2013年Caldecott Medal

The Caldecott Medal went to Jon Klassen this year!
リードアラウド関係者には、I Want My Hat Back の作者、と言えばピンとくるはず。

I Want〜は2011年刊で、2012年のThis Is Not My Hat が受賞作品。
This Is Not My Hat

日本の出版社と翻訳出版の橋渡しをした関係で、Jonさんとは2度ほど話をしたことがある。

……なんて温度の低い言い方は、ぴったりこないか。
言い直す。

2011年の本見本市、BookExpo America でI Want My Hat Backを手にして大興奮。
「こんな本、なかった!」

かっかっかっと燃えたまま、来場していたご本人の前にしゃしゃり出て、大胆にも、日本での翻訳権がまだ空いているか尋ねた、という経緯があった。

翌年のBookExpoで、このThis Is Not My Hatを手にして、再びJonさんと立ち話。
新刊のほうも、前作同様に「翻訳出版プッシュします」と宣言したっけ。

毎年、本当に多くの絵本が出版される。
いつも言っていることだが、英語圏の絵本はマーケットが大きいので(お金が儲かるので)、多くの才能が集まる。
作家、編集者のレベルが必然的に非常に高く、そこから頭一つ出るのには、実力の他に運も必要だ。

Jon Klassen作・絵としてのデビュー作は、I Want My Hat Backだ。これは、わたしのような絵本にもはや「ナイーブ」ではない、いわば本選びで百戦錬磨のプロたちを震撼させた、と思った。

アートとして洗練されている。うまい!
それだけでなく、物語が意表をつく。
登場者たちが、甘過ぎず辛過ぎずの造形で愛嬌がある。

他に類書が思い当たらない。
「既視感」がないオリジナルなのである。

そして、子どもたちにも大いにウケた。
ベストセラーになった。

2011年のCaldecotte賞に値すると思った。
が、しかし。
「デビュー作にいきなりじゃ」、と選考委員は思ったのかも知れない。

この昨年の「得点」が、今年に繰り越された感じかな。

I Want My Hat Backは、完全にリードアラウドの定番になると言える。
子どもにも大ウケ、やる大人も楽しい。
みなさんも、ぜひ。

あ、受賞作については……
「料理法」を目下研究中。

キッズブックスの新年度ブッククラブ選書が終わった!

毎年、この時期は、新年度のスクールやブッククラブなどの選書をする。

東京の二子玉川にあるスクールに来てもらえるのは、いろいろな条件が合うほんの一握りの人たちだけだ。
でもレベル別になったブッククラブなら、授業こそないが、読んで楽しく英語学習に大いにプラスになる本を、全国津々浦々のみなさんの手に届けられる。

各コース1年約24冊(月2冊)の本をついに選び終わった!
ここまででも、絶版や版切れなどで数が揃わないなど、意外と苦労する。
そうやって、やっと選んだタイトルを改めて見てみると、
「いやー絵本って、本当にいいですね」
と言いたくなる、珠玉の陣容……。

でも、ほっとしたり、自画自賛でうっとりするのは一瞬。
これから、これらすべてに解説を書いていかなければならない。

本文中に使われている語句の解説には、時間がかかる。
辞書で確認、再確認が必要だ。
それでも、「親御さんたちの役に立つかな」と思うと手抜きはできない。

3月末にはすべて出来ているだろう。
出来上がると、今度はなるべく多くの人の役に立ちたいなどと、おせっかい心がむくむく膨らむ。

この選書、家庭で楽しんで頂くだけでなく、英語教室などで「教材」として使ってもらえたら嬉しい。
きっと「解説」が、お役に立てるだろう。

あとは、先生方のアイディア次第。
読み応え、教えがいのある本ばかりだ。
活用しがいもあるというもの。
本としても、大いに活用されて本望だろう。

(ブッククラブ、1月29日現在は本年度分を販売中)

「I’m a pretty boy!」と1年男子たちリードアラウド

リードアラウドをしていると、つくづく「幸せだなあ」と感じるときがある。

病み上がりの先日、1年生16人と The Odd Egg を読んだときも、そうだった。

卵を生み、温めてかえすトリたちの話だ。
でも、もちろんわが選本、ひねりがある。

主人公はなぜかオスのカモ。
他は、フクロウやメンドリ、オーム、フラミンゴ、たぶんメスで全員卵を温め中。
そこでカモも、どこからか、an odd eggを見つけてきて、みんなにヘンな卵だと笑われながらも温めていると……、という話。

卵が順にかえって、それぞれのヒナたちが、それらしく卵から出てくる場面がある。
オームの子は、冠のような羽をつけて生まれてきて、鏡を見つめてひとこと
「I’m a pretty boy!」

