『The Very Hungry Caterpillar』その2:読むのが楽しくなったわけ〜リードアラウド研究会

『絵本リードアラウド認定講師講座 2022』第7回の課題絵本は、日本で一番有名な英語絵本かもしれない『The Very Hungry Caterpillar』。

この本をこれまでリードアラウドしてこなかった理由は、「その1」に書いた。

さて、リードアラウドでどう「料理」したか。

楽しいリードアラウドになったのはなぜか。

『The Very Hungry Caterpillar』には「魔力」がある。

表現者として心の準備をしっかりしないで読みはじめると、たいてい「これは、一つのリンゴですね、an apple。言ってみましょう」のような先生口調になってしまう。

これじゃ、リードアラウドの大切にしている楽しさがない。

英語に慣れていて勉強好きな子どもには、それでも問題ない。

しかし、英語に不慣れな子どもや、勉強モードに入りにくい子どもには、退屈になる。

そこで、読み手は、本から聞こえる本当の「声」に耳を傾けたい。

ひとつ、昆虫の変態という自然の驚くべき現象を、子どもたちに語りたくてしかたない昆虫博士・昆虫オタクの声。

もうひとつ、以前は「キャー、アオムシ!」と忌み嫌ったり、昆虫にまったく興味がなかったりしたが、初めて探究心が芽生え、子どもと一緒に興味津々で観察している、ヒヤヒヤしながらも真正の驚きの目を持つパパやママの声。

他にもあるだろうが、今回はこのふたつの声や語り口で読んでみた。

すると、うおー、別人!  

一度ダメ出しされたYさんが、昆虫オタクと決めて語り始めた。

本人曰く、「なにかが降りてきたみたいです」。

語り手になりきって読むYさんから、感情が自然にほとばしり、聞いていた私たちは引き込まれた。

この「憑依現象」は伝染性があった。

次のRさんは、いつものパターン化しがちなリードアラウドじゃない、そんな人いそうと思わせる語り手になりきった!

そして、大喝采を浴びた。

あ〜あ、楽しかった!

これなら、子どもも楽しめる。

楽しんでくれたら、内容が頭に入るだけでなく、自分で本を読もうとしてくれるはず。 

 The Very Hungry Caterpillar

絵本リードアラウド認定講師講座

『The Very Hungry Caterpillar』その1:リードアラウドする気になったわけ〜リードアラウド研究会

意外なことに本ワークショップ(絵本リードアラウド認定講師講座)で、『The Very Hungry Caterpillar』を取り上げたのは今年度第7回が初めて。

リードアラウドそのものも、本書で行った記憶がない。

 

思うに理由は二つ。

その1: あまりにも多くの先生方や英語圏のみなさんが読んできて、今更リードアラウドしなくてもいいかな、と思った。

その2: 本の内容は幼児向けだが、英文は大人が子どもに「読み聞かせ」る仕様で、リードアラウドのように子ども自身が読むには少々難しいと思った。

 

気が変わった理由は、ここ数年で「リードアラウドらしい読み方」をより強く認識するようになって、本書を「らしく」読んだらどうなるだろう、と挑戦したくなったこと。

もう一つ、語数の多い本、長いセンテンスのある本を、子どものそれぞれの英語力なりに読ませる指導ができてきたこと。

 

ところで、非常に多くの英語指導者が、この絵本を取り上げるのは、訳がある。英語を教えたい大人に対して「魔力」を持っているのだ。

その「魔力」とは。

ワークショップでの発言にもあったのだが、本書は先生たちの「英語を教えてやろう」という「先生魂」に、熱量をチャージする。

 

なんせ、指導のツボがわかりやすい。

「果物、食べ物の名前」、「数と曜日」。

さあ教えてあげよう、といい形で並んでいるのだ。

 

見え見え?

ウーム。だから、表現者としては難しい。ついつい、先生になってしまう。

 

フラッシュカードのありがたさは、子どもを教えたことのある人なら、誰も知っているだろう。本書がフラッシュカードのような働きをしてくれる。

でも、フラッシュカードには、そのままでは「物語」がない。

 

本書の魔力は、「先生魂」が表現者の心に勝ってしまうこと。

 

しかし。

リードアラウドは、「教えずして教える」。

まずは指導者自身が表現を考え、本にある物語を表現することで子どもたちと楽しみ、英語で表現する楽しさを、語学習得にも繋げる。

 

そこで、リードアラウド認定講師の今回のワークショップでは、「教材」になりがちな本書を、まず「物語」として語り手がどう語るか探求しよう。つまり、「リードアラウドらしく読もう」、そう決めたら、俄然、やる気が湧いてきたのだ。

つづく(その2

 

 

 

 

