに注文を入れて、確保しておきたい。

とはいえ、コルディコット賞もどこか政治的、それもリベラルな方向の、色合いが強く出たりして、思わぬ方向にぶれることがある。

さあ、今年は…?