ナレーションと台詞を読み分ける参考映像〜リードアラウド研究会

絵本をリードアラウドする場合、よくつかう「技」は、ナレーションと台詞の読み分け。

 

声のpitch(高低)、響かせ方、一瞬の間などを使う。

 

文字の多い絵本の場合、読み手の集中力を持たせるのも大変だ。

 

お手本にしたいのは、こんなリードアラウド。

主な登場人物は、少年と少女。そしてメインはナレーター。3人の声の分離は、あたりまえのように、上手。

 

それから、ナレーションの文の緩急、強弱がとても聴きやすい。感情がうるさくなく、かつ「味方」っぽい傍観者の空気がいい。

 

ああ、うまい役者だったなあ、Robin Williams…