男子が多いクラス編成だ。
ここで、男子たち全員に、この台詞を、言い方を工夫して読んでもらうことにした。

「やる、やる」
というのが、この学校の生徒たちの特長。
リードアラウドにぴったりである。
そこら中の男子が手を挙げる。
「われこそは」と、オームの男子になったつもりで「I’m a pretty boy」とヒト男子。

いやー、かわいい。
うぬぼれ屋風だったり、恥ずかし気だったり。
さまざまなニュアンスを込めて、十人十色の台詞だ。
おかげで、ぐんぐん大人のわたしも元気になる。

小学生1年生程度とのリードアラウドで、この日の子どもたちのように、文字を認識しながらこんなセンテンスひとつでも、語るように読めたら「万歳!」である。

要所要所、といっても読めそうなところを、ひとりで読ませてみる。
表現で遊ばせて「お楽しみ」の時間にする。
級友たち頭数分の同文も耳に入り、印象が濃くなる。

あ、もちろん、女子ひとりひとりには
「I’m a pretty girl」
と、言ってもらった。
ぬかりはない。
(なぜか、女子は男子のノリにあきれて、お澄ましモード……)

歌舞伎とリードアラウド、共通点は?

新年に、久しぶりに歌舞伎をみたせいか、または中村勘三郎さんがなくなったせいか、最近、「歌舞伎」が気になる。

今朝の新聞、記者のコラムで、またはっとした。
勘三郎さんの舞台が生み出してきたものとして、「わくわく感」を挙げていた。
それは、「演劇の大事な要素」とあったが、リードアラウドの大事な要素でもある。

魅力的な演劇を実現した力は、「芸への高い使命感」と記者は書く。
「型(伝えられた演技や演出)を身につけてこその型破り。未熟な芸では、型なしだ」
と勘三郎さんは言っていたという。

そして、「本質を見極め、柔軟に考えた」。
また、「粘り強かった」。
「平成中村座」を実現させたが、25年以上前に見た紅テントが原点だ。

記者は続ける。
「(勘三郎さんの体現してきた)話は演劇にとどまらない。
基礎固め、
堅実な実践、
多様な知の集積、
柔軟な思考、
夢の持続」。

リードアラウドは、伝統もなにもなく、歌舞伎といっしょにするには恐れ多いけれど……。
それでも夢は大きく。
絵本を使って演劇の要素も英語指導法に取入れて、「わくわく感」のある学びの場を作っていきたい。

指導者として大切なことは、みんな「天才勘三郎」に学べそうだ。

小学生が歩き回りながら「I Went Walking !」

リードアラウドの研修で、小1、2の20人ほどをまかされたM先生。
いつもはペアでやってもらっているが、この日はひとり。
「あの、大勢で、賑やかなんですけど」
と、となりでこじんまりReaders’ Theaterを指導しているわたしのところへ、M先生が顔を出した。
たぶん助けを求める声だったのだろう。
「ちょうどいい人数じゃない?」
と、涼しい顔でわたし。

それから、しばし時が流れ……。
ふと気づくと、隣から、きっちりそろった声、それも嬉しそうな声が繰り返し聞こえてくる。
「I Went Walking !」
I Went Walking』の神髄を言い表している、うきうきするような素晴らしい表現じゃないか!?
さては……。
4年生のReaders’ Theaterのレッスンを早めに切り上げ、わたしはそわそわしながら、隣の教室に行ってみた。

凄い、凄い!
指揮者のように両手を振って指示するM先生のもと、ニコニコ顔の生徒たちが、本を片手に教室を歩き回りながらリードアラウドしていた。
「I went walking !」
と、元気に1年生が言う。ちょっとひいた2年生が
「What did you see?」
1年生は、書いてある順に
「I saw a black cat looking at me.」
と、まるで本当に報告するように読んでいく。
読むというより覚えてしまっている生徒もいるが、ちゃんとページを追っている。

これこれ!
この楽しさ。この躍動感。
I Went Walking』のエッセンスが学べている。
しかし、生徒たちは勉強と感じていない。
書いてあることと、自分の思いが重なっている。
ただ上っ面を読んでいるのではなく、ほぼ自分の発言になっている。

う〜む。
感動的。
この1年、時に崩壊気味とも見えたこのクラスを、もうひとりのMM先生と一緒になって、よくぞここまで導いてくれたものだ。

リードアラウドでは、おとなしく勉強させるのではなく、絵本を楽しませることを目標にしている。
この日、M先生は「もう歩かせちゃえ」と思ったらしい。
それが正解だった!
リードアラウドの指導者として一皮も二皮もむけたようです。
生徒に代わって、楽しい時間をどうもありがとう。

P.S.
『I Went Walking』は、「英語絵本朗読ワークショップ2013冬」でも使います。