「英語支援員はミタ」授業に参加しない子どもがしていること〜キッズブックス英語スクール

外国語支援員として週二回、区立小学校で5, 6年生の英語授業を手伝っている。

1クラス37人前後、各学年4クラス、それぞれその中で2〜3人が、少なくとも英語の授業には参加してないように見える。

 

45分間の授業に参加せずに何をしているか。

 

支援員を始めた初期の頃は、関わろうと「しつっこく」語りかけたが、近頃は生徒、ひとりひとりの個性や傾向に、私なりに合わせるようになった。

 

授業中にしていることの数例

紙細工系:

精巧な折り紙の作家のようなひと。毎回目にするのは、ツルもまともに折れない私からすると、天才的に難しそうな恐竜とか。先日は、レイのようなものに沢山の幾何学的に折ったものを通していた。

ハサミ、スティックのり、セロテープの道具箱が、教科書とタブレットの代わりに机の上に常備してあるひと。先日はボール紙で、偽タブレットを作った。褒めたら、折りたたみ式のゲーム機リモコン(?)も見せてくれた。でも授業中。

ひたすら紙吹雪作りのひと。表情が暗くて、声をかけても返事が返ってこない。ただ、後片付けは律儀にしている。

イラスト系:

タブレットを駆使してイラストを描くひと。絵は昔からあまり変わらない「お人形」のような女の子(分身?)。声をかけても返事がない。あまり質問をすると「お腹が痛い」と保健室へ行ってしまう、学校に来なくなるという心配がある。

お花畑に妖精が飛んでいそうなメルヘン的イラストを描くひと。日が悪いと、Tシャツや上着で上半身を包んでしまう(繭に入る感じ)。口移しで教えると、書こうとすることもあり、時に「英語わかんなーい」などと叫ぶが、やる気があるということ。個人レッスンで伸びそう。

ワイルド系:

教科書、一人一台のタブレット、筆箱、鉛筆もなく、椅子に斜めに腰掛けているひと。ある時は筆箱があったが、何も入っていない。ある時は鉛筆が入っていたが、芯や軸が全部折れていた。「何も入っていないじゃない」というとニカッと笑うところに救いがある。

学校がかかりつけ(?)の学習支援員を用意している、学校中を歩くひと。近頃は自分の教室にいて、プリントに字を書いてくれる時もあるが、英語文字のサイズばらばら、4線には収まらないワイルドさ。時々、何かの拍子にさっと表情が険しくなり、こちらが反射的に身を引く時がある。

 

 

小学校で”What’s up?”、どう?〜キッズブックス英語スクール

今時の小学校で、英語授業はどんなだろう。

小学生の英語知識はどんなだろう。

これを知りたいと、近隣(バスと徒歩で40分)の小学校で、「外国語支援員」として関わって1年。

 

いろいろ「支援員」としてできることは何かと考えるが、最近、意識しているのは「英語や英語圏の多様性を示す」こと。

 

担当している小学5、6年生の教科書は、光村書店の「Here We Go」。

限られた授業数と、いっぺんに教える生徒の多さ(35人前後)が前提条件だ。

 

そのような条件で、教科書の作りは思った以上に工夫されているが、「こうも言うが、これでもいい」という語学にありがちな多様性まで、文科省の指導要領にも縛られているのだろう、深くは踏み込んでいない。

それでも、生徒たちが「あーだ」「こーだ」と言える場なら、発言を拾いながら教科書以外の表現や、巷で耳にする「英語」と関連づけることもできそうだが、発言が少ないという日本人の特性(?)と1クラスの人数の多さと限られた授業数で、そうもいかない。

 

「支援員」になって1年経って、教科担当の先生とのゆるやかなチームワークも取れてきた昨今、わたしが代わって「あーだ」「こーだ」と、時々口出しをさせてもらっている。

 

その一例。

授業冒頭の挨拶、ほとんどいつも、どのクラスも、同じパターン。

飽きる。

 

昔も日本人の「英会話」はワンパターンだったが、最近ちょっと変わったのは、

How are you? の後に、

I am sleepy やら I am hungry. 

が聞こえる。

 

…ま、いっか。

I’m fine, thank you. のワンパターンより変化がある?

 

でもそれもパターン化したある朝、ひとりの生徒のTシャツに書いてあった

What’s up?

を見て、「変化球」を投げる気になった。

 

いつもは、How are you? だったところに、

What’s up?

 

教室はシーン。

無論、What’s up Tシャツを着ている生徒も、シーン。

 

「How are you?を、いかにも言いそうな時に、What’s up? ときたなら、どんな意味だと推測する?」

このヒントで、

I’m good.

と答えた子が数人。大変よろしい。

 

「仲間同士なら、これもありだね」と、「仲間同士」を条件とすることと、釘をさす。

 

英語のいろいろを教える、小さな一歩でした。

 

カジュアルな、仲間英語が学べる『Yo! Yes?』