『Dear Zoo』と手紙を書いたのはだれ?〜リードアラウド研究会

ボードブックとして、もともと赤ちゃん用に書かれた絵本は、言葉が少なく、ただ文字面を読むだけでは、なかなか表現を深められない。

たとえば『Dear Zoo』。

一人称の話者と、その発言に肉付けをして、より深いものにしてみたい。

たとえば、「I」を「俺」と呼ぶ40歳くらいの男性を想定した。そこそこ世間に通用する人だが、常識はずれなところがある。しかし、お人好しで、幸運に恵まれ、人にも好かれている。肯定的な好人物。

などと、設定。

この人のとわず語りとして、本文を考えてみた。

ひととおり、ごく普通の読み方は「楽勝」のみなさん。こんなキャラクター造りして、もう一段階上のリードアラウドに挑戦!

Dear Zoo,

p.2-3

俺さ、動物園に最近、手紙を書いたんだよ。

うん、(ひとりもんの俺に)ペットを1匹みつくろって送ってくれってね。

そいでなんと、送ってくれたんだ。それはいいが…、なんとゾウだったんだ。

たまげたね、でかすぎだよな。

もちろん、送り返したよ。

p.4-5

そのあとで送ってきたのが…、キリンだよ。

なにをかんがえてんだか。ありがたいけど、背が高すぎさ。家に入んないだろって。

これまた、返送。

p.6-7

そいでさ、ご親切だよね、また送ってくれたんだが…、これが、ライオンだった。

そりゃ獰猛で、危ないだろう。

お返ししましたよ。

p.8-9

それじゃってんで、大人しそうと思ったのか届いたのが…、ラクダ。

これが、めっぽう機嫌悪くてさ。

悪いけどペットにはねえ、お引き取り願ったね。

p.10-11

これならって送ってくれたのが…、ヘビだよ。

だめだよ、恐ろしいったらもう!

返送、返送!

p.12-13

こんどこそってか、来たのが…サル。気が合うと思ってくれたのか、だけどコイツがいたずらすぎ。

ペット不合格。ばいばーい、だね。

p.14-15

これでどうだって趣向を変えたんだろね、届いたのが…カエル。まいったまいった、跳びまくりでじっとしてやしない。

俺は可愛がりたいんだよ。しょうがないじゃないか、これもお返ししましたよ。

p.16-17

こうなると動物園のみなさんも頭を付き合わせてよーく考えたんだろね。次に送って来たのは…子犬。

いや、ぴったりだね。

いただくっきゃない。