なぜその英語「棒読み」になる? #1〜キッズブックス英語スクール

キッズブックス英語スクールの全クラスで、年に一冊は人気シリーズ「Elephant & Piggie Books」をテキストとして使っている。

今年度は、ゾウとブタの仲良し二人組がダンスをするお話『Elephants Cannot Dance!』だ。

本シリーズでは、アメリカの(行儀のよい)子どもが日常使っているような、とてもこなれた会話が学べる。

英語圏の小学生が聞いたり使ったりする表現や、いろいろ配慮された大人も笑える一流のユーモアがちりばめられている。

スクールのテキストの定番、そして伝統(?)にもなりつつある。

本シリーズを学んだ子どもたちの、感情表現や絵本の楽しみ方が格段と良くなる様子を見てきた。

毎年、本シリーズで台詞回しの指導を行っているが、しばしば私に根気が必要になる。

4–5歳から小学校中学年あたりまでは、私の表情や口調をそのまま口移しに学んで、大人が舌を巻くくらい自然に言える(読める)ようになる。

この年齢グループは、口移しに教えられたことをそのまま言うにことに、おそらく屈託がなくできてしまうのだろう。

それに対して、小学校高学年以上は、精神年齢のせいだろうか、どうも屈託があるのだ。

もしかしたら、もう自分で読めるという自尊心が先にきて、口移しに教えられることを、過保護や自分を尊重してくれないと感じて嫌なのか。

確かに、正確に読める上、ディクテーションしても、かなり正しく書きとれる。

しかし、まだまだ自己流の読み方で、英語として不自然な抑揚だったり、棒読みだったりしてしまう。

棒読みになるのは、もしかすると思春期に発達する自意識に関係あるのか。

または、学校の英語の授業の(悪い)影響なのだろうか。

思えばこれまで教えた子どもたちも、それぞれ「棒読み期」があった。

生徒がそういう年頃になると、私の心の中で頭をもたげてくる「いま放っておくと、そのままの読み方が固定してしまう」という不安。

おおーい、なぜだ、その一本調子。

これまで、臨場感ある楽しいリードアラウドをしていたのに、なぜ?

「うるさい」「五月蝿い」

そう思われながら、本年度も年頃の子どもたちに、リードアラウド指導で「根気」を養成中。

「なぜその英語『棒読み』になる? #2」へ続く)

 Elephants Cannot Dance! ( Elephant & Piggie Books )

キッズブックス英語スクール